ボーイスカウト活動は親子のコミュニケーション

作りに一生の親友作りに最適な場所です

 

―11月、キャンプ地でゲームをするカブスカウト達―

 

私の今付き合っているもっとも大切な友人の多くは一緒に

ボーイスカウト活動をした仲間です。現在学校教育に欠け

ている何かを補っています。東京都台東区近辺に在住の方

方あなたのお子様をボーイスカウト台東第1団(東京都で

一番古い団)へ入隊させてはいかがでしょうか。きっと一

生の友ができます。(幼稚園年長さんから小学校各学年)

<詳しいことは下記までご連絡ください>

連絡先03-3875-0550市川世津子(台東第1団カブ隊副長)

ボーイスカウト活動について最適の

HP(我が台東第1団カブ隊隊長印南保雄氏主幹)があります

(各国情報も含む日本で最も大規模なネットワーク)

http://www.scouting in Japan

前に戻る

副長の一言(台東第1団カブ隊副長市川世津子)

H13.12.9日(日)―餅つきバザー

懐かしいOBも来てくれました

近くの小学校の隣の公園で大きなテントを4〜5張も建てました。その下で『餅』『やきそば』『フランクフルト』『コーヒー』『豚汁』等の売店やスカウトの父兄の寄贈品の販売、手作りビーズの指輪、ネックレスの販売、ゲームコーナーなどと多彩な催しでした。そして大切なボーイスカウトの活動も一般の人々にアピールしました。4名のスカウト志願者がありました。このようにとても活発に楽しく活動ができたことはスカウトの教育部門を担当する団と資金面や活動面の援助をする育成会との連携が良かったからだと思います。とても有意義な一日でした。

6月17,18日(土、日)―ローバーとリーダーのキャンプ

ワイワイ楽しく遊びました

今日はローバー隊が我々リーダーを募ってキャンプをしてくれました。良きリーダーとはという課題もあり、活発な意見がでたようです。私は仕事の関係で10日の夜8時過ぎに参加しました。荒川沿いの空き地でテントをたて、大きなテントの下で焼き蕎麦や野菜炒め、焼肉等豊富に食べ物かありました。団委員長自ら料理を作って下さり、とても嬉しかったです。 突然プログラムにないキャンプファイアーをやりますといわれ、各班は急遽ランタンのファイアーを囲んでそれぞれ出し物を披露しました。とても面白かったです。

12月12日(日)―餅つきバザー

楽しい集いでした

今日は恒例の餅つきバザーです。今戸公園でテントを張り、やきそば、フランク、餅、コーヒー、スープ等を大人、子供一緒になって作って売ります。餅をつくのも父兄の人たちやリーダー、団委員が協力します。今日は特別に台東ケーブルテレビが放映してくれるということで、撮影取材にきました。実は私は急用のため参加出来ませんでしたが、報告を聞いて大変良かったと思いました。

11月19日(金)―自宅にて

ボーイの子供たちと私

人は一生のうちに一つや二つ忘れられない言葉があるものですね。私は子供の頃、自然に恵まれたところで育ちました。有明海に沈む真っ赤な夕日や青い空に浮かぶ様々な形をした雲を見るのが大好きでした。ある日いつものように雲を見ていたら、突然「あっ、虎だ」と叫んでしまいました。とても虎の形に似た雲があったからです。すると、そばにいた 近所のお姉さんが「虎退治に行こうか」といいました。その時の私は本気で空にいる虎を退治にゆくつもりでした。私がボーイスカウトで20余年子供たちと活動を続けてきたのは、きっとどこかに『あの時の自分と同じ子供たちの気持ちに、少しでも近づけたら・・・』という思いがあるからだと思います。大きなお弁当箱にいっぱいおにぎりをつめて、いつまでも 子供達と一緒に活動できたらいいなあと思っています。

10月31日(日)―隊集会 小学校にて

今日は隊集会がありましたが、私は都合で出席できませんでした。後で、リーダーから報告を受けました。

小学校をお借りしてスポーツ大会をしたのですが、おおぜいの父兄の方々の参加があり、とても盛り上がったそうです。とかく親子のコミュニケーションの不足が社会問題ともなっている現在、このような機会は大切なものだと思います。特に隊長さんの人柄とスカウトのお父さん達(もちろんお母さん達も)の協力が素晴らしいです。