わたしの日記帳 パート32

平成25年9月15(日)

(天 気)雨

「人が死ぬとき後悔する34のリスト」川嶋朗著A!!

86ページには以下のような記述があります。

・・・・・・・・・・

 私は30年間腎臓内科医をつとめていますが、その間、

腎臓病の治療方法はほとんど変わっていません。・・・(本当に驚きですね)

・・・長足の進歩を遂げているように喧伝されている現代医療ですよ!・・・

その多くは、ステロイドホルモンや免疫抑制剤の投与の継続です。

高血圧症にしても、根本原因を取り除くのではなく、薬で血圧をコントロール

しているだけです。・・・(私は医療に頼らず今朝の血圧は121−79です)・・・

病気を根本から治しているとは言えません。

 現実には、死なせない医療技術の進歩と、世界でもまれなほど

手厚い国民皆保険制度が、患者さんの間に

「病院に行けばなんとかしてくれる」という依存体質をつくって

しまっているように、私には思えてなりません。

 その結果、病気を根本治療することができず、延命治療を

つづけることによって寝たきりになってしまう

患者さんがたくさんいらっしゃるのです。

それでも医者は延命治療をつつげます。

患者さんご自身の意思、あるいは患者さんのご家族の意思がなけ

れば延命治療をやめることはできないからです。

平成25年9月12(木)

(天 気)晴れ

樋口毅宏著『タモリ論』!!

フジテレビで昼に放映される公開生番組「わらっていいとも」の

タモリに関する本です。

最初、真面目人間(?)の私にとってはこの番組とタモリは嫌いでしたね。(笑)

それが30年も続くと何故なんだろうという

興味が起こってきたのは確かです。

まだ読み始めですが、

「笑い」について知ろうと思っています。

平成25年9月12(木)

(天 気)晴れ

「人が死ぬとき後悔する34のリスト」川嶋朗著!!

近藤誠氏の「医者に殺されない47の心得」も

長尾和宏氏の「医療否定本に殺されない48の真実」も

重大な疾病に冒された時の対応を述べた本ですが、

東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック所長・医学博士の

川嶋さんの本は何故病気になるのかを分りやすく解説されています。

・・・・・・・・・・

本気で生活習慣を是正すれば、糖尿病は怖い病気ではありません。

でも、「自分だけは人工透析なんかになりっこない」と思ってしまい、

本気で生活習慣を改善しなければ、合併症を起こすリスクは確実に高まります。

「一生をかけて」ジワジワと患者の体をむしばんでいき、

最終的に「死に至る病」へと導くのが糖尿病なのです。

・・・・・・・・・・

知人で糖尿病で人工透析を受けているにも拘らず、

毎日飲み屋で飲んでいる人がいますが

自分の為にも、家族の為にも考え直したほうが良いと思いますが・・・。

平成25年9月11(水)

(天 気)曇り

散歩は少し待ってくださいJ!!

体重コントロールを目指しています。

74キロになった体重は多すぎると実感しますので、

少し減らしたいと思っています。

痛風になったことで、身体の仕組みをよく調べて分った事も多いです。

・・・・・・・・・・

身体は部分部分が独立している訳ではなく、全部繋がっています。

臓器で不要なものはないので、簡単に切り取ることは

健康に悪い影響を与えることになります。

現在一ヶ月以上飲酒を止めて体の調子が良いと

実感するようになりました。

今まで少し疲れ気味の時もありましたが、無くなりました。

・・・・・・・・・・

アルコールを止めたことで体重は72キロ以下に減少しています。

体重を減らすのは夏が最適だと

テレビでお医者さんが述べていました。

まさに体重を減らすのは季節的にも『今でしょう!』(笑)

諦めていた70キロを割るのも夢ではなくなると思います。

薬の副作用で下痢気味だった時、おかゆを食べました。

下痢が治った後も、一日一食はおかゆにしようかと考えています。

気のせいか記憶力も良くなってきたようです。

自分の健康をコントロールして

寝たきりや認知症にならないようにしたいです。

症状が出てから治すのは大変だからです。

平成25年9月10(火)

(天 気)晴れ

足立区の車屋さん

さきほど、足立区のお客様から注文の電話がありました。

気さくな方で、「まだやってるかい?」と言われました。

私はすかさず、「死ぬまでやっていますよ!」と答えました。

社長は笑っていました。

大変事業に有能な方ですが私と気が合います。

夕方引取りにゆきます。

平成25年9月8(日)

(天 気)曇り後雨

「医療否定本に殺されないための48の真実」長尾和宏著!!

浅草ロックスの売り場では何時入荷するか全く未定ですということでした。

一応何時になっても良いので注文だけはしてきました。

しかし、インターネットのアマゾンに在庫があることを知り、

注文しました。勿論ロツクスには断りの電話を入れましたよ。

・・・・・・・・・・

読み終わりましたが、慶応大学の近藤誠さんの「医者に殺されないための

47の心得」と共に、何度も読み返したいと思います。

同じ医者なのにこうも見解が違うのかは一度や二度読んだだけでは

判断できないからです。

唯一言えることはどう判断するかは自分だということです。

両者共に非常にショッキングなタイトルで人々の耳目を集めています。

しかし、どちらかに決めて自分の一生を託すより

自分の一生は自分で決めることが大事だと思います。

・・・・・・・・・・

この世での長生きだけで人は幸せになるわけではありません。

来世を直視して生きることが真実の幸せだと信じています。

その為には変な病気になって正常な判断が

できなくなるような状態でこの世を終わりたくないです。

今回の痛風は早晩治るでしょうが、

身体全体を正常にするために、

好きなアルコールでもコントロールするつもりです。

難しい病気になって、全て病院の支配下におかれることは

絶対に回避したいのです。

平成25年9月7(土)

(天 気)曇り後雨

散歩は少し待ってくださいI!!

2日にインターネットのサイトの痛風に関する報告をさせていただきました。

このようにはっきりとアルコールが即尿酸値を上げる

という方は少ないです。

私の診察を受けている病院の先生にここしばらく禁酒していますと

言いましたら、全くやめる必要はありませんよと言われました。

先生方の中でも酒の好きな方も多いと思われるので

酒に対する理解があるのかもしれませんね(笑)

しかし、体内に蓄積される尿酸は身体に様々な影響を

与えると思います。

私は今まで飲みすぎて身体に悪い影響を

与えてきたので、しばらくは禁酒をして

身体をリフレッシュしようかと思っています。

タバコと同様にアルコールもコントロールすることが

難しいですよね。

腎臓を悪化させれば最悪、透析になる

可能性があります。

自分にも家族にも大きな負担を掛けることになります。

病気は自分の判断で大きく左右されるのものだと思います。

平成25年9月2日(月)

(天 気)晴れ

散歩は少し待ってくださいH!!

『アルコールの摂取を控えましょう』 

 『アルコールは尿酸値を上昇させる』

 痛風や高尿酸血症になるとアルコールを控えるようにいわれますが、

それには2つの理由があります。

そのひとつがアルコール飲料に含まれるプリン体です。

アルコール飲料には多かれ少なかれプリン体が含まれており、

多く含まれている代表格がビールなのです。

 しかもビールは他の酒類よりも高エネルギーであり肥満を招くなど、

痛風の患者さんにはオススメできないアルコール飲料なのです。

逆にウイスキーやブランデー、焼酎などの蒸留酒は比較的プリン体が少ないのです。

 2つめの理由はアルコールを体内で分解する際に尿酸が作られてしまうのです。

しかもその際にできる乳酸が、尿酸を体内に蓄積させてしまうのです。

これはどのアルコール飲料にもいえることで、代謝されるときに尿酸値が上がります。

よってビールに限らず、すべてのアルコール飲料が尿酸値を上げる対象になるのです。

 理想的には痛風や高尿酸血症の人は禁酒したほうがいいのですが、

ストレス発散効果や精神的なリラックス効果、

また付き合いなどで飲まないわけにはいかないという人もおり難しい事です。

そのような人は適量を守るように心掛けましょう。

お酒は1日の総摂取エネルギーの1割以内にとどめる必要があります。

また多飲につながる一気飲みをせず、自分の飲酒量を

把握できるような飲み方が大切です。

1週間に1日から2日の休肝日を設けるようにしましょう。

平成25年9月2日(月)

(天 気)晴れ

散歩は少し待ってくださいG!!

暑さが和らいだので朝散歩に出ました。

右足甲の腫れは無くなったようで、ウオーキングシューズに

全く違和感が無かったです。

嬉しかったです。

飲酒は今日で連続20日間止めています。

可視総合光線治療器で腎臓等々ケアもしています。

これらの成果が少しずつ現れてきていると思います。

・・・・・・・・・・

8月27日にこのように報告させていただきましたが、間違っていました。

土曜日の午後から日曜日一杯右足踵と親指の甲に激痛がもどってきて

しましました。

これでは仕事にも差し支えるので今日、痛み止めの薬をもらいに

行く予定です。

29,30日に中腰の姿勢の仕事が続き

無理があったようです。

腫れは殆ど引いていましたが、右足甲全体にまだ少し腫れが残っていました。

そこを5千から1万歩のウオーキングをしたのが

響いたのかと思っています。

これらのことに気をつけて痛み止めの薬は

あまり服用しないようにするつもりです。

昨日の痛みを10とすると

今朝は7程度に収まりました。

飲まなくても大丈夫かとも思いますが

明日の仕事に差し障るといけないので

必要最小限服用するようにします。

テニスの友人で病院の薬を

今、服用しないようにしていると話していました。

その後の検査では「いいですね!」と言われたそうです。

医薬は自分でよく判断して利用すべきですね。

平成25年8月27日(火)

(天 気)晴れ

キャンプの慰労会!!

日曜日の5日、千束どおりの『鮒忠』で行われました。

前年に比べて多くの出席者がありました。

今回はビーバー隊、カブ隊、ベンチャー隊が実施した夏季キャンプと

ボーイ隊のスカウトとローバー隊のスカウトが参加した

第16回日本ジャンボリーの報告がありました。

殆どの参加したリーダーやスカウトによる

有意なコメントをもらいました。

私は司会をさせていただきましたが、スカウトの保護者も

参加してくれました。

何ら報酬も無い、持ち出しだけのボランティアです。

しかし、これらの人物達のコメントは

強く心に残りました。

本当にご苦労様でした。

そして有難うございました。

平成25年8月27日(火)

(天 気)晴れ

散歩は少し待ってくださいF!!

暑さが和らいだので朝散歩に出ました。

右足甲の腫れは無くなったようで、ウオーキングシューズに

全く違和感が無かったです。

嬉しかったです。

飲酒は今日で連続20日間止めています。

可視総合光線治療器で腎臓等々ケアもしています。

これらの成果が少しずつ現れてきていると思います。

飲酒も「止めるとストレスになり却って身体に悪い」

という説もあり、何となく飲酒を続けて来ましたが止めてみると

その良い効果にも気付かされます。

昨夜は夜一度もトイレに起きませんでした。

次回の痛風検診は9月2日ですが、数値も良くなっていると予想しています。

結果は勿論ご報告しますね。

幸い肝臓の数値は全く問題の無いものでしたが、

これで肝臓も悪くなったら大変ですよ。

痛風についていろいろネットで調べました。

ようやく結論が出ました。

アルコールの中でビールが一番プリン体が多いので

焼酎、ウイスキーなどは安全だという説は

当っているようで当っていません。

一番問題なのはアルコールの身体への影響です。

「アルコールを摂取するとそれを体内で分解する為にかなりの尿酸を製造する」

「アルコールは尿酸の排泄を阻害する」

飲酒が非常に楽しみなのは私だけではありませんが

以上の事実をよく認識すべきです。

それには日本酒なら一日一合、週に二回は飲まないことが、

いつまでもその楽しみを続けられる基本なのかなと思うようになりました。

アルコールが完全に体内から排泄されるのに約48時間かかるので

二日の休肝日が良いということです。

・・・・・・・・・・

身体に余計な負担をかけないことです。

今回の痛風発病は

私にいろいろな反省をさせてくれました。

夜中のトイレも腎機能に関係していました。

与えられた命を大事に生きたいと思います。

平成25年8月27日(火)

(天 気)晴れ

「医療否定本」に殺されないための48の真実!!

近藤誠著「医者に殺されないための48の心得」に真っ向から反論する

医師長尾和宏氏です。

・・・・・・・・・・

今日の読売新聞の広告欄に長尾氏の著書が掲載されていました。

近々購読してみたいと思います。

そして、当然近藤誠さんの反論も期待されますので、それも待っています。

私が元々医学に懐疑的な考えを持つようになったのは何十年も前からです。

医者になる若者の多数が経済的優位に立つために

医学を志すという風潮がどうにも受け入れがたかったのです。

完全に上から目線の医者は今でも大勢います。

それでも多くの患者を救ってきた事実は心からあり難いと理解しています。

しかし、最近は医者の立場を優位に保つために

患者を窮地におとしめているのではないかと思われることが目立ちます。

このような風潮に敢然と立ち向かった医師が

近藤誠さんです。

当然、世間の注目を集めることになり、

この著は菊池寛賞を受けました。

長尾和宏さんの著作については、

読後感想を述べたいと思います。

・・・・・

今日浅草のROXの書籍売り場に行きましたが、在庫がありませんでした。

次回は未定とのことですので、頼んできましたので

1ヶ月以上先になると思います。

平成25年8月23日(金)

(天 気)曇り一時雨

「余命3ヶ月」のウソ!!

近藤誠著「余命3ヶ月」のウソ

・・・・・・・・・・

私は現在の医療をどうしても信用できないので、色々自分の命と健康を

守るために病院を過信せずに、必要最小限の範囲内で

利用することが基本だと思っています。

足首トントン健康法、可視総合光線治療器、玉ねぎスライス食、

ヘビーウオーキング等々はそのために行っています。

今回のように食生活の不適合により、痛風になったことで

多くの反省点が見つかりました。

・・・・・・・・・・

51ぺーじには以下のような記述があります。

逸見政孝さんも、大手術のあとすぐに腸閉塞を発症して苦しみぬき、

一度も退院できずに息を引き取っています。

同じスキルス胃がん末期の腸閉塞でも、手術をしなかった人は、

食は細るものの、なんとか自力で飲食できることが多い。

鼻チューブはめったに必要ありません。

僕はどんな状態の胃がんでも、切除手術や摘出手術のメリットは

何もないと思います。

以前、治療法が無かった時代には、どんな臓器のがんでも、

死は穏やかなものでした。

がんが恐ろしい病気と思われているのは、がんの治療のせいです。

無意味な手術や抗がん剤治療がもたらす、

生き地獄が恐ろしいのです。・・・近藤誠

・・・・・・・・・・

以上の様な記述は正しいものだと私は判断しています。

生きている内に正しい認識を確固たるものにしておくべきです。

そのための心得を教えてくれている近藤氏に感謝しております。

平成25年8月22日(木)

(天 気)曇り一時雨

散歩は少し待ってくださいE!!

久しぶりに土手通りを散歩しました。

足先には殆ど違和感がありませんでした。

夕方ゆっくり時間をかけて3キロ歩きました。

帰ってから充実感がありました。

お医者さんの意見を聞いたわけではありませんが、自分で判断しました。

去年ゴルフのスイングの練習を家でやりすぎて、左ひざに痛みが

ありましたが、それも消えましたのでこれから徐々に

ウオーキングを増やして、ヘビーウオーキングに移行しようと思います。

平成25年8月22日(木)

(天 気)曇り

散歩は少し待ってくださいD!!

腫れあがっていた右足甲も九分通り治りました。

歩きもスムーズになってきたので、近々散歩に出られると思います。

尿酸値を下げる薬を毎食後一錠ずつ服用しているのが不満ですね。

来月の2日まで薬は出ています。その後は飲まないですむようにします。

足首トントン健康法も出来るようになりましたので、少々右足親指の付け根に

響きますが、殆ど気にならなくなりました。

可視総合光線治療器で腎臓、胃腸周辺全体もケアしています。

アルコールも8日以降全く飲んでいません。

身体全体のバランスを崩さないためです。

医者の言う日本酒なら一日一合、週二日の休肝日をという

ことを守れば身体に負担は掛からないと思います。

しかし、人間は弱いもので守れません。

私はしばらく、アルコールを休もうかなとも思っていますが

守れないでしょうね。

困ったものです。

上記のように適度な飲み方が出来るように

努力する方が現実的な対応かもしれません。

平成25年8月18日(日)

(天 気)晴れ

神(サムシンググレート)と見えない世界D!!

矢作直樹東大大学院教授と筑波大学教授で遺伝子の権威村上和雄氏との対談

179ページ。この世での課題・・・矢作

・・・・・・・・・・

霊心体、あるいは「向こう側の世界」の存在が視野に入ると、この世における我

欲、金銭欲、出世欲、名誉欲、性欲、最近では延命欲などまでありますが、こうした

際限のない欲望を持つ必要が失せてくるのではないでしょうか。

欲を捨てると、人生が知足(足るを知る)に包まれるように思います。

あの世の存在、霊魂の存在は、すべての人間の幸せにとって根源的

重要事項です。

本当は、学校教育など公の場で

その事実を知ってもらう必要があります。

しかし、ほとんどの日本人は成人しても、その手の話題を避けようとしますし、

命はこの世限りという教育を受けていますから、

まちがった知識や価値観のまま、

人生を矛盾だらけで生きることになります。

平成25年8月15日(木)

(天 気)晴

散歩は少し待ってくださいC!!

腫れあがっていた右足甲も八分通り治りました。

歩きもスムーズになってきました。

痛風になるということは、腎臓の機能が低下している証拠です。

可視総合光線治療器で左右の腎臓や肝臓、胃腸などをケアしています。

疲れ気味の体調もすっかり回復してきました。

・・・・・・・・・・

早く、ヘビーウオーキングを再開したいです。

早朝や日が落ちてからが良いと思います。

8日からずっとアルコールは飲んでいません。

アルコールをコントロールすることは

私にとって大事なことなので、負けませんよ!!

平成25年8月14日(水)

(天 気)晴

散歩は少し待ってくださいB!!

二日間、痛み止めと尿酸値を改善する薬を飲んでいますので、

歩くのもかなり楽になりました。

もし、今日仕事が入っても大丈夫だと思います。

普段は薬を飲まないので、薬を飲むと非常に効果覿(てき)面なのです。

内臓にも負担をかけていたと思いますが、身体がとても楽になりました。

普通に生活できることは、ありがたいものだとつくづく思い知らされました。

・・・・・・・・・・

「感謝の生活は当たり前のことがあり難く思えること!から始まる」という

言葉が身にしみました!

平成25年8月12日(月)

(天 気)晴後雨

散歩は少し待ってくださいA!!

疲れの原因がはっきりしました。

3日ほど前から右足親指の付け根がひどく痛むようになりました。

数年前に患った痛風の症状です。

今日、浅草寺病院に行きました。

明白な痛風ですと言われました。

調子が悪かったので、8日からはアルコールを飲んでいません。

益々体調を辛くしてしまうからです。

昼食後に痛み止めと尿酸値を改善する薬をのみましたので、

立ち上がるのも苦痛だった状態は改善されました。

しかし、根本的な改善ではないために、右足の腫れは引いていません。

・・・・・・・・・・

自分で痛風は完全に治ったと認識していましたが、

良くないといわれるビールも最近かなり飲んでいました。

過信で生活習慣を乱してしまった結果なので

自業自得ですね。

これからは休肝日も守って病気にならないようにすべきだと反省しました。

身体の痛みは内臓関係にも影響して、疲れやすくなるのだと思います。

他にこれといった疾病はないので感謝しなければいけません。

平成25年8月8日(木)

(天 気)快晴

散歩は少し待ってください!!

今年は猛暑もありますが、珍しく少し疲れました。

今日は千束通りにある整骨院に行って、身体のコリを取ってもらいました。

だいぶ楽になりましたよ。

やはり、無理をしていると身体のどこかに負担をかけることになります。

この整骨院は健康保険が利用できますので、

大変、安価な治療費で済みます。

身体のケアは時には専門家に頼るのも必要かなと思いました。

週に一度は先生にお願いしようかと思います。

平成25年7月28日(日)

(天 気)晴れのち雨

隅田川花火大会A!!

夕方少し涼しくなったので川沿いの散歩道を歩きました。

昨日の花火大会で散らかったゴミがありましたが、10年前頃と違って

ゴミは少なかったです。

殆どの方々はゴミを持ち帰ったのだと思います。

帰ると汗ばんでいましたが、雨が降り始めましたので

涼しくなったようです。

平成25年7月27日(土)

(天 気)曇りのち雨

隅田川花火大会!!

午後7時頃から始まった「隅田川花火大会」は順調に進行すると思われました。

少し経ってから、テレビだけではなく本物を観たいと我々夫婦は思いました。

物干し台に上がると東京スカイツリーの右側で

綺麗な花火を観ることができました。

少し、小雨が降っていたので家内が戻りましょうと

言ったので、部屋に帰りました。

Tシャツを着替えてテレビを観ていると

その音を上回る雨音が激しくなり、

「観にいって良かったね」という間もなく

雨は激しくなり、花火大会は中止になりました。

今年は、私の応援する【細谷エンタープライズ】さんが

中心となる大会でした。

来年こそ、皆さん頑張って下さいと強く祈念いたしました。

平成25年7月26日(金)

(天 気)晴れ

暑さに負けずに頑張りましょう!!

確かに今年の夏は異状に暑いように感じます。

若い頃と比べると身体に堪えるときもありますね。

しかし、それに負けていてはいけません。

精神的な弱気は禁物です。

人間の能力はまだまだ未知な面が多く、鍛えれば鍛えるほど進化するのだと思います。

心身ともに健康になるような生活習慣を考えることです。

・・・・・・・・・・

我々が想像もできないような素晴らしく魅力的な来世に行けるように

物質にばかり捉われない生き方を私は目指しています。

何十年も前から私が信じてきた世界を

理解する科学者が目立つようになってきました。

最近の数々の事件は、最悪の世界の一面を表していると思います。

しかし、

それは、「最悪の世界の後に最善の世界が到来する」という言葉通りの

世界が出現することを意味しています。

平成25年7月21日(日)

(天 気)晴れ

神(サムシンググレート)と見えない世界C!!

矢作直樹東大大学院教授と筑波大学教授で遺伝子の権威村上和雄氏との対談

163ページ。神を信じている医師・・・矢作

・・・・・・・・・・

ちなみに、神を信じている医師は、以外に多いですよ。こういう泥臭い現場では、

理屈から外れるというか、理屈に合わないことを日々経験しますから。

理屈に合う、合わないという例で、わかりやすい病気はがんです。

がんはまさに千差万別です。

遺伝子の構成やさまざまな外的要因(精神的、環境的)で変わりますが、

末期がんで匙を投げられた人が五年、10年生きるケースもあれば、

やはり早く亡くなる方もいます。

それが一番はっきりするのは食事療法なので、そこに取り組んでいる

とおっしゃる専念医の方もいらっしゃいます。

がんは、種類も発症数も多いだけに、医師が予見できない

ことも多いのです。

それこそ、神意を感じざるをえないケースも

多々あるように思います。

平成25年7月21日(日)

(天 気)晴れ

神(サムシンググレート)と見えない世界C!!

矢作直樹東大大学院教授と筑波大学教授で遺伝子の権威村上和雄氏との対談

145ぺーじ。「医療現場で起きる、理解を超えること・・・矢作

・・・・・・・・・・

医療現場では「理解を超えること」が起きます。

この場合の理解とは、現時点で医療スタッフが持つ知識にもとづく理解です。

理解の範囲内に押し込めようとする流れが医療現場に強いのは、

自分の理解の届かない場所で起きていることが判断できないからです。

そして、その判断できないという思考の根底には

「そういうものは存在しない、あるわけがない」という思い込みがあります。

何も医療に限らず、この思い込みは、今の多くの日本人がもっているように思います。

平成25年7月21日(日)

(天 気)晴れ

宮崎駿監督作品「風たちぬ」!!

朝9時半から上映の「風たちぬ」を品川プリンスシネマ6号館で観て来ました。

朝一番なのに100名以上の方々が集まりました。

欧米に20年以上遅れていた日本の飛行機の設計者が挑んだ

姿が生き生きと描かれていました。

当時、不治の病の肺病を患った愛しい妻との

最期の別れも哀しい映像でした。

死しても尚、離れることのない絆が

強く印象に残りました。

素敵な映画でしたよ。

これからも良い映画の上映が続きますので、非常に楽しみです!!

平成25年7月20日(土)

(天 気)晴れ

今朝は涼しかったですね!!

朝、隅田川の辺を散歩しましたが、今日は涼しかったです。

これまでは、歩いて帰ってくると汗が出てシャツを着替えたりしましたが、

こんな陽気が続いてくれれば助かります。

ワンドの稚魚も活発に活動していました。

野バト、ムクドリ、スズメも元気でしたよ。

東京スカイツリーも青空に映えて立派な姿を見せていました。

やはり散歩はいいですね。

ますます元気になるような気がします。

平成25年7月16日(火)

(天 気)晴れ

神(サムシンググレート)と見えない世界B!!

矢作直樹東大大学院教授と筑波大学教授で遺伝子の権威村上和雄氏との対談

142ぺーじ。「科学の限界と最大の問題・・・村上

・・・・・・・・・・

日本人は、物質的には豊かになりましたが、総じて幸せとは感じていません。

モノも技術も大切ですが、心の幸せが一番です。

その心の中心に本来は「スピリツト」があるべきなのでしょうが、

日本人は戦後、スピリットを無視してきました。

あの世という存在も、スピリットと関係します。

肉体が滅びても「人は死なない」という意味においては、

魂というものが存在することを漠然と感じているけれど、

よくわからないし、自分には関係ないとばかりに金儲けに邁進し、

豊かになって便利になろうと突き進み、いちおうの成功は収めたものの、

満たされません。

子どもの目は輝いていない、自殺者は減らない、

皆ギスギスしています。何かを忘れてしまったのです。

平成25年7月6日(土)

(天 気)晴れ

神(サムシンググレート)と見えない世界A!!

矢作直樹東大大学院教授と筑波大学教授で遺伝子の権威村上和雄氏との対談

14ページには「日本人は特殊な民族」・・・矢作

・・・・・・・・・・

最近、「宗教・神とは何か?」といったテーマの論争を、

あちこちで目にします。

日本人は、昔から何かと宗教的な話題を避けたがる傾向が強いこともあり、

メディアでもそういうテーマは取り上げることはまだ少ないようですが、

欧米では何かことあるごとに

「われわれにとっての宗教とは何なのか?」といった

強い語調で問いかける傾向があります。

多くの欧米人にとって宗教は人生の根幹であり、

価値観を創造する基準です。

私たち日本人が自然のなかで「八百万の神々に守られている」

という感覚を持つことが、欧米人には理解しがたいのと同様に、

キリスト教やイスラム教やユダヤ教といった一神教に

固執する欧米人の姿勢は、多くの日本人には理解しがたいものがあります。

平成25年7月6日(土)

(天 気)晴れ

神(サムシンググレート)と見えない世界!!

矢作直樹東大大学院教授と筑波大学教授で遺伝子の権威村上和雄氏との対談

・・・・・・・・・・

亡くなる数日前の謎の微笑。夢で別れを告げる患者、

奇跡的な回復など、医療現場では、理解を超える現象が起きることが在る。

また、死に臨んで、先に逝った家族や友人の姿を目撃する

「お迎え現象」は、ある調査によれば、実に42%が経験しているという。

ビッグバンと神の存在、遺伝子と魂の関係、科学者の

インスピレーションなど、現代科学で説明できない事象は、どう解釈すべきなのか。

見えない世界について、東大大学院教授である現役医師と

遺伝子の世界的権威である科学者が、

科学の限界に触れ、宇宙と生命の神秘に迫る。

平成25年7月3日(水)

(天 気)晴れ

16.7パーセントの黒字の会社についてA!!

私の尊敬する高橋純氏のメールより

・・・・・・・・・・

では、何故そのようになるのでしょうか?

それには3つポイントがあります。

社員教育をしていても、意見が活性化しない会社は、

そのポイントを押さえていないということです。

押さえ切れてないポイントとは、3つの?にあります。

1、考える目的(意味)がない。

2、考え方(やり方)が分からない。

3、現在地(現状)が分からない。

これは迷子の法則と同じ理屈ですが、

現在地、目的地、行き方が分からないと迷います。

ですので、そのツールを渡しておく必要があるのです。

ツール、それこそが数字です。

いい会社は、数字を社員が把握していますし、

社長が公開しています。

いわゆる業績を知っているのです。

そしてその業績が、上がるとどうなるのか?

下がるとどうなるのかを知っています。

だからこそ、むやみに人員を増やそうと言い出しません。

原価や無駄を抑えようとします。

売上を上げて、コストを削減し、利益を上げようとするのです。

数字が分からないと、現状が分かりません。

どれくらい大変なのか?

目標まで、後どれくらいあるのか?

さっぱり分からないので、

そこまで行くには、どうすればいいのかを考えられないのです。

もし仮に社長であるあなたが、数字を把握していなかったり、

売上も経費も原価も、広告宣伝費や人件費などの数字も、

何も見れなかったらどうでしょうか?

それこそ何一つ判断出来ないでしょうし、

それを違う人が担当しているとしたら、心配もせず、

家に帰り考えることもなくなるでしょう。

この辺りは二代目社長なら、よく分かるかも知れません。

あるいはあなたがまだ子供の頃、

親が金銭を管理し、家賃や水道代を払っていた時、

貧乏なのは知っていましたが、それを打開するために、

どうすればいいかまでは考えなかったのではないでしょうか。

でも、何故公開しないのか、出来ないのか、

その気持ちもよく分かります。

僕もそうでした。

数字を公開すると、社員が不安になるのではないか?

将来性を考えて見切られるのではないか?

プライドや面子もあります。

しかしそれでは業績は上がらないのです。

数字を公開しなくても、何となく業績低迷の雰囲気が出て、

察しますので、社員の不安が消えて、

やる気が出ることもありません。

そして小さくても儲かっている会社は、

社員教育も当然行っていますが、公開経営を導入しています。

数字を知っているので、現在地が分かり、

目的地を共有でき、そこまでの距離が分かるので、

危機感やモチベーションが上がり、その方法を考えるのです。

言葉だけの目的、ビジョンの共有では、

社長の空回りに過ぎません。

だから誰も真剣にならないのです。

平成25年7月2日(火)

(天 気)晴れ

16.7パーセントの黒字の会社について!!

私の尊敬する高橋純氏のメールより

・・・・・・・・・・

現在国内で会社は、

個人事業主も含めて約421万社あります。

その内従業員20人以下の中小零細企業が87%です。

この中小零細企業の内、赤字の会社は約83%になります。

殆どの小さな会社は赤字なわけですから、

あなたの会社が例年黒字であれば、

理屈ぬきでそれだけでかなり凄いということです。

ではこの黒字の会社、

約16.7%は何故黒字なのでしょうか?

今日は、そんな話をしたいと思います。

黒字の会社の共通する理由は、実に様々です。

商品力が強い。

販売力がある。

キャッシュフローが良い。

固定費や原価率が低い。

社員教育が出来ている。

etc.・・・

沢山ありますが、その中でも、

これだ!!

というものを1つ挙げるとするならば、

それは社員と一緒に考える社風です!

社長1人で考えるよりも、

何人か他の人と一緒に考えたほうがいいに決まっています。

社歴が増えるに連れて、

社長は現場からの距離が遠くなります。

自分が一番いい意見を出すと思っていても、

あるいはその通りでも、他の別な意見を聞くうちに、

それがヒントになることは、よくあることです。

また、意見が活性化するということは、

それぞれの社員が責任者になっているということです。

やる気が高く、考える習慣がついているならば、

競合他社よりも、いいサービス、いい商品が出来て、

仕事のスピードも上がります。

だからこそ殆どの会社が赤字なのに、黒字になるのです。

平成25年6月29日(土)

(天 気)曇り時々晴れ

医者に殺されない47の心得R!!

93ページには『がん放置療法でピンピンコロリ』とあります。

・・・・・・・・・・

がんは治療しなければ、痛みのコントロールは完璧にできるし、

死のまぎわまでボケたり意識不明になることなく、

比較的、頭がはっきりしています。

俳優の緒方拳さんは、肝臓がんのことを家族以外には言わず、

手術も抗がん剤も「仕事ができなくなるから」と拒否して遺作ドラマ

「風のガーデン」の撮影を終え、

制作発表にも参加して、その数日後に亡くなりました。

お見舞いに訪れた親友の津川雅彦さんに

「体を大事にしろよ。治ったらうなぎを食べに行こう」と

声を掛けた数時間後に、

眠るように息を引き取ったそうです。

平成25年6月27日(木)

(天 気)晴れ

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法F!!

昨日のテレビ朝日の正午あたりの番組で東大病院の矢作直樹さんが出演していました。

・・・・・・・・・・

彼は「人は死なない」という持論を熱く語りました。

私が辛らつに同席した面々を批判したことに関して撤回する意思はありません。

・・・・・・・・・・

しかし、このような問題について、問題提起したことは高く評価します。

従来このような発言をすれば、問題外の扱いをされてきたからです。

21世紀は時計の振り子が変わり、物質科学中心の世の中から

精神科学中心のの世の中に変換してゆくのです!!

平成25年6月26日(水)

(天 気)雨

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法E!!

今日のテレビ朝日の正午あたりの番組で東大病院の矢作直樹さんが出演していました。

・・・・・・・・・・

彼は「人は死なない」という持論を熱く語りました。

私が驚いたのは、同席した辛口の決して小銭稼ぎではないと思われる面々が殆ど(何ら)反論

できなかったことです。

彼らが今まで人生の最も大切なことを考えていなかったということが露呈されましたね。

平成25年6月25日(火)

(天 気)曇り時々雨

医者に殺されない47の心得Q!!

82ページには『がんと闘ってはいけない』とあります。

・・・・・・・・・・

ニュースキャスターの逸見政孝さんの痛ましい死は、がんの手術や

抗がん剤治療の不毛さを象徴しています。

しかしテレビで活躍する人気者が「がんが見つかったので治療に専念します」と

宣言し、あっという間に亡くなる悲劇は、最近も「またか」と思うほどしょっちゅう

起きています。

僕が20年以上にわたって診てきた150人以上の「がん放置患者」には、たとえ

スキルス胃がんであっても、数ヶ月で亡くなった人はひとりもいません。

逆に今までどおりに暮らしながら、3年から9年も生きた人が何人もいます。

また、放置すれば痛まないがんは、胃がん、食道がん、肝臓がん、子宮がんなど、

少なくありません。もし痛んでも、モルヒネで完璧にコントロールできます。

苦しみ抜いて亡くなるのは、不必要な治療のせいなのに、医者は新しい患者や家族

に「治療はこわい」とは決して言いません。

「がんはこわいですから、すぐ治療を始めましょう」

こうして「がんは放っておくとみるみる大きくなって痛み、

命を奪う恐ろしい病気」という誤解が広がっているんです。

平成25年6月22日(土)

(天 気)晴れ後大雨

ゴルフコンペ!!

今回のコンペは幹事さんの心遣いが良く、19名の参加者となりました。

栃木県の「足利城ゴルフ倶楽部」で行われました。

コースは下手な私にもあまりプレッシャーを感じさせないような設定になっていました。

弟がいつも参加していますが、前日はいつも通り楽しい会話が弾みました。

コンペのお陰だと感謝しています。

私もやっとゴルフに正面から取り組む気持ちになってきました。

・・・・・・・・・・

天候が大荒れで午後の途中から中止になってしまいましたが、

皆さんとても協力的で楽しかったですよ。

次回は今回の再試合ということで、10月に同じメンバーの

組み合わせで、今回の足利城ゴルフ倶楽部で

行われることになりました。

非常に楽しみです。

幹事さん、有難うございました!!

平成25年6月19日(水)

(天 気)曇りのち雨

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法D!!

170ページには「おかげさまで」という言葉について述べておられます。

・・・・・・・・・・

・・・比較的年齢層の高い人が使うように感じていました。・・・

しかし、最近では、若い女性や男性も割りと口にするのを見て、日本語が本来あ

るべき姿に戻ろうとしている流れを感じています。とてもいいことです。

おかげさま、には過去の自分とその魂への感謝も込められます。

過去は変えられない、変わらない、という人も大勢いますが、

そんなことはありません。

「今」を変えると、同じ過去の出来事も、その見方、とらえ方が

変わります。過去はかわるのです。

だから今を楽しめばいいのです。

そして楽しめるようになったときには、かっての自分に

「おかげさまでありがとう」と、ひと言感謝しましょう。

また、「○○さんのおかげです」と口にする際、もしくは自分がそう言われた

際には、その人物の後ろでサポートしている大いなる存在に対する

感謝の念が同時に存在するのだと知ってください。

私たちは、一人で勝手に生きられているわけではないのです。

平成25年6月18日(火)

(天 気)晴れ時々小雨

ゴルフの練習!!

ゴルフのコンペが近づいて来ましたが、近くの練習場がマンションに

立て替えられることになり、一度も練習場に行っていません。

これでは前回同様酷いスコアになりそうなので

今日はテニスの練習日でしたが、今日しか行けそうもないので

出かけてきました。

墨田区八広にある「イースタン」は1〜3階まで打席があります。

合計120位はありそうです。

・・・・・・・・・・

最初は例によって打ち損じばかりでした。 70〜80球目あたりから、少しはよい感じになってきました。

120球ほどで帰ってきました。

マットが芝生のように出来ていたので良い練習になりました。

出来ればもう一度行きたいのですが、明日はボーイスカウトの

地区の集いがあります。

21日は仕事と弟が泊まりにくるので20日しかありませんが、恐らく

行けないと思います。

でも、今日行って良かったです。

行かなかったら前回同様のブービーメーカー(最下位)になったと思うからです?

平成25年6月17日(月)

(天 気)晴れ

美木良介さんのロングブレスダイエット!!

私も色々興味が尽きない性格なので、ロングブレスダイエットに注目しました。

・・・・・・・・・・

近くの書店で美木良介さんの書物を買ってきました。

私もダイエットに拘るわけではありませんが、油断しているとすぐ

体重が増える体質です。

メタボになって病気にならないように気をつけたいのです。

DVDが付録ですので、画面を観ながら少しずつやっています。

とにかく、3ヶ月位は継続しようと思っています。

宣言しましたので、頑張ります(笑)

平成25年6月16日(日)

(天 気)晴れ

カブの乱高下!!

株が乱高下しています。

・・・・・・・・・・

日本政府の方針が株式市場の思惑に応えられないということで

一般の投資家も巻き込んで株が乱高下しています。

いわゆる「市場は政府、日銀の方針を評価している、評価していない」

ということで、株式市場は混乱している訳です。

私には納得できませんね。

金儲けのみが優先される市場とは、そんなに尊重される対象でしょうか?

・・・・・・・・・・

私には、金の亡者が人々を苦しめているとしか判断できませんね!!!!

平成25年6月15日(土)

(天 気)晴れ

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法C!!

「輪廻転生」について。

・・・・・・・・・・

これから、矢作先生の輪廻転生に関する記述を精査してゆきたいと思います。

どうも、先生の「輪廻転生」に関する記述には私に納得できないことがあるのです。

よく読んで見たいと思っています。

平成25年6月13日(木)

(天 気)雨

最近の殺伐としたニュース!!

最近のニュースは誠に殺伐としたものが連日報道されています。

どうしてこのような状況になってしまったのか、我々一人一人が猛反省すべきですね。

・・・・・・・・・・

根本的には拝金主義が蔓延しているのではないでしょうか。

来世を想えば変なことは出来ないはずです。

もっと真剣にこの世を過ごすべきだと思います。

平成25年6月11日(火)

(天 気)雨

医者に殺されない47の心得P!!

78ページには『医者の余命判断があてにならない三つの理由』という表題があります。

太字のところだけを紹介しますね。

・・・・・・・・・・

がんの成長速度が人によって全く違う・・・

がん病巣が人の命を奪うまで育つには、意外と時間がかかる・・・

成長スピードがスローダウンすることが多い・・・

寿命を数ヶ月の幅で予想できるのは、体力ががんに負けて

足腰が立たなくなったり、寝たきりになったりした場合・・・

普通に病院に歩いていけたのに、「余命3ヶ月」とか

「余命半年」と言うような医者に、命をあずけてはいけません。・・・

平成25年6月11日(火)

(天 気)晴れ

元気良く泳いでいる稚魚A!!

朝も例の散歩道を歩きました。

昼頃から雨が降る予報でしたので歩きましたが、正解でした。

相変わらず、ムクドリは多いですね。

土手の草むらには多くの虫類がいるようで、休みなく啄ばんでいます。

ムクドリに比べてスズメは小さくて可愛いですよ。

・・・・・・・・・・

朝から熱心な釣り人がいました。

隅田川のお陰で自然が楽しめます。

土手を整備してくれた東京都にも感謝しています!!

平成25年6月10日(月)

(天 気)晴れ

元気良く泳いでいる稚魚!!

朝の散歩のときに、ワンドの浅瀬で勢い良く泳ぐ稚魚の群れを観察しました。

体長5センチ前後の少し太った稚魚でしたよ。

50〜100匹の群れでした。

いよいよ自然界は夏を迎え、非常に活発な姿を見せているのです。

元気で育てよとつぶやきました。。。

平成25年6月9日(日)

(天 気)晴れ

映画「奇蹟のリンゴ」を観ました!!

例によって品川プリンスシネマに行きました。

「奇蹟のリンゴ」は9番シアターで朝、9時50分開演でしたので、家を8時半過ぎに

でました。

開演時には50〜60人の方々が席に着きました。

一般の農作物と違い、リンゴは人間の手を掛けてやっと収穫できる果物に

なってしまいました。

そのリンゴの無農薬栽培に挑んだ人物は

リンゴ農家の次男に生まれましたが、家電の仕事をしていました。

リンゴ農家の娘との見合いでリンゴ園を任されることになったのです。

・・・・・・・・・・

就業10年以上もかかって、無農薬栽培を貫いて行き着いた道は

「全く自然に任せる農業」

自然農法だったのです。

代替農薬に頼らず、自然の力に任せる農法にやっと気付いたのです。

・・・・・・・・・・

もっともっと以前から稲の栽培に無農薬農法を確立した人物がいます。

しかし、ここに無農薬、無化学肥料の米作りを昭和50年に決意し、現在まで実

行されている方がいます。岐阜県の小森義弘さんです。これは素晴らしい農法です。

ご守護を祈念したモミは雀に食べられること無く、田植えには大量の蛙が出現し、

水面には浮き草が生え、雑草を生えにくくし、蛙や蜘蛛により害虫の駆除が可能になり

秋には他の一般農法以上の収穫を得ることができました。氏はその他にトマトの

収穫、銀杏の木のぎんなんの収穫にも驚くような成果を上げておられます。

この小森さんの農法は『明け行く世界農法』と呼ばれ、未来の世界の農業のあるべ

き姿をいち早く実現しているものとして注目されています。(神霊教入門P.153)

・・・・・・・・・・

神霊教入門という言葉が出たときに皆様は「やっぱり神霊教を宣伝したいんだ!」

と思われたのではないでしょうか。

宗教を超えた教えの神霊教はその活動をするために

どうしても宗教法人に登録しなければならなかったのです。

この無農薬農法だけではありません。

絶望的な状況から「信じて」救われた人々は数知れません。

私は、今まで数々の苦難を乗り越えさせていただいてきました!

『心素直にただすがれ』の言葉に私を含め数多くの人々が救われてきたのです。

平成25年6月8日(土)

(天 気)晴れ

「歩けば歩くほど人は若返る」三浦雄一郎著!!

5日の日に久しぶりにテニスに出かけましたが、少し足の付け根に疲労感が

残りました。

翌日の夕方から仕事が入る予定になっていました。

急にそのお客様がコーティングだけでなく、車内クリーニングもやるようにと

仕事をいただきました。

朝方ヘビーウオーキングをしました。

午後から仕事に入りましたが、車内外共に大変汚れておりました。

夜、車内の仕事は遅くまで掛かりました。

翌日、コーティングを始めましたが、塗装がとても痛んでおりました。

夕方、納車しましたが、久しぶりに疲れました。

やはり、あまり無理をしてはいけませんね。

今朝、念のため血圧を測りましたが、125−85で異常なしでした。

・・・・・・・・・・

三浦さんの「歩けば歩くほど人は若返る」の129ページに次のように

述べておられます。

リュックを背負うと、少しトレーニング気分が出てくる。ゆっくりぶらぶら

歩くのと速歩きを交互に繰り返すと心拍数も上がり、

リュックを背負うことでより負荷がかかっているので、

脂肪の燃焼効率も増してくる。

すでに説明したように、ぶらぶら歩きと速歩きは交互に、約3分ずつ、

汗ばむ程度だが、無理は禁物だ。

あしに筋肉痛が出るようなら2〜3日休む。

すると、休むことで筋肉が回復しながら太くなり、前よりも強くなる。

これは負荷がもっと大きくなった場合も同じだ。

ハードなトレーニクングのあとは、筋肉は休ませる。

この繰り返しが重要だ。

・・・・・・・・・・

即ち、ハードなトレーニングは効果はあるものの休み休みすることが

大事だということですね!!

平成25年6月5(木)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得O!!

77ページには『抗がん剤を使えば寿命が延びる』という医者を信用するな

・・・・・・・・・・

4期のがんが見つかり、50%が半年以内に死亡、3年生存率が10%

と言われた患者に、

僕はいつものように「転移があっても、がんによる症状がなければ

すぐ死ぬことはない。すぐ死ぬとしたら、

抗がん剤や手術を受けた場合だけです」と伝えました。

患者さんは、ろっ骨と肺の痛みが強くなったときだけ放射線をかけて

あとは何もしませんでした。

タバコを吸い続けながら3年9ヶ月生きて、穏やかに逝かれました。

平成25年6月2(日)

(天 気)晴れ

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法B!!

107ページ。「何かを伝えたい人には手紙を」

・・・・・・・・・・

遺言的な扱いとはニュアンスが異なりますが、親しい人に「手紙」を

書き残す、もしくは生前に出しておくということも、人によっては優先順位の

上位にくる「お別れの作法」かもしれません。・・・・・

とはいっても、手紙はみんなに出さなければいけないというものではありません。

何か思うことがある人に出せばいい、というのが個人的な感想です。

意思疎通の希薄な身内、かって親しかった友人など、

自分があちらの世界に旅立つ前に何かを伝えておきたい、

と思う人に限って出すのがいいと思います。

平成25年6月2(日)

(天 気)晴れ

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法B!!

106ページで東大病院救急部々長・ICU部々長である矢作直樹医師(教授)は

次のように述べておられます。

・・・・・・・・・・

私たちは「知らないこと・わからないこと」に囲まれて生きています。

何でもわかっている、科学は万能だと勘違いしているにすぎません。

古代人には見えない世界のことがわかっていたのだと思いますが、

文明化するにつれて私たち人間は

「森羅万象は人智を超えたところで動いている」という

自然界の最も大切な原則を見失ってしまったのです。

ですから、奇妙な現象に出くわしたときに、それが理解できなくても、

まずは素直に受け止めてください。

「おおすごいな」というくらいに感じてください。

できれば、それを何かに書きとめるなどして記録しておくと、

後世の人の役に立つことがあると思います。

人生の最後にできる社会貢献ですね。

本人だけでなく家族も、頭から否定することなく、

まずは聞いてあげてください。・・・以上107ページまで。

・・・・・・・・・・

矢作先生のこの記述は私にとってもとても有難たく、嬉しいものです。

私もにわかに理解されなくてもブログの中にある

『私の幸福論』を平成13年9月から掲載し続けてきました。

・・・・・・・・・・

来世は実在する世界です。

ひとつはっきりしていることは、

この世での過ごし方、生き方によって

私たちが行くことになる来世が明確に決まるということです。

平成25年6月1日(土)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得N!!

75ページには『40度まで上がっても脳に影響はない』

・・・・・・・・・・

風邪をひいたら温かくして、のどが痛ければハチミツなどを塗って、

ゆっくり休むのが、一番早く治す方法です。

熱が40度まで上がったとしても、熱で脳をやられる心配はありません。

解熱剤の副作用による脳症や死のリスクを考えると、

できるだけ解熱剤は避けたほうが賢明です。

また抗生物質はウイルスにはまったく無効で、耐性菌などのやっかいな

問題を起こします。

軽い風邪なのに、抗生物質を処方するような医者には近づかないことです。

平成25年6月1(土)

(天 気)晴れ

テニスの誕生会!!

昨日はアニスの誕生会がありました。

・・・・・・・・・・

59歳のNさんが誕生月でした。

来年にはおめでたいことがありそうなので、応援したいですね。

みんなとても元気で集いました。

怪我や病気にならないように気をつけましょう。

平成25年5月31(金)

(天 気)晴れ

橋下発言についてA!!

今までにない多くの外国人特派員の方々の前で橋下氏は発言しました。

・・・・・・・・・・

韓国は日本人が世界で唯一の原爆の被害者になったことを当たり前だと

発信しています。(一部の報道陣の言葉ではありません。

日本人を心底憎んでいるのです。)

日本は戦後、他国との争いを起こしていません。

そのお人よしともいえる日本をいい様に侮辱する中国・韓国・北朝鮮

に国家の威信をかけて、戦わなければなりません。

中国・朝鮮は日本人とは全く違った思想の民族です。

日本がいくら誠意をもって対応しても

それを日本の弱点と捉え、あらゆる言いがかりを

つけてくる民族なのです。

このような民族に国民の一部は憎悪を募らせています。

私の危惧している右翼思想が蔓延する可能性が

皆無ではありません。

このような傾向は日本が一方的に悪いからではありません。

・・・・・・・・・・

以前にも発言しましたが、

非常に温厚な私の母が

日本が敗戦したときに、自決した日本人がかなりの数にのぼった

という状況の下で、

朝鮮人が「万歳、万歳!」と騒いだことが心底悔しかったと言いました。

・・・・・・・・・・

朝鮮人は昔からこのように日本人の心を踏みにじってきた民族なのです!!

・・・・・・・・・・

勿論、朝鮮民族の中には本当は親日家なのに

それを発言することができない人々も多く存在するだろうとは思っています。

平成25年5月28(火)

(天 気)晴れ

橋下発言について!!

今までにない多くの外国人特派員の方々の前で橋下氏は発言しました。

・・・・・・・・・・

私は日本人の名誉のために発言した彼を支持します。

今まで、何がなんても中韓の非難に真正面から日本人のために

正論を主張したメディアは存在していだでしょうか。

彼の言うとおり、自民党も主張をあやふやにしてきたと思います。

特に韓国の著名人が「原爆は日本人に対する懲罰である」という

発言は心底許しがたいものです。

韓国人は誠に我々日本人を蔑む人々であり

日本人はこのような民族に対して

許容できる範囲を超えていることを許すべきではありません。

私は以前から、日本人の中に右翼思想が広がる事を危惧していました。

朝鮮人は、当時は日本人だったのですよ。従軍慰安婦などというありもしないことで

日本を攻める中韓の真意は日本からの【多額の金】です。

・・・・・・・・・・

日本人の忍耐が耐え難いものになっています。そのような動きになっていることを危惧しています。

しかし、韓国も民主主義陣営?に存在するのなら

猛反省すべきだと思います。

平成25年5月16(木)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得M!!

70ページには『その症状は、薬の「副作用」ではなく、「主作用」』。

・・・・・・・・・・

僕は「副作用」という呼び方は薬害が起きたときのための口実で、

薬の作用はすべて「主作用」であり、

病気を治すどころか、逆に病気を招いたり悪化させたりして

最悪死に至らせる危険なものと考えています。

西洋医学の本場、アメリカで医師たちに支持されているテキストには

「できればすべての薬の使用をやめよ。それが困難なら、できるだけ多くをやめよ」

「薬の数が増えれば、副作用はネズミ算式に増える」

「4種類以上の薬を飲んでいる患者は、医学知識のない危険な状態にいる」

「高齢医者のほとんどは、薬を中止すると体調がよくなる」

・・・・・・・・・・

日本では国の薬害防止対策が大変甘く、薬事法の規制もゆるく、

おびただしい量の薬が患者に与え続けられています。

日本に出回る薬の種類は世界的に見ても大変多く、

WHO(世界保健機関)は「270種類もあれば十分」としているのに対し、

日本では1万種以上も認可されています。

・・・・・国民ひとりあたりに換算すると、先進国平均の

2倍前後のお金を薬につぎこんでいます。・・・・・

平成25年5月26(日)

(天 気)晴れ

三浦雄一郎さん、エベレスト登頂に成功しましたA!!

最後はふらふら歩きで幽霊のようだったと本人が述べたそうです。

6500メートルの地点からヘリコプターを乗り継いで、

無事下山されたようです。

良かったです。本当におめでとうございます。

今日は夕方、左右の脚に1キロのアンクルウエイトを装着し、

リックに8キロの錘を入れて歩きました。

脚や下腹部ににかなりの負荷が掛かりました。

三浦さんも走ったり、早歩きは苦手だそうです。

ハードウオーキングはゆっくりでも十分筋肉増強になるので

私にも向いていると思います。

三浦さんのお陰です。

有難うございます。

平成25年5月22(水)

(天 気)晴れ

三浦雄一郎さん、エベレスト登頂に成功しました!!

今日の正午に登頂に成功しました。おめでとうございます。

しかし、下山は大きな危険が待っています。気をつけてほしいです。

先ほどの情報では現在8200メートルまで下山しているとのことです。

7980メートルのベースキャンプに到着すればかなり安全なのですが。

三浦さんの挑戦は私たちにも大きな刺激になっています。

これからも三浦さんと共に頑張ろうという人は

世の中に非常に多くいると思いますよ。

本当にこの世に一度しかない人生を最高に生きたいですね。

三浦さんが下山が成功した時には

万歳と叫びたくなると思います!!

平成25年5月22(水)

(天 気)晴れ

三浦雄一郎さん明日、エベレスト登頂か!!

今朝現在7980メートルまで進んでいるようですね。

あと1000メートルは平均斜度50度の険しい道のりだそうです。

三浦さんの体調はすこぶる順調で天候などの条件が整えば

明日、世界最高齢の80歳でのエベレスト征服が成功します。

どうか無事に成功され、下山できますように心から祈っております。

三浦さんは日ごろの鍛錬で体も常識では考えられないような

若くて健康な状態を維持しています。

私も今朝は彼の成功を祈って白鬚橋から水神大橋を

渡って東白鬚公園内を通る道を歩きました。

勿論彼に倣ってアンクルウエイトを装着した

ヘビーウオーキングでした。

歩き終わってとても気持ちが良かったです。

脚の筋肉が鍛えられるのを実感しました。

又、下腹部にもかなりの負荷があります。

三浦さんに最大のエールを贈ります!

平成25年5月21(火)

(天 気)晴れ

今日は暑いです!!

朝、隅田川沿いの散歩道を歩きました。

久しぶりに半そでのシャツでちょうど良かったですね。

川の中では稚魚たちが泳ぎまわって少しずつ大きく成長していると思います。

家に帰る時には汗をかいていました。

これからはこの散歩道を歩きましょうか。

平成25年5月20(月)

(天 気)雨

「あの世」を頑なに否定して、「この世」を去る人々!!

一般的に財を成して人々から羨ましがれる人物でも来世を頑なに否定

するような人生を選択したのでは救われません。

別に脅すつもりは全くありませんが、寂しい人生だと思います。

来世が存在することは近年、最高の医学界でも認証されている

というのが現実です。

私は、そのような人物にこの現実を誠心誠意伝えましたが、

拒否されました。

悲しかったです!

平成25年5月19(日)

(天 気)晴れ

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法A!!

東大病院救急部々長・ICU部々長である矢作直樹医師(教授)はこの著書の

中で次のように述べておられます。

28ページ「常に隣り合わせで存在している生と死」と題して述べておられます。

・・・・・・・・・・

しかし、死はふいに訪れます。本当に突然やってきます。

私が携わってきた救急救命という部署には、交通事故や脳出血で突然倒れた

人などが大勢運ばれてきます。

そのすべてが、ほんの少し前まで普通に生活していた方々です。

それが数秒後には尋常でなくなり、数十分後、数時間後には

ストレッチャーに乗せられてICU(集中治療室)に運ばれます。

その方々はこの時点で、もう重症です。

家族や友人は狼狽し、うろたえます。

どうしたらいいのか、とにかく助けてほしいと医療スタッフに訴えますが、

残念ながら手遅れの方々も大勢いらっしゃるというのが救急現場の日常です。

そんな姿を見るにつけ、私は「人間は皆、常に死と隣り合わせで生きている」

という事実を思い知らされます。

死は、誰にとっても無関係ではありません。

明日、明後日、この本を読んでくださっている皆さん自身が

関係する可能性もあります。

平成25年5月19(日)

(天 気)晴れ

映画に行きました!!

AM9:15が品川プリンスシネマの一番早い時間でした。

下馬評で話題となっていましたので、内容もあまり吟味しないままに

「藁の盾(わらのたて)」を観ました。

終わってからの感想は・・・・?でした。

平成25年5月16(木)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得L!!

63ページには次のように述べられています。

・・・・・・・・・・

フィンランドでは、15年がかりの詳しい追跡調査が行われました。

結論を先に言うと「きちんと定期健診を受け、病気や異常が見つかったら

ライフスタイルを改善し、それでも検査値に問題があったら医者から薬をもらう」

という非の打ちどころのない努力は、無意味もしくは危険だとわかりました。

○コレステロール値が270mg/dL以上

○中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dL以上

○最大血圧が160mmHg以上200未満

○最小血圧が95Hg以上115未満

○タバコ、1日10本を超える

○体重が標準体重の120%以上

○対糖能検査で、1時間血糖値が162mg/dL以上

上記のうち、少なくとも一因子を有する人たちです。

そして「介入群」の600人には、4ヶ月に一度ずつ5年間、

医者が面接して運動量を増やすプログラムを手渡し、

喫煙者には禁煙させ、食事内容も細かく指導して、

摂取カロリー、飽和脂肪、コレステロール、アルコール、

砂糖を減らさせ、不飽和脂肪(主としてまーがりん)、魚、鶏肉、

子牛の肉、野菜を増やさせました。

高血圧と高脂肪血しょうが続いていれば、薬が処方されました。

かなり厳格な介入でしたが、75%が医者の指導をしっかり守りました。

残りの600人は「放置群」で、調査の目的を知らせず、

健康調査票への記入だけ。

・・・・・・・・・・

5年の試験期間が終わると、あとは全員、自由に任せて

10年後皮肉な結果が出ました。

介入群の心臓死(心筋梗塞、心臓突然死)は放置群の倍以上も多く、

自殺、事故、総死亡者数とも、すべて医者の指導に従った

介入群のほうが多かったんです。

ただ、がん死だけは介入群のほうが少なかった。禁煙の効果でしょう。

この皮肉な結果を分析すると「症状がないのに高血圧や

高コレステロールなどを薬で下げると、数値は改善しても、

心臓には良くなかった」

「検査で病気や異常を指摘され、医者からアドバイスや薬をもらい続ける

ことが精神的なストレスになり、心筋梗塞やうつ病につながった」

などの理由が考えられます。

日本では、このフィンランドの調査のような研究を経ないで、ただ

「体に良さそうだから」と定期健診が始まり、ここまで広がりました。

医療に対する過度の期待や、医者への手放しの信頼が

あったんですね。

しかし、そろそろ真実を見極めましょう。

平成25年5月14(火)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得K!!

58ページには次のように述べられています。

・・・・・・・・・・

日本人は放射線ひばくの問題に非常に敏感になっています。

しかしレントゲン、CT検査などによる「医療ひばく」には無頓着です。

健康なひとがまず避けるべきは放射線検査。

放射線は、細胞の中のDNA「遺伝情報」を必ず傷つけます。

あびた量によって1歩か100歩かの違いはあるものの、発がんに向かって

必ず歩を進めます。

国や医療機関は、医療被ばくの危険などほとんどないような偽りの説明

を繰り返している。

医者たちも、高価な機器のモトをとるためや、問診や聴診よりも手っ取り早く

儲かるので、患者に「とりあえで」「念のために」と

安易にCT検査をすすめています。

また、病院の検査は比較的安全ですが、

会社や地域の健診を検診車で受ける場合は要注意。

検診車のレントゲン装置は間接撮影法なので、病院など

に設置されている直接撮影装置に比べて、

被ばく量が3〜10倍多くなると言われています。

日本のCT装置の台数はダンゼン世界一で、全世界の設置台数の三分の一以上。

放射線検査による国民被ばく線量も、検査によって起きる発がん死亡率も、

世界ワーストです。

英国の調査で「日本人のがん死亡の3.2パーセントは医療被ばくが原因」

「世界15カ国で、日本が最もCT検査回数が多い」

「発がんへの影響は英国の5倍」という

医療被ばく大国ぶりです。

平成25年5月13(月)

(天 気)曇り

ボーイスカウト台東第1団の年次総会!!

昨日の夜7時から台東区民館で年次総会が行われました。

団委員長が議長を引き受けてくれました。

私は司会を務めましたが、団・育成会の活動報告と活動計画(案)

そして、団・育成会・各隊の決算予算の報告と案が了承されました。

活発な質問も出て、良い総会になりました。

皆さんの協力が気持ち良かったです!

平成25年5月12(日)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得J!!

57ページには次のように述べられています。もっと先に進みたいの

ですが、余りにも驚くことばかりなので進められないのです。

・・・・・・・・・・

がん手術の問題点として

「がんは切除できても(つまり手術は成功しても)、術後の

障害で死亡するリスクが非常に高い」ということもあります。

患者さんががん手術の直後に亡くなることはとても多いのに、

裁判で争われることがとても少ないのも不思議です。

手術の前に、がんへの恐怖を目一杯あおられるから遺族が

「がんだったんだから、仕方がない」と

あきらめてしまうのでしょうか。

がんも、ほかの病気やけがも含めて、医者に手術をすすめられたら、

「この手術は本当に必要なのか」を

徹底検証してから決めてください。

平成25年5月7(火)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得I!!

55ページには次のように述べられています。

・・・・・・・・・・

日本は歴史的に手術の盛んな国です。日本人は体型がスリムで

脂肪が少ないので手術で死ぬ率も欧米に比べて少なかった。

それでいまだに手術絶対主義がはびこっています。

その結果、「治る見込みのない」「ほかの治療法のほうが明らかに成績がいい」

「患者さんの寿命を縮める」手術が、ひんぱんに行われています。

僕は放射線科に入ってしばらくして「これはおかしい」と思うようになりました。

たとえば海外では、1期の咽頭がんといえば放射線治療をするから、

9割近くが咽頭を残せます。

でも日本だと、1期でもどんどん切ってしまう。

舌がんも、進行度によりますが、初回治療として手術は

ほとんど必要ないのに日本では8割も手術が行われ、

たいていリンパまで取ってしまう。

2期の舌がんでは舌を半分切り取るから、舌があったところに、

ほかから取ってきた筋肉を埋め込む再建手術も必要で、大手術になります。

また結果的にもロレツがまわらなくなり、食事を摂る

のも不自由になって、仕事を失うことも多い。

子宮頸がんも、手術ゼロにできるのに7割はリンパまで大きく取り、

排尿・排便障害、膣が短くなる、足がむくむなど、

大きな後遺症を抱え込みます。

放射線治療なら治る確率は手術より高く、

後遺症はたまに直腸出血が見られるぐらいです。

しかし、人生と生活のほとんどを手術に捧げている外科医に

「アメリカではこういう場合、全部切り取るような手術はしない」と言っても

「あいつは手先が不器用だから」

「胃がんの研究と治療は、日本が一番進んでいる」と、

聞く耳を持ちません。

平成25年5月7(火)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得H!!

52ページには『「がん検診をやめた村」で、がんの死亡率が激減した』という

表題があります。

・・・・・・・・・・

多くの健常な人々を集めて、くじ引きで「検診」「放置」などのグループに分けて

研究、追跡する方法を「くじ引き試験」と言います。

これは信頼度の高い方法です。

欧米では肺がん、大腸がん、乳がんのくじ引き試験が多数行われ、

「検診をしても、しなくても、死亡率は同じ」と実証されています。

日本では、1989年に「がん検診をやめた村」、信州の泰早村で明らかにがん死

が減りました。

胃がんなどの集団検診をやめたら、その前の6年間は、胃がんの死亡率が

村民死亡者数の6%、89年からの6年間は2.2%と半分以下に激減しています。

検診を受けると不要な治療をされて、手術の後遺症、抗がん剤の

副作用、精神的なストレスなどで早死にする人が多くなる、と考えられます。

平成25年5月6(月/祝)

(天 気)晴れ

「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法!!

東大病院救急部々長・ICU部々長である矢作直樹医師(教授)はこの著書の

中で次のように述べておられます。

22ページ「あの世」と「この世」をつなぐ三つの原則

・・・・・・・・・・

この世を終えてもあの世に還(かえ)るだけ、それが唯一の事実であると

伝えても、やっぱり死ぬのは怖いというのが

大方の人の本音ではないでしょうか。

そこで私から提案したいのは、「この世とあの世をつなぐ原則」を

理解するということです。原則には三つあります。

@死はあくまでも肉体死であり、終わりではないと知ること(=輪廻転生の原則)

A現世はジグソーパズルのワンピース(一片)だと知ること(=多次元世界の原則)

B生まれてきたのは、さまざまな経験をすることにより意識の進化(魂の向上)

 をするためだと知ること(=意識の進化の原則)

この三つの原則をクリアすることで、私たちは寿命をまっとうするための

安全装置として本能という形で備わった死への恐怖感を、理性的に克服していく

ことができるのではないかと思います。

人生における大半のストレスを手放すことができるでしょう。

平成25年5月5(日/祝)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得G!!

51ページには『検診とがん死亡の意外な関係』という表題があります。

・・・・・・・・・・

がんの「早期発見・早期治療」に役立つというハイテク機器や

新しい検査方法が徐々に生まれて、

もうかなり前から「がんは治る病気となった」

「1年に1回の検診で、がんになる前の段階でキャッチできる」

などと宣伝され、医学会は、

がん検診マーケットを飛躍的に拡大させています。

でも、一番肝心なのは

「がんで亡くなる人は減っているのか」ということ、

本物のがんは人の命を奪います。

がんが治る病気になったのなら、

以前国民の死因のトップだった脳卒中がいま4位になっているように、

がん死は年々、みるみる減っているはずです。

しかし、まったく減っていません。

1960年代から死亡率は下がらず、

がんは日本人の死因のトップにい続けています。

なぜなのか、検診が、何の役にも立っていないからです。

・・・・・・・・・・

我々は十分に注意して騙されないようにすべきです!

平成25年5月4(土/祝)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトのキャンプ!!

ボーイスカウト台東第一団のボーイ隊春キャンプが千葉市で行なわれました。

・・・・・・・・・・

私は第一日目の3日は荷物の積み込みを主に手伝いました。

料理は団委員長と女性の団委員がやってくれますので、

私は皿やコップの洗いを担当しました。

キャンプ場は竹林です。

筍(たけのこ)を探しましたが、やっと二本見つかりました。

それを上手く調理してもらったら、美味しいおかずになりました。

仕事の用事もあり今日の午後には帰宅しました。

とても、充実して楽しいキャンプでしたよ。

平成25年5月2(木)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得F!!

46ページには『がんほど誤診の多い病気はない』という表題があります。

・・・・・・・・・・

日本人の3分の1はがんで亡くなりますが、実は、がんほどまぎらわしく、

誤診の多い病気はありません。

ただのおできや炎症を「がん」と決めつけられて、

胃や乳房をごっそり切り取られたり、

命を落としたりしている人が山ほどいます。

くれぐれも気をつけてください。

「この方法でがんが治った」「末期から生還した」という話は、

星の数ほどあります。

しかし、どれも、「そもそもがんだったのか」極めてあやしい。

本物のがん細胞は、宿主の正常細胞がちょっと変異して生まれ、

「周囲の組織に侵入(浸潤)し、遠く離れた組織に転移する」性質をもっています。

そして、宿主を殺すまで増え続けて、宿主とともに自爆します。

命を奪わないがんは、がんのようなもの・・・・・「がんもどき」にすぎず、

本物のがんに育つことはありません。

検診で症状もないのにがんが見つかると

「早めに切除すればほぼ100%治る」と医者が言いますが、

それは「がんもどき」で、切らなくても何の問題はありません。

平成25年4月30(火)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得E!!

34ページには『血圧130で病気』なんてありえないと述べられています。

・・・・・・・・・・

1988年の厚生省全国調査の基準値は160/95以上でした。

ところが2000年に、はっきりした理由もなく140/90に引き下げられました。

98年の基準値をあてはめると、高血圧の日本人は1600万人、

それが新基準では、3700万人もが高血圧になってしまいました。

2008年に始まったメタボ健診では、糖尿病や腎臓病を合併している場合、

ついに130/80以上が治療目標になりました。

大人になると動脈も老化して硬くなり、血圧を先に送る力が衰えます。

そこで、体は年をとるほど血圧を上げようとします。

脳や手足のすみずみまで血液を送り続けるため、

それを薬で下げたら、ボケたりふらついたりしてしまいます。

フィンランドで、75歳から85歳までの「降圧剤を飲まない」男女521人の

経過を見た調査では、

80歳以上のグループでは、最高血圧が180以上の人たちの生存率が

最も高く、最高血圧140を切った人たちの生存率は

がぐんと下がっています。

なのに日本では、最高血圧130で病気にされ、薬で下げさせられているんです。

・・・・・・・・・・

医者のいうことばかり聞いていたら恐ろしいことになりますね。

平成25年4月29(祝・月)

(天 気)晴れ

朝の散歩!!

今朝は5キロを1時間少しかけてゆっくり歩きました。

三浦雄一郎さんを真似て片足に1.5キログラムのアンクルウエイト(足の重り)

を着けました。

当然早足は無理ですので、自分のペースでゆっくり歩くのです。

昨日購入した本の『歩けば歩くほど人は若返る』にも

そのように記述してありました。

アンクルウエイトを使用しない聖路加国際病院の日野原医師は

その代わり大股で早足を提唱しています。

どちらの考えにも理はありますね。

ところで、三浦式の歩きで効果を実感していることがあります。

一、腸の調子がチョウ?良くなったこと。

ニ、日常の身体の安定感がとても良くなったこと。

三、熟睡することが多くなったこと。

等々です。

私は色々な健康法を実践しています。

現在、薬は使用していません。

サプリメントも、消化する際に分解されて目的の箇所に届かないと

主張する医師がかなりいますので、短い間使用しましたが

今は止めました。身体の調子に変化はありませんよ。

平成25年4月28(日)

(天 気)晴れ

映画『図書館戦争』!!

例によって品川プリンスシネマに出かけました。

朝9時半からなので、マックでの朝食を見越して8時には家を出ました。

・・・・・・・・・・

政府による検閲から読者を守るために図書館が自衛の武力を

もって戦うと言う荒唐無稽な物語ですが、

主人公の岡田准一と榮倉奈々の演技が魅力でした。

・・・・・・・・・・

帰る途中で神田の書店に行き、

古本3冊(合計で500円)と

三浦雄一郎の『歩けば歩くほど人は若返る』小学館

を購入しました。

天気もよく風も無かったので、バイクも快適でしたよ!

平成25年4月27(土)

(天 気)晴れ

私の人生の師・高橋純氏の言葉!!

しかし少なくとも一流選手に将来なるような人は、

そんなことは言わないだろう。

むしろ補欠の時でも、陽のあたらない控え選手の日も、

玉拾いでも、意味のない素振りを命じられても、

一生懸命与えられた役割を行うのではないだろうか。

人がやらない苦労を自ら進んでやる!

そういう生き方が好きな人だけが、次のステージに上がるのだ。

周りのどんな仕打ちも、あなたを腐らせることは出来ない。

あなたが腐るのは、いつも自分が選択した結果なのだ。

平成25年4月27(土)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトさくら地区の総会!!

上野不忍池の辺に在る『東天紅』でさくら地区の総会がありました。

総勢120名の人々が集まりました。

指定されたF席に着きました。

偶然、地区でも懇意のTさんが隣になりました。

そのお陰で、とても楽しい時を過ごすことが出来ました。

彼の団の女性が献身的に料理の配布をしてくれました。

とても嬉しかったです。

平成25年4月27(土)

(天 気)晴れ

テニスの例会!!

昨日は夕方からテニスの例会(誕生会)がありました。

今月誕生のIさんが誕生日の挨拶をしました。

彼もNHKのアサイチに出演した三浦雄一郎さんのことを言いました。

人は幾つになっても鍛えなければいけないこと、

故障をすることもあるが、少し回復が遅れるだけで

辛抱してリハビリなど続けていれば

必ず治るというような話でした。

・・・・・・・・・・

T先輩は近藤誠の『医者に殺されない47の心得』を購入し、

今、途中まで読んでいると言っていました。

薬を何種類か使用しているが

今後はよく考えたいとも話されました。

読者は死生観も変えることになるのだと思いました。

平成25年4月25(木)

(天 気)晴れ

靖国参拝問題!!

安倍首相の発言はやっと日本政府が当たり前のことを言えた瞬間でした!!

・・・・・・・・・・

<安倍首相>「脅かしに屈せず」 靖国参拝で中韓反発に

毎日新聞 4月24日(水)20時39分配信

参院予算委で民主・徳永エリ氏による閣僚の靖国神社参拝についての

質問に答える安倍晋三首相=国会内で2013年4月24日午後1時24分、

藤井太郎撮影

 安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、

中国や韓国が閣僚の靖国神社参拝に反発していることについて「国の

ために命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。

わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。

その自由を確保している」と述べた。野党からの批判に対しても

「(海外からの)批判に痛痒(つうよう)を感じず、 おかしいと思わないほうが

おかしい」と反論した。民主党の徳永エリ氏への答弁。

【自民も民主も…集団参拝した方々】

 21日に靖国参拝した麻生太郎副総理は

参院予算委の答弁で「世界中で、祖国のために命を投げ出した人に政府が

敬することを禁じる国はない」と答弁。

古屋圭司国家公安委員長も「国会議員として、国のために命をささげた

英霊に哀悼の誠をささげるのは当然だ」と強調した。

 一方、来日中のバーンズ米国務副長官は24日、首相官邸で加藤勝信

官房副長官と会談し、閣僚の靖国参拝について日本政府の考え方をただした。

会談はバーンズ氏が呼びかけたもので、

麻生氏らの靖国参拝に中国や韓国が反発していることを

踏まえた対応とみられる。【小山由宇】

・・・・・・・・・・

以前なら、首相がこのような発言をするとその日の夕刊、翌日の朝刊以降

まるで中韓の国の新聞であるかのような

記事が大々的に載って、

まるで日本が悪いという論評で報道します。

これに呼応するように中韓は日本を脅すという

パターンでした。

憲法の中で『近隣諸国の良識を信じ・・・』というような表現がありますが、

中韓のように全く非常識な国々を信じてゆけば、

日本は破滅の道に突き進むしかありません。

これからの報道で中韓擁護(ようご)の論評を

推し進める報道機関は日本にとって誠に憂うべき存在だと思います。

平成25年4月24(水)

(天 気)雨

テニスの練習試合!!

昨日はテニスの練習試合がありました。

7名が集まりましたが、いつも必ず参加しているメンバーは技術が向上しています。

というか、サボりがちな私の腕が落ちているのだと思います。

聖路加国際病院、101歳の日野原医師が未だに時々野球をしているのですから

まだまだ若造の私達がスポーツを諦めることはありませんね。

・・・・・・・・・・

今日は雨の中、傘をさしてウオーキングをしました。

歩き終わると爽やかな気分になります!

平成25年4月22(月)

(天 気)晴れ

精神科学と自然科学の接近!!

私はこのブロクを立ち上げた時から精神科学の方面から現実の矛盾を

追求してきました。

最近になって特に医学会から自然科学の矛盾を指摘する声が高まってき

ました。

現実の医学会、特に日本の医学会は信じられないような対応で

患者を無視した独断による治療が横行していることを良識在る医師たちは

認めています。

高血圧の基準を130とするなど、私も医学会に対する不信感を強くしてき

ました。

世界の多くの臨床実験でも、血圧は多少高めの方が長生きすると

証明されています。

日本では基準を決める医師11人が降圧剤を造る製薬業界などから

14億円の研究費を受け取っています。

無理に高血圧患者を増やして治療で稼げるようにしています。

・・・・・・・・・・

血圧だけでなく、無理やり手術をして却って死期を早めていることが多いようです。

手術の必要の無い『がんもどき』を手術すると傷跡が癒着しやすくなり

そこにはがん細胞が増殖しやすくなります。

即ち、極めて危険な状態に陥ることになります。

平成25年4月21(日)

(天 気)雨後晴れ

今日は映画『舟を編む』を観てきました。!!

例によって品川プリンスシネマで観ました。雨が降っていたので都営浅草線を利用しました。

・・・・・・・・・・

『大渡海』という大辞書を完成させ、世に売り出すのにる15年かかった物語です。

直木賞に輝いたこの作品は私も認知していましたが、評判通りの作品でした。

私は、ここしばらくの間、映画を観に行けませんでしたので、どうしても行きたいと思ったのです。

今日は雨が降っていたので、バスを乗り換え都営浅草線で品川まで行きました。

洋画でも良い作品(レ・ミゼラブル等)が多くありましたが、

私はこの作品『舟を編む』に惹かれました。

・・・・・・・・・・

観終わっても悔いはなく、来週もできれば邦画を観に行きたいです!!

平成25年4月20(土)

(天 気)曇り

医者に殺されない47の心得D!!

11ページには彼の医者としての原点が述べられています。

・・・・・・・・・・

僕は慶應義塾大学医学部を卒業して同放射線科に入り、がんの放射線治療を

専門に研究、講義、外来患者の診察をしてきました。

アメリカにも留学して日本のがん医療に疑問を抱き、

まず1988年に「乳がんは切らずに治る−治癒率は同じなのに、

勝手に乳房を切り取るのは、外科医の犯罪行為ではないか」

という論文を月刊『文藝春秋』に発表しました。

欧米では当時すでに病巣だけを取る『乳房温存療法』が当たり前だったのに、

日本では乳房が丸ごと切り取られて、無残でした。

僕はひとりでも多くの女性に温存療法を伝え、

ひとつでも多くの乳房を救いたかった。

その前、83年に姉が乳がんとわかったときも、

欧米の治療成績を見せて「僕なら温存療法を選ぶ」と伝えました。

姉は同意して乳房温存療法を選んでくれて、30年たった今も元気です。

平成25年4月19(金)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得C!!

この本は2012年、第60回菊池寛賞を受賞しています。

48ページ「がん」なのか「がんもどき」なのかについて詳しく述べられています。

・・・・・・・・・・

本物のがん細胞は、宿主の正常細胞がちょっとし変質して生まれ、

「周囲の組織に侵入(浸潤)し、遠く離れた組織に転移する」性質をもっています。

そして宿主を殺すまで増え続けて、宿主とともに自爆します。

命を奪わないがんは、がんのようなもの・・・・・「がんもどき」にすぎず、

本物のがんに育つことはありません。

検診で症状もないのにがんが見つかると

「早めに切除すればほぼ100%治る」と医者が言いますが、

それは「がんもどき」で、きらなくても何の問題もありません。

昔は僕も、乳がんで「皮膚を破ってくるがんは、転移がある本物」だと思っていました。

また子宮ガンでも肺がんでも、浸潤すると尿毒症になったり、

息が詰まってしんでしまったりすることがあります。

しかし放射線をかけたり、局所を手術すると治って、

転移がでてこないものがある。これも「がんもどき」です。

そんふうに、かなり育ってきてからも、がんと見分けがつきにくい「がんもどき」

がたくさんある一方で、いきなり凶暴な姿を現す、本物のがんもあります。

・・・・・・・・・・

即ち、「がんもどき」を本物のがんとして治療(もどき)している病院が多いということです。

非常に恐ろしいことです!!

平成25年4月18(木)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得B!!

6ページには以前より私が主張してきたことが明確に述べられています。

・・・・・・・・・・

50歳を過ぎたら「上が130」というのは一般的な数値ですから、たいてい高血圧

患者にされ、降圧剤を飲んで「治療」するハメになる。

その結果、薬品業界はホクホクです。

1988年には降圧剤の売り上げがおよそ2千億円だったのが、

2008年には1兆円を超えて、20年間で売り上げが6倍に伸びています。

血圧商法、大成功ですね。

・・・・・・・・・・

総コレステロール値も、日本人は高いほうが長生きだと

10年以上前からわかっているのに、基準値をなかなか上げません。

コレステロール低下薬のスタチン類は年間2600億円

の売り上げがあって、関連医療費はその3倍と言われています。

問題は、血圧やコレステロールを薬で下げると、数値は改善しても

早死にするリスクが高くなること。

世界中の、数万人規模の追跡調査ではっきりしています。

平成25年4月17日(水)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトの組織拡張委員会!!

午後7時半から浅草の清光寺で行なわれました。

新年度なので色々委員長から報告事項がありました。

我がさくら地区は東京連盟でも最大の人数で運営されています。

連盟ではスカウトが減少しても直ぐにかなり挽回するさくら地区は

注目されているようです。

いろいろな方々と意義深い時を過ごすことが出来ました。

大変充実していました!

平成25年4月15(月)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得A!!

12ページ

「患者よ、病気と無駄に闘うな」には以下のように述べられています。

2012年は、僕にとって特別な年になりました。

まず、最長22年診てきた「がん放置患者」たちの経過の総まとめ

『がん放置療法のすすめ−患者150人の証言』(文芸春秋)を世に出せました。

『患者よ、がんと闘うな』の「がんもどき」理論を実証できて、肩の荷が下りました。

「大学病院の外来なのに、がんの治療をしない」という、ある意味、奇跡的なことを

ここまで続けてこられたのは、

慶応義塾の「自由」「独立自尊」の精神のおかげと、感謝しています。

・・・・・・・・・・

14ページ

がんで苦しみ抜いて死ななければならないのは、がんのせいではなく、

「がん治療のせい」です。でも、医者は必ず「がんのせい」にします。騙されないように。

基本的に、自覚症状がなくてごはんもおいしいなら、医者にあちこち悪いと言われた

り、がんが見つかっても、忘れるのがいちばんです。

治療をあせると、寿命を縮めます。

今は、調べようと思えば書籍でもインターネットでも、いくらでも情報が手に入る、

いい時代です。

今まで「病気のことは医者を信じてお任せ」だった方も、ここで発想

を変えて

「医者を疑い、自分で調べて考える」癖を身につけてください。

医者に殺されない方法をしっかり身につけて、ムダ死にから身を守ってください。

たったひとつしかない自分の命、自分の体、自分の人生なのですから。

                             近藤 誠

・・・・・・・・・・

近藤誠氏はラジオ番組で、「私は医者でもあり、学者でもあります。

自分の良心に従って真実を明らかにしたい」と述べていました。

・・・・・・・・・・

1993年にガンで死亡したアナウンサーの逸見政孝さんに対する病院側の

治療について、近藤氏は手術と抗がん剤の投与は

逸見さんを苦しめただけで、その治療が無ければ苦しまずに後、1〜2年は

生きることが出来たと言います。

逸見夫人の晴恵さんと死後3年に対談を実現しています。

夫人はもっと早く知っておきたかったと発言しています。

・・・・・・・・・・

又、歌舞伎役者の中村勘三郎さんも

ガンの治療をしなければ、未だ生存していたと明言されています。

平成25年4月14日(日)

(天 気)晴れ

次男の新居に行きました!!

昨年新居を購入した次男の家に出かけました。

家内は昨年の12月から胸部圧迫骨折で浅草寺病院に入院していましたので

次男の新居に行くことが出来ませんでした。

・・・・・・・・・・

念願かなって二人で訪問しましたが、

新居はとても広く機能的にも素晴らしいものでした。

訪問した時間は短かったですが、孫も一緒に遊んでくれてとても楽しかったです。

次男も嫁も歓待してくれました。

帰りには嫁の実家の美味しいお魚ももらって

あり難かったです。

平成25年4月12日(金)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得!!

大変ショッキングな題名が話題となっています。

彼は慶応大学付属病院放射線科の現役の医師です。

彼を批判する人々もいますが、本筋では間違っていないと思います。

心得1 「とりあえず病院へ」は、医者のおいしいお客様。

平成25年4月12日(金)

(天 気)晴れ

医者に殺されない47の心得!!

大変ショッキングな題名が話題となっています。

彼は慶応大学付属病院放射線科の現役の医師です。

彼を批判する人々もいますが、本筋では間違っていないと思います。

心得1 「とりあえず病院へ」は、医者のおいしいお客様。

心得3 医者によく行く人ほど、早死にする。

心得4 「血圧130で病気」なんてありえない。

心得10 医療被曝を避ける。CT1回でも発ガンリスクあり。

心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな。

心得17 痛みはこわくない。モルヒネで安全に長生きできる。

心得18 がんの痛みは完璧にコントロールできる。

心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を学ぶ。

心得31 コラーゲンでお肌はぷるぷるしない。グルコサミンはひざに直接届かない。

心得33 コーヒーはガン、糖尿病、脳卒中、ボケを遠ざける。

心得35 石けん、シャンプーを使わないほど肌も髪も丈夫。

心得39 よく歩くひとほどボケにくい。

心得40 インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない。

心得44 100歳まで働き続ける人生設計をする。

心得45 いきなり進行ガンが見つかったらどうするか。

心得46 ロウソクが消え入るような、転移ガンの自然死。

心得47 リビングウィルを書いてみよう。

・・・・・・・・・・

株式会社アスコムから出されている本ですが、すでに56万部の大ベストセラーに

なっているようです。

題名の下部には「病院に行く前にかならず読んでください。」

と記されています。私もそのうち、買い求めてみようかと思っていますが。

 

平成25年4月11日(木)

(天 気)晴れ

まだ寒いですね!!

朝、歩きましたが、まだ寒いですね。

その為、最近は隅田川沿いの散歩道ではなく、街中を歩いています。

もう少し、暖かくなったら川沿いを歩くつもりです。

川の中ではボラ、スズキ、ハゼなどの稚魚や幼魚が元気良く泳ぎまわって

いることでしょう。

土手の植物も青々としているはずです。

ムクドリの大群や小さくて可愛いいスズメ、ハクセキレイ等にも出会いたいですね。

平成25年4月10日(水)

(天 気)晴れ

桜橋花祭りも無事終わりました!!

天気予報で非常に気をもんだ桜橋花祭りでしたが、無事終わりほっとしています。

疲れは残りましたが、たいしたことはありません。

・・・・・・・・・・

夕方、歩きました。片足に1キログラムの重りをつけました。

負荷がかかりますが、今のところ体に良いと感じています。

世の中で「加齢」という言葉が氾濫していますが、

その言葉に負けているようでは、だらしがありません。

負けるものかという精神が最も大事だと私は思います。

日野原先生や三浦雄一郎さんのような

最高のお手本があります。

私も頑張りますよ!

平成25年4月6〜7日(土〜日)

(天 気)大荒れの天気予報?

桜橋花祭りA!!

天気予報では土日は台風並みの大荒れの天気ということでした。。

我が台東第一団にとってこのような天気の中で少しでも活動資金を

得ようとするには最悪の状況でした。暢気(のんき)な私でも夜は熟睡できませんでした。

それが全く予報は外れて、土曜日も何とか売り場は生かされました。

そして、今日の日曜日は風は強かったものの、青空が出て晴れましたので、飲み物も

予定通り販売する事が出来ました。

本当にあり難かったです。

深く感謝しております。

ローバースカウトの大学生のT君は長年私と共に焼き芋を担当していますが、

もうすっかり私より上手ですよ。彼を中心に他のスカウトもよくやってくれました。

・・・・・・・・・・

すべてが終わってから、ささやかな花見を企画してくれました。

ボーイスカウト活動の話が中心ですが、

とても楽しい集会でしたよ。

明日は焼き芋の器具を貸していただいた業者の

方に器具の返却とお芋代の支払いに行くことになっています。

平成25年4月5日(金)

(天 気)曇り

桜橋花祭り!!

明日と明後日は桜橋花祭りがあります。

問題は天気です。どうも春の嵐が来るようで、皆さんヤキモキしていますよ。

予報では明日の午前中は降りませんが、午後から雨風が強くなるようです。

出来れば午後3時頃まで降らなければ助かるのですが。

日曜日は午前中は雨風で、午後から晴れるようです。

私は石焼芋の係りですが、頑張ります!

平成25年4月2日(火)

(天 気)雨

東大病院救急部長が語る『死後の世界』F!!

矢作直樹著「人は死なない」194ページでは次のように述べておられます。

・・・・・・・・・・

人間は、事物事象のメカニズムを解明していくことはできるかもしれません。

けれども、それらの事物事象が、どうしてそのように在るかという根本について

解明することは難しいでしょう。

そして、人間は、我々を取り巻く森羅万象が解明されればされるほど、

すべてが完璧にできていることを思い知るのではないでしょうか。

その完璧さは、人間が考える科学的論理や善悪の倫理を遥かに超えた、

まさしく摂理の業としか思えないようなものです。

この全的な創造とその運用を司る大設計者、すなわち摂理の存在を感受

できるのは人間だけであり、人々は遥かなる昔からその存在を知っていました。

最初の宗教は、摂理の存在を知覚したところから始まったはずです。

また、現在を生きる我々も、

それを心の奥深いところでは感受しているのではないかと思います。

そして、摂理の意思、すなわち万物と万象の「調和」を感じるのではないでしょうか。

存在するものにはすべて意味が付加されており、それらはすべて関連し合っている。

あらゆる存在は奇蹟としか思えないほどの完全なシステムとして在る。

そのシステムが不全を起こしそうになった時、

すなわち調和が乱れた時に、復元ないしは排除の力が働く。

これこそが摂理の意思であると、私は考えています。

原初の人々は、自分たちが生まれ生きて死んでいく世界、

自分たちを取り巻く自然に対して素朴な畏怖と畏敬の念を抱き、そこに創造主

の存在を直観しました。

そして、同時に霊的現象や霊能者を通して霊魂の存在を感じ取り、

畏れ敬うようになりました。

このような遥か昔から、人々は神(摂理)と霊魂を

不離の存在として感受してきたのです。

平成25年3月31日(日)

(天 気)曇り

ボーイスカウト台東第1団の上進・進級式!!

近くの区民会館で9時過ぎから行われました。

衆議院議員で初当選した辻さんも団委員になってくれました。

・・・・・・・・・・

今年に山口県で行われる第16回日本ジャンボリーに参加する

スカウトの発表もありました。

全行程10日間位掛かりますので、大変ですが数名のスカウトと

2名のリーダーが行ってくれます。

とても嬉しいことです。

平成25年3月30日(土)

(天 気)曇り

朝の散歩!!

隅田公園の辺を歩きましたが、肌寒さを感じる陽気で、桜の花もまだまだ

見られますね。

・・・・・・・・・・

ところで、登山やマラソンの得意な仲間の前で半年後には

5キロマラソンに出場すると宣言してしまいました。

若手のKさんが一年に一度は必ずフルマラソンに出るようにしていると

最近聞いたことに刺激を受けました。

ただ、すぐにという訳にはいきませんので、それまで練習が必要ですね。

やはり、半年先を目標にしたいと思いました。

最近冒険家、プロスキーヤー、登山家の三浦雄一郎さんの

テレビでの発言にも影響されています。

歩くのにもただ、歩くだけではダメだと彼は言います。

左右の靴には5キロの負荷を掛けているそうです。

私は今のところ1キロで十分です。

それでも、脚全体や腹筋を鍛える効果はあると思います。

生きている限り人間は進化するそうです。

聖路加国際病院の日野原先生は101歳でも

家で転倒する練習をされているそうです。

羽田空港の歩く歩道は使わず、10キログラムの荷物を

持って歩いておられるそうです。

余りに体を労わりすぎると弱ってくる一方のような気がするのです!

平成25年3月29日(金)

(天 気)晴れ

テニスの定例会!!

いつものイタリアンレストラン「コワッパーズ」で行われました。

・・・・・・・・・・

仕事の都合で一時退会していたTさんが再入会されたことは嬉しかったです。

とても上手なプレーヤーですから、又会が活性化すると思います。

定例会が終わってから、彼の入会を祝って仲間の母上が経営する

カラオケに行きました。

お客様が大勢なので、2曲歌うのに11時を過ぎてしまいました。

でも、楽しい会話があったので良かったです。

Tさんも得意の曲を豊かな声量で気持ちよく唄ってくれましたよ。

平成25年3月29日(金)

(天 気)晴れ

東大病院救急部長が語る『死後の世界』E!!

矢作直樹著「人は死なない」158ページでは次のように述べておられます。

・・・・・・・・・・

いずれにせよ、表現は異なっても、近代スピリチュアリズムにおける霊魂と体に関する

本質論は、共通しています。

以下に、その考え方を紹介してみましょう。

     

まず、生死に関わらず肉体から離れても存続する存在を仮に「真体」と呼びます。

(真体は、肉体とまったく同じサイズ、スタイル、個性を持っているが電磁波のように肉眼では

見えないとされる)。

そして、肉体をまとっている(生きている)真体を「魂」、肉体を

脱いぎ去った(他界した)真体を(霊)と呼びます。

・・・・・・・・・・

人間はコンピューターを内蔵した着ぐるみのようなものであり、電源を持った魂が

コード(著者注:近代スピリュアリズムでは「シルバーコード」と呼ばれ、日本では古来「玉の緒」

と呼ばれている)でその着ぐるみと繋がり、スイッチを入れた状態になっている。

この例でいうと、魂はシルバーコードを介して電気を流し、着ぐるみおよびコンピューターを

操作したりメンテナンスをしていることになる。

ここでいう着ぐるみとは肉体、コンピューターは脳、魂によるコンピューターの活動が精神

あるいは心、精神活動の状態が意識・無意識、精神活動の結果生まれるコンテンツが記憶

である。

なお、記憶は肉体の脳だけでなく魂にもカーボンコピーのように全く同じように共有される。

魂自体は他の魂や霊と交感することができ、互いの姿が見え、声が聞こえ、自由に空間

を移動することができるが、着ぐるみ(肉体)をまとうとそれらの能力は封じられる。

ごく稀に着ぐるみをまとっても魂の機能が顕れる人間がいるが、そうした人々が一般に

「霊感、霊力が強い人」と呼ばれている人々である。

・・・・・・・・・

なお、自然科学では、コンピューターとその活動およびその結果については研究を重ねて

いるが、それを動かしている魂の存在を前提としていないので、なぜコンピューターが動く

(精神活動が含まれる)のかという問いには答えることができない。

平成25年3月23日(金)

(天 気)晴れ

東大病院救急部長が語る『死後の世界』D!!

私は彼のような自然科学者が精神科学に踏み込んでくれたことをあり難く思っています。

64ページには次のように述べておられます。

・・・・・・・・・・

現在、生命のおおよそのメカニズムは解明されているし、進化に関しては改めて

述べるまでもなく常識とされています。

また、最近の学説では、すべての生命のDNA同士には何らかの連鎖があるとされています。

しかし、なぜそのようにあるのか、いったいどのような因果関係があってこのように

多様で個性的な、しかも調和のとれた生命の在り方が実現したのか。

そのように考えると、私は道端に生えている雑草にさえ神秘を感じざるを得ないのです。

そして、生命の不思議さを考えたとき、

不思議の最たる生き物は、

ありとあらゆる森羅万象を思索の対象とする人間に他なりません。

平成25年3月23日(金)

(天 気)晴れ

東大病院救急部長が語る『死後の世界』C!!

以下の記述には私も同感します。

・・・・・・・・・・

仮に現世が現世限りであるなら、人は何をしても死ねばすべて帳消しになります。

この現世が夢のようなものであるなら、亡くなった人を弔う必要もないし、

善行を積む必要もない。

寿命を全うしようとする必要もなければ、

他人がいやがることをしてもかまわない。

この地上の環境を徹底的に破壊してもよいし、大量殺人兵器で

人類を滅亡させてもよいことになります。

けれども、現実には、ほとんどの人間がそんなことをしようとは考えません。

人類は本能的に、そのような悪行を否定します。

私は、この本能こそが「良心」あるいは「良心の言葉として受ける直観」なのだと

思います。

では、なぜ人間には良心があるのか。

「良心」という心の働きについては、科学的に解明されてはいません。

しかし、すべてが科学的に証明されない限り真実ではない、存在しない、

ということにはならないと私は考えます。

・・・・・・・・・・

私のブログの「来世は実在する」(このワードで検索も可能です)に全く同様の記述があります。

平成25年3月22日(金)

(天 気)晴れ

東大病院救急部長が語る『死後の世界』B!!

バシリコ株式会社出版『人は死なない』を今日読み終わりました。

科学者だけあって、霊媒や対外離脱体験等を科学的に解明する姿勢は

理解できます。

・・・・・・・・・・

それでも自然科学が精神科学に踏み込むほんの第一歩だと思います。

これから研究が進んで行けば、もっと精神科学が次第に解明されるように

なるのだと思います。

・・・・・・・・・・

彼の記述の中で私が注目したのは以下の記述です。

ただ、生命というものの複雑さや不思議さを思い、「生きる」ことと同時にやってく

「死ぬ」ことについて、我々人間はもっとしっかりと見つめることが必要なのでは

ないでしょうか。我々は、死を想い、生きることの意味、人間の存在意義を理解する

ことによって、豊かな“生”と“死”ということについての手がかりをつかむことができる

のではないか。

以上のような認識のもとに、生命は我々が考えるほど単純ではないこと、

医療でできることはごく限られていることを一般の人々に理解していだき、

自分の命を人任せにせず自分自身で労ってほしいという思いをささやかながら

述べてみたいというのが、本書を執筆する最初の動機でした。(p220)

平成25年3月22日(金)

(天 気)晴れ

B29墜落 哀悼の慰霊碑B!!

結局一昨日の慰霊碑の除幕式の様子は午後6時半頃、NHKのニュースで

報道されました。

私は本当に嬉しくNHKに感謝しました。

木崎住職は慰霊祭が今後いつまでも続くことを願っていました。

崇高な生き方をされている住職だと感銘しました。

平成25年3月21日(木)

(天 気)晴れ

B29墜落 哀悼の慰霊碑A!!

結局昨日の慰霊碑の除幕式には300名の方々が出席されたようです。

当初の予定は50名でしたが、新聞報道により予定の6倍もの方々が

参列されたことは嬉しいことです。

私も出来れば出席したかったです。

・・・・・・・・・・

主宰された方々の高い品格が世界平和に結びつくのですね。

平成25年3月6日(水)

(天 気)晴れ

東大病院救急部長が語る『死後の世界』A!!

『週間現代』に現役の東大病院救急部長であり、大学教授の矢作直樹医師が

『死後の世界』と題して語っております。

・・・・・・・・・・

私が勤務する東大病院では、年間3000人もの患者が集中治療室で治療を受けています。

そこは生と死が隣り合わせの場所であり、私も臨床医として、日常的に多くの『死』に

立ち会ってきました。

・・・・・・・・・・

現役の医師である私が言うのもおかしいかもしれませんが、これだけテクノロジー

が発達した時代でも、医療の現場は最新の医学や科学をもってしても

まったく説明のつかない事象に満ちているといっても過言ではありません。

☆☆☆☆☆

3月6日に上記の報告をさせていただきました。

週刊現代にたまたま記載された記事を読んだのですが、

矢作直樹さんはバシリコ株式会社発刊の『人は死なない』という著書を出していることを

知り、早速浅草ロックスの書籍売り場に出かけて、その本(1300円+消費税)を購入して来ました。

・・・・・・・・・・

東大病院で現役の救急・集中治療室部長が語る死後の世界は非常に説得力があります。

かなり、死後の世界を捉えていますが、まだまだ真実を捕まえてはいないと思います。

しかし、今まで自然科学の世界が置き去りにしていた世界を

認め、真正面から向かう彼の姿勢は素晴らしいものだと思います。

少なくとも、我々一般の人間が医薬万能だと認識していることは

間違っているのだという現実を知らしめて下さっています。

平成25年3月19日(火)

(天 気)晴れ

久々のテニス!!

寒いからと言ってずっとテニスをサボっていましたが、仲間に誘われて行って来ました。

久しぶりなので身体が動くか心配でしたが、何とか助けてもらいました。

先輩のKさんが言っていましたが、我々のテニスのプレーはそれほど激しくありませんが

日常の動きではないので、身体がシャンとする効果があるとのことです。

確かにそれは正論だと思います。

運動をしなくても、好きなお酒は飲みますよね。

それでは身体のバランスを欠きます。

できるだげ今後は続けようと思いました。

平成25年3月17日(日)

(天 気)晴れ

B29墜落 哀悼の慰霊碑!!

今日の読売新聞の14版に群馬県巴楽(おうら)の地元住民が建立する慰霊碑の記事がありました。

今月20日に除幕式があるようです。

・・・・・・・・・・

太平洋戦争末期に米軍の戦闘機「B29」2機が墜落した群馬県の邑楽町の住民等が、

死亡した搭乗員23人の慰霊碑を墜落現場近くの寺に建立し、

20日に除幕式を行う。

戦後60年を機に始まった搭乗員の遺族との交流がきっかけとなった。

当日は、住民や遺族、米軍関係者ら役50人が出席する。

・・・・・・・・・・

慰霊碑や除幕式は、同町秋妻の岩崎治雄さん(87)や

同町にある清岩寺の木崎伸雄住職(80)ら約10人が計画した。

碑には「ここ秋妻の空に散った23名の勇士の御霊に哀悼の

誠をささげるとともに日米両国の友好と世界平和を希求します」

との文言を、犠牲者の名前と共に刻む。

費用は地元住民で負担した。

・・・・・・・・・・

墜落した2機は1945年2月10日、軍用機を生産していた同県

太田市の中島飛行場の工場などを狙って飛来。

空中で接触し、同町秋妻に落ちた。

・・・・・・・・・・

「家族の最期は誰だって知りたいはず」と

米国の遺族を探し出した。

墜落した当時の写真の複製を送ったところ、感激した遺族から、

亡くなった搭乗員の写真などが届いた。

岩崎さんらは3年前、この写真などを展示して慰霊祭を初めて開催した。

その後も、遺族から「私は父の顔を知らない。秋妻に行きたい」などと手紙が寄せられた。

・・・・・・・・・・

地元住民らは「アメリカ人も戦争の犠牲者。遠くの遺族はなかなか

来られないだろうから、わたしたちでまつろう」と話し合った。

木崎住職が「宗教の違いを超えて供養したい」と

申し出て、境内に碑を建てることが決まった。

碑の建立を知った米軍横田基地は、

「日本以外の国で、敵の兵士を敬い、慰霊する行事はないだろう。

日本人の高い品格と日米の友好の絆を表すもの」(広報部)と歓迎。

当日は、米空軍の音楽隊の演奏に合わせて国歌を斉唱し、

祈りをささげるという。

☆☆☆☆☆

中東や世界各国で宗教対立による罪もない一般市民の虐殺が

日常的に起こっています。

このような対立の根本的な解決には

日本が中心となる以外にありません。

中韓が日本人を鬼畜のように蔑むのは

自分達がそのような民族であり、その価値判断を押し付けて

いるので、品格などは全くありません。

一方的な裁きの東京裁判で一級戦犯とされた人々を

靖国神社に祭るのは

そのような日本人の精神に基づくものなのです。

平成25年3月16日(金)

(天 気)晴れ

80歳の三浦雄一郎さんに負けませんよ!!

こんなコメントを私が言えるはずがないとお思いでしょうが頑張ります!!

彼は今年80歳になりますが、最高齢の登山家としてエベレストに再度挑戦するようです。

前回のエベレスト登山の映像が流れましたが、クレパスにハシゴを渡して

両手でロープを掴んで進む姿は恐れを知らない超人に見えました。

『クレパスを渡るのは楽しいんです』と話していました。

・・・・・・・・・・

怖くないんですかと司会者が質問しますが

一向に構わないようで、私も恐れ入りました。

『70歳過ぎても単にウオーキングするだけでなく

重りを付けて身体に負荷を掛ける事が大事です。

それにより筋力、体力は増強されます』

とも言っていました。

以前テレビで高齢者がボディービルで鍛えて筋肉隆々の姿を見せていましたが

我々が加齢だと簡単に諦めるのは間違っているのかもしれません。

私も少し反省しましたよ。

平成25年3月13日(水)

(天 気)晴れ

WBC予選突破A!!

8対1とリードしていたにも拘らず、7回8回に5点を取られてひやひやしましたね。

それでも、その後値千金の2点を取り、予選1位でアメリカに行きました。

中継ぎの左腕、森福と山口が打たれました。

球種が単調で見ていても打たれそうな気がしました。

それまでの投手と抑えはとても良かったですね。

でも、三連覇の願いは叶いそうな勢いがあるので、楽しみしです。

平成25年3月12日(火)

(天 気)晴れ

WBC予選突破!!

二回戦の台湾は強敵でしたね。日本が負けると思いましたが、よく踏ん張りました。

台湾の先発投手は大リーグでも最多勝を二年続けたという好投手です。

・・・・・・・・・・

投手が良いと中々打てないものですね。

強敵のキューバがオランダに破れ、予選リーグで敗退しました。

日本にとってはキューバ戦が無くなったことはラッキーかもしれません。

しかし、アメリカを始めとしてまだまだ大変な試合が待っていますので

とても油断できるものではありません。

今日のオランダ戦で日本の投手が

抑えることができれば、希望が出てきますので楽しみですね。

平成25年3月6日(水)

(天 気)晴れ

東大病院救急部長が語る『死後の世界』!!

『週間現代』に現役の東大病院救急部長であり、大学教授の矢作直樹医師が

『死後の世界』と題して語っております。

・・・・・・・・・・

私が勤務する東大病院では、年間3000人もの患者が集中治療室で治療を受けています。

そこは生と死が隣り合わせの場所であり、私も臨床医として、日常的に多くの『死』に

立ち会ってきました。

・・・・・・・・・・

現役の医師である私が言うのもおかしいかもしれませんが、これだけテクノロジー

が発達した時代でも、医療の現場は最新の医学や科学をもってしても

まったく説明のつかない事象に満ちているといっても過言ではありません。

基礎疾患のない人が、どうしてこんなにあっけなく逝ってしまうのか。

かと思えばこれはとても助からないと思われた患者が奇跡的に回復したり

することもあります。

・・・・・・・・・・

その結果、私は『寿命がくれば肉体は朽ち果てるが、霊魂は生き続ける

その意味で、人は死なない。』という結論に達しました。

・・・・・・・・・・

日本人は古来より、霊的感覚に鋭敏な民族と言われて来ました。

このような時代だからこそ、私たちは魂の大切さについて

理解を深めるべきだと思います。

そうなってこそ、我々は本当の意味で、

心の豊かさを掴むことができるのではないでしょうか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

簡略にしましたが、以上のようなものです。

かなり、真実に近づいていると思われます。

平成25年3月5日(火)

(天 気)晴れ

昨日の二日会も楽しかったです!!

千束通り商店街を左に入った所にある金太楼馬道店で行われました。

・・・・・・・・・・

高齢者の会ですが、1人を除いて出席してくれました。

会長が新聞記事をネタにした五〜七択クイズを2問出しました。

私はその記事を読んでいませんでしたが、2問共に正解しました。

皆さんが『すごい勘だね』と言いました。

問題の出し方に特徴があったので、当っただけですが、

面白かったですよ。

平成25年3月1日(金)

(天 気)曇り

久しぶりに汗をかきました!!

朝と夕方30分ずつ街の中を歩きました。

・・・・・・・・・・

夕方帰ってくる途中で汗をかいてきたので、上着を一枚脱いで歩きました。

久しぶりですね。

実感として、春の訪れを感じました。

北国の人々も厳しい寒さをしのいでいます。特に春が待ち遠しいのは当たり前ですね。

今月は今一ゴルフコンペがあります。

もう少し練習してブービー幹事などにならないように頑張りますよ(笑)

平成25年2月27(水)

(天 気)雨後晴れ

簡単に子供を殺すな!!

ニュースで子供を殺しておきながら、公の支援を受けていた母親の姿を見ました。

・・・・・・・・・・

私は言いたいです。簡単に子どもを殺すな

自分が堪え切れないといって

『その子の命を奪うな!』

と言いたいです。

何故、貴方はそんなことが言えるのかと思う人は私に言いなさい!!

平成25年2月27(水)

(天 気)雨

簡単に子供を殺すな!!

ニュースで子供を殺しておきながら、公の支援を受けていた母親の姿を見ました。

我が子を殺すなら、子供をこの世に誕生させるな!!

・・・・・・・・・・

誰もが、快楽を得るセックスは子供を死ぬまで徹底的に育てる親に対するご褒美なのですよ。

・・・・・・・・・・

人間の世界は深いです。

動物と人間の違いは何か、皆様考えたことはありますか?

どんな動物でも、親が子どもを一人前に育てる本能がありますよね。

しかし、動物と人間が徹底的に違うのは、子どもが親の面倒をみることです。

・・・・・・・・・・

大切なその子どもの命を奪う親には永遠に救いはありません。

平成25年2月23(土)

(天 気)晴れ

カブスカウト隊の集会に参加しました!!

今日は東京マラソンの見物に行こうかと思いましたが、カブ隊の集会に出かけました。

会が近くの区民館で行われたので、とても近くなので午前9時半に家を出ました。

・・・・・・・・・・

今日は、隊長の知人の女性が民話等の語り部として魅力的なお話をしていただきました。

お話はとても、印象的でもっともっと聞きたかったです。

我が団のスカウトには現在のりーだーの活動は素晴らしいと思いました。

私はカブスカウトのリーダーの皆様に熱烈なエールを贈りたいと思っています!!

平成25年2月21日(木)

(天 気)晴れ

ボーイスカウト台東第1団の育成会月例会!!

昨日今戸にある人権プラザで定例会がありました。

来られない方もいましたので5人でしたが、いろいろと決め事がありましたので充実していました。

3月31日のスカウトの上進式、4月6日〜7日の桜橋花祭出店、その後の総会があります。

我が団に限らずスカウトは減少傾向にありますが、人生の価値観もどう変化するか

分かりません。急に追い風が吹く事もあるので、皆さん頑張っています。

・・・・・・・・・・

私の息子二人が通っていた近くの小学校は生徒が減少して近くの学校と併合しました。

ところが、去年あたりから急に新入生が増え出しました。

震災の影響もあるかもしれません。

今までは少し遠くでも進学に有利と思われる学校に通わせていた親達が

勉強以外の音楽などに力を入れている地元の小学校を見直したことと、

いざという時に遠くの学校では危険に対応するのが難しいという

親達の判断があるのではないかと私は思っています。

・・・・・・・・・・

将来、プロ野球を目指して野球クラブに通わせる親が多いですが

プロになれるのはごく一握りの子供だけです。

長い眼で見れば、子供の情操教育や忍耐力の育成、他人との調和を

目標とするボーイスカウト活動が見直される時が近づいているのではないかと私は思います。

人格育成にも会社員になってからの活躍にも大きな力になっていることは

ボーイスカウト達のその後の活躍を見守っていると明らかなのです。

平成25年2月18日(月)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』P!!

東京タワーの足下に−葬儀の準備

あとで聞くと、ほとんど死にかけた8月22日の状態からなぜ息を吹き返したのか、医

学的には説明が難しいそうだ。

今日までもう3回、これがお迎えではないかと思われるものが来ている。

ある時は亡くなった知人が現れ、ある時は制服のようなものを着た人物があらわれた。

妻によると、私が薄ぼんやりとした中で、“お迎え”と会っているとき、彼女も部屋の片

隅に何かの気配を感じたという。それでも連れて行かれないのは、やり残していること

があるからだったのだろう。

やり残したことはわかっていた。

死んだあとのことだ。

まがりなりにも、「流通ジャーナリスト」として情報を発信してきた。自分の最期、

葬儀も情報として発信したいと思った。

賢い選択、賢い消費をすることが、人生を豊かにする。

自分が何度も口にしてきた台詞だ。葬儀は、人生の膜引きだ。これも含めて、人生な

のだ。その最後の選択を間違えたくなかった。

平成25年2月18日(月)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』O!!

セレモニーみやざきの宮崎社長、事務所の宮下さんにも連絡を終え、私は先生の到着

を待ちました。すべてが、金子の指示通りです。唯一、金子からの指示にはなかったこ

とで、私がしたことといえば、窓を開けたことです。

「ここにはもう哲ちゃんはいないことはわかっているけれど、でも、一応開けるね。今

までずっと家の中にいたから、外に出たいでしょう。好きなだけ、好きなところに行っ

てきなよね」

私には、金子がすでにどこかに行っていることが、なぜかよくわかっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この雅子さんの言葉は本当に真実です。

平成25年2月17日(日)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』N!!

金子は、生きることと同じように、死に対しても一生懸命に取り組みました。自分の

終わりを意識して、死後の始末をしていたのとは、ちょっと違います。

「雅(子)ちゃん、生きることと死ぬことって、やっぱり同じだよな」

最後の1ヶ月、金子はよくそう言いました。

併走していた私も、それに共感できました。うまく言葉にできないのですが、金子と

ともに、懸命に前に進んでいるうちに、金子はあの世側に移り、私はこの世側に残った、

という感覚なのです。

・・・・・・・・・・

自分の人生の最期も誠にこのような結末に近いものだと思います。

・・・・・・・・・・

しかし、この世を苦しみぬいて生きてきたとしても清い皆様が待っている世界は

もっともっと感動的で想像も出来ないような素晴らしい

世界でもあるのですよ!

平成25年2月17日(日)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』N!!

今まで、この金子哲雄さんのように自分の生死を最期まで極力冷静に見届け、

それを世間に公表するという著作は稀だとも思います。

それを可能にしたのは人生を共に過ごした奥様の協力の賜物だと思います。

二人で共に生死の境をさ迷い、体験したことに嘘はないと思います。

・・・・・・・・・・

8月22日以降、生と死の狭間に生きる金子に寄り添い、私も共に生きることで、感じ

たことがあります。「死」は、決してゴールではない、ということです。

金子は、生きることと同じように、死に対しても一生懸命に取り組みました。自分の

終わりを意識して、死後の始末をしていたのとは、ちょっと違います。

「雅(子)ちゃん、生きることと死ぬことって、やっぱり同じだよな」

最後の1ヶ月、金子はよくそう言いました。

併走していた私も、それに共感できました。うまく言葉にできないのですが、金子と

ともに、懸命に前に進んでいるうちに、金子はあの世側に移り、私はこの世側に残った、

という感覚なのです。

平成25年2月14日(木)

(天 気)曇り

今のところ元気で過ごしております!!

金子哲雄さんは大変な病気になり41歳という若さでこの世を去りました。

私は今のところ元気で過ごしています。

・・・・・・・・・・

金子さんは最悪の状況を精一杯生き抜いた立派な人物ですね。

私も若いときに彼のような病魔に襲われなかった事を感謝するのみです!

・・・・・・・・・・

現在、私は体のために医薬品は一切使用していません。

友人知人に聞いても殆どの方々が病院に通い、薬を飲んでいます。

医薬品は病気に効く範囲内で薬であり、その以下では何の役にも立たず

役に立たないところか、長期間服用すると大きな副作用をもたらします。

そして、必要以上を服用すると、有害な毒になるという認識を

持つ方も殆どいませんね。

・・・・・・・・・・

中村仁一著「死ぬならがんに限る」

近藤誠著「医者に殺されない47の心得」

これらの著者は現役の医者であり、有名な大学の医学部出身者です。

・・・・・・・・・・

現在の大病院の多くの医者は患者の顔を見て

診察をしないと言われています。

カルテだけで無表情に診察?するのです。

・・・・・・・・・・

病気になると高額な医療費を請求されます。

3割と言っても、それが払えずに四苦八苦(七転八倒)する人々が激増しています。

例えば、社会保険(国民健康保険)費を滞納していた場合、高額治療の

救済の(兎に角、10割を支払う。何ヶ月後に、差額を援助してもらうことになりますが、

その何ヶ月が大変なのです。)

適用は拒否されます。即ち、病院から月額100万円を請求されたら

それを支払わなければ、時と場合によっては命の保証はないということになるのです。

家族にも精神的、肉体的、金銭的に莫大な負担を掛けることになります。

それを防ぐには何としても病気にならないようにする。

医薬に頼らないで健康を保持する術を持たなければならないと

私は以前から覚悟して生活しているのです。

平成25年2月13日(水)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』M!!

最後に−

自分をこの世に誕生させてくれた両親に、「産んでくれて、ありがとう」と伝えます。

おじ・おば、友人、知人、所属事務所、IGTクリニックの堀進一先生、堀篤史先生、

野崎クリニックの野崎秀樹先生、

医療コーディネーターの嵯峨崎泰子さま、セレモニーみやざきの宮崎美津子社長、

心光院住職・戸松義晴師、

(途中略)皆様ありがとうございました。

なんだか、最期のメッセージが淡白で、色気のない文章になったことを、お詫びしたい。

                                       金子哲雄

・・・・・・・・・・

あとがき

10月8日のことです。

金子が先に逝ってしまってから約1週間が経っていました。

ちょっとした買い物をしに、近所のイオンに出かけたら、アーモンドピークがゴール

デンゾーンに並んでいました。

「ああ、これを食べたがっていたな」

並ぶチョコレートを見た瞬間、これまでの人生で感じたことのないほどの悲しみが襲

ってきました。

あんなに食べたがっていた夫は、もうこの世にはいない。

大声をあげて泣いたのは、金子の病気が発覚してから初めてだったと思います。

こんな悲しみがずっと続いたら、どうしたらいいだろうと思うほど衝撃的でした。

これを一生続けていくのかと思いました。

                                        金子雅子

      

平成25年2月12日(火)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』L!!

葬儀の準備を自分でするなんて、あまりにも淡々と自分の死を受け止めているように

思えるかもしれないが、がん宣告のあとは、動揺が続いた。ここまでの気持ちになるま

でには、ずいぶん時間がかかった。

高野山大学に入学したのもそのせいだ。

・・・・・・・・・・

治せない病気なら、自分が治癒第1号になればいい。そんなことも考えた。しかし、

それが叶わないことも頭のどこかでわかっていた。奇跡は起こらない。もうだめなのだ。

死は、確実にそこまで来ているのだ。

がん宣告後の1週間は、ひたすら泣いた。しまいには、泣いていることさえ、わから

なくなるほどだった。

・・・・・・・・・・

姉ふたりと弟は幼いころに亡くなっている。弟が、病室で、無数の管につながれている

姿が、今でも頭の中に鮮明に残っている。初めて嗅いだ「死」のいおいだった。4人姉

弟で育ったかもしれなかった私は、ひとりっ子として大きくなった。

母は「この子だけは死なせてはならない」という思いで育てたのだろう。食事は必

ず手料理、レトルト食品や化学調味料はNGだった。

・・・・・・・・・・

ハードな生活をこれだけ送っていても、まったく問題がない。自分は死なない。自分

の代わりに姉弟たちが亡くなっている。自分は、天国の姉弟たちに見守られて

いる。だから大丈夫なんだ。どこかでそう思い込んでいた。・・・

1日16時間以上働いた。労働時間ならば2人分。中身の濃さなら、4人分以上

働いているという自負があった。

だがそれも、もう叶わない。

41歳−姉弟たちに比べれば、自分は長生きしたのかもしれない。

平成25年2月12日(火)

(天 気)晴れ

温かいコーヒー!!

自宅から徒歩5分の場所にコーヒーで有名な「ゴッホ」という喫茶店があります。

世界中のコーヒーが揃っているので愛好家がよく訪れるようです。

店の前によく車が停まっているのを見かけます。

私も数年前は良く行きました。

何故行かなくなったかは覚えていません。

家で飲むインスタントコーヒーで満足しているのかもしれません。

コーヒーの他に飲むものがあるからかもしれませんね(笑)

平成25年2月11日(月・祝)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』K!!

心光院は、小さいお寺で仰々しいところが一切ない。そこも気に入った。

金額も、検討していた麻布十番のお寺の約半額で、おかしな言い方かもしれないが、

サービスもいい。私達だから、ではなく、元々が安かったのだ。宗教でお金儲けをし

ているわけではない、というご住職の信念がそこにうかがえた。

大変立派なご住職でいらっしゃるにもかかわらず、私のような若輩者に頭を下げら

れ、宗教者として是非その死生観を教えていただきたいとまで。その姿勢に、私のほう

こそ深く感動させられた。最後の最後に、こんな素晴らしい出会いが続くなんて、本

当に恵まれていると思う。

平成25年2月11日(月・祝)

(天 気)晴れ

スカイツリーまで散歩!!

午前10時頃家を出て、スカイツリーまで歩きました。

言問橋(在原業平ゆかりの橋)を渡って、大きな交差点を過ぎたところにあるお寺は

増上寺、寛永寺とならぶ江戸三大寺院だそうで

かの篤姫も信仰した日蓮宗のお寺です。

門前で熱心な女性が著名な人物のお墓参りもできますと誘われました。

今日は参りませんでしたが、随分熱心だなと思いました。

今日はソラマチの魚屋さんに美味しいメカブがありましたので買いました。

帰りはパイクで走る道を通りました。

帰宅すると9500歩以上になっていました。

・・・・・・・・・・

午後は浅草ロックスの書籍売り場にバスで出かけました。

目的の本はありませんでしたが、他の売り場も見物しました。

帰宅すると12700歩でした。約10キロメートル歩いたことになります。

平成25年2月10日(日)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』J!!

危篤状態に陥った翌日の8月23日、葬儀社の方を自宅に招いた。門前仲町の葬儀社「セ

レモニーみやざき」の宮崎美津子社長と高木健次常務だ。偶然とはいえ、病院も同じ区

内、葬儀社も同じ区内と、最後も地域の方々に支えてもらうことになった。

・・・・・・・・・・

地方の方は、通夜にも告別式にも、なかなか来られないだろう。わざわざ来ていただ

くのも心苦しい。

だから妻には、「感謝の全国キャラバン」を頼んだ。

お世話になった方々を訪ねて、その近所でお礼の食事会。すでに招待リストと店の指

定まで終え、その予算も出した。勿論、代理としておこなってもらう妻の移動費も計上

済みだ。

・・・・・・・・・・

心光院は、もともと増上寺の別院だったお寺で、増上寺と同じく、東京タワーの足下

にある。自分では行けないので、妻に下見に行ってもらった。

「まさにあなた好み。あそこなら、きっと気に入るわよ」

妻のひと言で、迷わず決めた。

平成25年2月10日(日)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトの登録審査会!!

年に一度のボーイスカウトの登録審査会が浅草田原町の清光寺で行われました。

特に今年から登録の手順が大きく変更されましたので、皆さん戸惑う事も多かったと思います。

でも、ボーイスカウトの精神で結ばれた仲間は臨機応変、見事に対応できました。

正午から夕方までかかりましたが、充実した時を過ごすことが出来ました。

といっても私は殆ど見ていただけで、我が団の若いリーダーが手際よく

対応してくれました。感謝しています!!

平成25年2月9日(土)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』I!!

私がこの金子哲雄著の「僕の死に方」に拘るのかは最後まで読んで理解して下さいね。!

・・・・・・・・・・

あとで聞くと、ほとんど死にかけた8月22日の状態からなぜ息を吹き返したのか、医学的には

説明が難しいそうだ。

今日までにも3回、これがお迎えではないかと思われるものが来ている。

ある時は亡くなった知人が現れ、ある時は制服のようなものを着た人物があらわれた。

妻によると、私が薄ぼんやりとした中で、“お迎え”と会っている時、彼女も部屋の片

隅に何かの気配を感じたという。それでも連れて行かれないのは、やり残していること

があるからだったのだろう。

やり残したことはわかっていた。

死んだあとのことだ。

賢い選択、賢い消費をすることが、人生を豊かにする。

自分が何度も口にしてきた台詞だ。葬儀は、人生の幕引きだ。これも含めて、人生な

のだ。その最後の選択を間違えたくなかった。

平成25年2月8日(金)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』H!!

・・・・・・・・・・

どうやら、これが引き金になったようだ。校正作業が終了し、達成感を得たことによ

り、「ひとつの仕事を終えた」という安心感が芽生え、気持にゆるみが出たのかもし

れない。がくっと気力と体力が落ち、なかなか上げることができなかった。

8月22日午前7時過ぎ。突如、胸が苦しくなり、いつもの呼吸とはまったく違う状態

に陥った。慌てて妻を呼ぶ。

「もう、だめだ」

最悪の事態を覚悟得る。

しかも、その日の午後は、25日収録予定のフジテレビ「ホンマでっか!TV」の打ち

合せと、読売新聞の取材が予定されていた。

妻はすぐに嵯峨崎さんに連絡し。取り急ぎの応急措置を尋ね、到着を待った。同時に事

務所のMさんにも連絡し、現状を報告してくれた。

その日のことは、それ以上、記憶にない。

平成25年2月8日(金)

(天 気)晴れ

寒いですね!!

今日は本当に寒いですね。大変冷え込んでいます。

バイクで仕事用の用品を買いに出かけましたが、寒かったです。

ところで、3月16日には今一ゴルフのコンペがあります。

このところ中断している素振りをそろそろ再開しようと思っています。

もういい加減ブービー幹事はしないように頑張ろうと思います。

勿論、優勝しての幹事なら何度でもやりたいですが、

優勝できるような状態ではないのが残念ですが(笑)

平成25年2月5日(火)

(天 気)曇りれ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』G!!

・・・・・・・・・・

ただ、なんとかお願いして「女性セブン」の連載だけは、事情を話し、命が続くギリ

ギリまでやらせてもらうことになった。

女性週刊誌は販売部数、芸能スクープなど競争が激しく、雑誌の中で最も厳しい環境

にある。その中に身をおくことで、自分自身の生きるテンションを保つことができるの

ではないか。仕事こそが生きる「よすが」だった。体力的につらいことはわかってい

るが、そんなことは二の次だ。

その一方で、私は「死の準備」を進めた。

公正証書遺言、葬儀、戒名・・・。やらなければいけないことは山ほどある。8月8日

には、勇気をもって高校の同級生でもある弁護士のR先生に電話。現状を伝え、公正証

書遺言を作りたい旨を伝えた。

平成25年2月7日(木)

(天 気)晴れ

手製の除雪具!!

昨日は結局雪は積もりませんでした。

手製の除雪具は使いませんでしたが、来年のために保管しておきましょう。

・・・・・・・・・・

こんなのんきなことを言っていますが、北海道、裏日本、東北地方は大雪です。

皆さん日々雪下ろしなどで大変な労力を費やしていることでしょう。

春が待ち遠しいですね。

平成25年2月5日(火)

(天 気)曇りれ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』F!!

改めて、2012年の5月、6月、7月のスケジュールを見直してみると、ロケ、オペ、

東京・大阪の番組のスタジオ出演、ラジオ出演、雑誌取材などの仕事が少しずつ

減っている。

この頃は、体が動かなくなってくる感覚が高まるにつれ、

「いつ、仕事ができなくなるかわからない」

という不安にさいなまれていた。

1秒でも長く、社会と関わっていたい。社会との関わりをなくした瞬間に病状が悪化

し、そのまま死んでしまうのではないか。

気持ちばかり焦るが、しかし体は言うことを聞かない。

移動する体力も惜しくなった私は、野崎クリニックに行くことを諦め、自宅での往診

にしてもらった。

朝は6時におきて、妻と話してから、またもう一度寝る。ラジオをつけてニッポン放

送を聞きながら、9時から10時の間に起きる。トイレに行ったあと、入浴。体が脂ぎっ

ているのがいやなので、どうしても入浴はこまめになる。通常は、朝晩2回のシャワー。

シャワーの後は、テレビのニュースを観たり、うとうとしたり。

野崎先生が来てくださると、なぜか元気が出た。

何を話したわけではない。でも、話を聞いてもらっているうちに、萎えかけていた気

力が蘇ってくるのだ。

・・・・・・・・・・

自分が、名のある大病院をえらばなかったのは正しい選択だった。

・・・・・・・・・・

人生の最終コーナーに向かう中、自分のしたいことをし、さらに心温まる医療サービ

スを受けられたことに、感謝したい。

いったい自分にどんな恩返しができるのか。今はそのことばかりが頭に浮かぶ。

平成25年2月7日(木)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』F!!

痛み出したのは、骨盤の仙骨と腸骨という骨だった。(骨は痛みを感じません。

骨の周りの骨膜が痛みを感じるのです。・・・市川)

費用は健康保険は利かないので1回180万円かかるIMRT治療を行った。

効果はてき面で1回の放射線照射で痛みは消えた。

だが、それだけでは足りない。

同時に、これ以上の転移を抑える治療を並行して行わねばならなかった。

仕事に逃げているつもりはなかったが、テレビ、ラジオ、雑誌取材、講演会など、

以前にも増してスケジュールを組み込んだ。

今にして思えば、ちょっと働きすぎたのかもしれない。

その報いはすぐに訪れた。体調が悪化し、肺気胸と診断された。

平成25年2月5日(火)

(天 気)曇り

銀行まで歩いて!!

午前中は仕事がなかったので、時間がありますので銀行まで歩いて行きました。

帰りに浅草寺の向かい側の「アンデス」という店で美味しいアンパンを買いました。

帰ってから歩数を確認しましたが、約4500歩でした。

今夜から明日にかけて雪が降るという予報が出ました。

あり合わせの板をカットして雪かき用の用具を作りました。

我ながら上手く出来たと思いますよ。

今日はうなぎの「筑波屋」さんで会合があります。

楽しみです!

平成25年2月3日(日)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』E!!

妻は、広告制作会社で仕事をしていた。年末ともなれば、締め切りの関係で、忙しい

のはお互いさまだ。自分の仕事に、妻までも巻き込んでしまい申し訳ない気持ちでいっ

ぱいだった。

そればもこの年末は、治療の成果が出ていた。

8月の段階で、9センチもあった肺の腫瘍は、ゲートタワーIGTクリニックの血管

内治療のおかげで、12月には3センチ以下まで小さくなっていた。ひとまずのところ、

気管圧迫による、いつ死ぬかわからないという状態は免れることができた。

「これで、病気と共生できる」

私はつかの間ほっとしていた。

ところが、思い知らされたのだ。私の肺カルチノイドに転移があるということを。

平成25年2月3日(日)

(天 気)晴れ

スカイツリーまでの散歩!!

昨日と違って気温は10度も低くなり、空気は冷たかったのですがスカイツリーまで

歩きました。

帰ってから歩数を確認しましたが、約9500歩でした。

ソラ街の海産物店で好きな「メカブ」を買いたかったのですが、

今日は置いてありませんでした。

そこで、1パック150円の切り昆布生食用と1パック315円のこんぶちりめんを

購入しました。

私は海藻類が大好物です。

昆布ちりめんはふりかけ、おむすび、お茶漬け、チャーハン等に最適ですね。

今日は年間パスの水族館には行きませんでしたが、

近々行ってみたいです。

平成25年2月2日(土)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』D!!

自分は仕事でここまで生かされてきたのだ。だったら、最後まで仕事をしよう

いや、していたい。

仕事と治療の両立。それが、

今までの仕事量の中に、オペや通院を組み込まなければならなくなったので

むしろ以前より忙しくなったかもしれない。

・・・・・・・・・・

東京のニッポン放送、大阪の朝日放送、大阪のラジオ、雑誌の電話取材、

東京のスタジオで『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)、東京の日本テレビの情報系番組のロケ等々

・・・・・・・・・・

仕事は精神面ではプラスに働いた。仕事をしているときは、集中しているため、

病気のことをを忘れることができたのだ。

・・・・・・・・・・

いろいろ言う人はいるだろう。でも、私には仕事がすべてなのだ。

生きがいなのだ。仕事をすべて降板し、治療に専念したら、

自分が自分でなくなってしまう気がした。

・・・・・・・・・・

おかしな言い方だが、末期がんとわかって以降、仕事の喜びが増した。

平成25年2月2日(土)

(天 気)晴れ

暖かい日差し!!

今日は非常に暖かいです。日差しがあり、風もないので春のような陽気になりました。

午後1時には車のコーティングも終了しましたので、夕方寒くならない内に川沿いの散歩に

でかけようかと思っています。

やはり、人間は動物ですから動かなければいけませんね。

『足首トントン健康法』も継続しているので、病気にならないのが

あり難いです。

最近は弱目のトントンを日に左右1000回実行しています。

夜、トイレに起きるのも1回で済むようになりました。

病院で治すのは大変ですが、完治はしません。

私は自然療法で七八割、改善すれば年齢者には上々だと思います。

完治はしなくても余計な薬で身体に負担をかける

ことを考えれば本当にあり難いことだと感謝していますよ!!

平成25年2月1日(金)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』C!!

この血管内治療の第一人者の堀先生のゲートタワーIGTクリニックは

関西国際空港に近いりんくうタウンにある。

堀先生の第一声を私は忘れない。

「咳、おつらかったでしょう」

私の顔をじっと見て、患者の立場になって声をかけてくださったのだ。

その瞬間、私は号泣していた。

大学病院や専門病院では、患者ではなく、「モノ」として扱われていたような気持ちだった。

医師は患者より、カルテに書いてある病名や症状を相手にしているような気がしていた。

・・・・・・・・・・

事実上死を宣告されたに等しい私にとって、これまでの病院の対応は、正直、つらかった。

でも、堀先生は明らかに私を「人間」として扱ってくれたのだ。

・・・・・・・・・・

第一回の手術は1時間半。

術後、堀先生から「イメージ通りのオペができ、経過も順調ですよ」報告を受けた。

その後、30日から45日おきに、オペを積極的に行っていく方針が決まった。

・・・・・・・・・・

妻や周囲からは「仕事はセーブしたほうがいい」と言われていた。

オペが上手くいったからといって、完治するわけではない。いつ、危篤状態に

陥るかわからないというのが、私の体だった。

仕事は極力セーブしていくほかないと考えた。

オペの後、死生観を学ぶために真言宗の総本山にある高野山大学大学院を

受験し無事に合格することができた。

平成25年1月31日(木)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』B!!

彼の病気は肺カルチノイド発症は10万人に1人という。

その中でも特殊な組織型というもので殆ど症例がなく、およそ数千万人に1人という

発病率だという。

ガンの標準治療である、外科手術、抗がん剤、放射線、どれも対応不可能という。

9センチの腫瘍が肺にできていて、それが気管を圧迫し、いわば窒息寸前の状態だった。

病院をハシゴしたがどこも結論は同じ。

症状の進行を遅らせることしか打つ手はない。

翌日に疲れを残さない寝方や野菜中心の食事療法。

妻の雅子さんも仕事を持っていたが全面的に彼の闘病生活を支えた。

一縷の望みを「血管内療法」にかける。

太ももからカテーテルを入れ、肺の腫瘍につながっている欠陥に塞栓剤を注入し

栄養分を腫瘍に流さないようにすることで腫瘍を壊死させる療法。

平成25年1月29日(火)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』A!!

以下に目次の言葉を記してみます。

プロローグ

第1章

 流通ジャーナリストと名乗って

   数字の勉強はやめる・・・・・高2の決断

   石の上には1年でいい・・・・・腰掛会社員生活

   喜んでくれたオーナー社長・・・・・講演会で生活を

第2章

 昼も夜も時間が足りない

   一致した「嫌い」・・・・・妻が最初の視聴者

   女性週刊誌からテレビへ・・・・・競争相手の少ない世界

   お刺身3点盛り398円・・・・・スーパーが「経済の先生」

   「お金をかけずにデート」・・・・・アイドル並みの過密スケジュール

第3章

 発病。あふれてしまう涙

   9センチの腫瘍・・・・・病院で門前払い

   「咳おつらかったでしょう」・・・・・仕事と治療と

   泣き続けた4日間・・・・・転移

第4章

 最後の仕事は死の準備

   長びく肺炎・・・・・最後のラジオ出演

   東京タワーの足下に・・・・・葬儀の準備

   正しい死に方を学ぶ・・・・・高野山大学大学院へ

エピローグ 生涯無休

あとがき 「これは金子が用意した“スタート”です」

             ・・・・・夫と併走した500日 金子雅子

会葬礼状

平成25年1月28日(月)

(天 気)晴れ

金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』!!

三男から借りた金子哲雄著『僕の死に方・・・エンディングダイアリー500日』は

実に衝撃的な書物でした。

     ・・・表紙の言葉・・・

      突然の余命宣告。

      絶望の中でやがて彼は

      『命の始末』と向きあい始める。

      その臨終までの道程は

      とことん前向きで

      限りなく愛しい。

      これは41歳で急逝した

      売れっ子ジャーナリストの

      見事な死の記録である。

平成25年1月26日(土)

(天 気)晴れ

五木寛之著『幸福な最期』を選ぶ力!!

独特の髪型で若々しい五木寛之氏も80歳になりました。

驚くことに、彼は独自の健康法を持ち、戦後一度も健康診断や人間ドックを

受けたことがないそうです。

終戦は昭和20年即ち、1945年ですから68年間ということですね。

現代の人々は何かというと直ぐに医薬に頼るので、全く信じられないかもしれません。

・・・・・・・・・・

その彼が80歳になり、自分の死を強く意識するようになったのも頷けることです。

週刊文春に彼が述べていることを以下に記します。

・・・・・・・・・・

人生の去り時を自分でプランニングする。

幸福な最期を選ぶ力が必要になる。

では、我々にとって良き選択とは何か。私は、ナチュラルな生と死の在り方

こそが大事なのだと感じています。

同様の声はここ数年、特に臨床を重ねた町医者や老人ホームの医師などから、

澎湃として起こっています。(中略)

これは何千という例を診てきた臨床医の一致した意見ですが、

人間は末期に水や食料を摂らなければ、ほとんど苦しまずに

枯れるように死ねるそうです。

栄養を与え、人工的に呼吸を増進させることで、この世を去らんとしている

生命と科学の力との葛藤が起きる。

そこで人は苦しむのです。

・・・・・・・・・・

末期ガンでも『延命治療』で苦しむのですね。

我々の子供の頃は、在宅で死ぬのが普通でした。

今は、在宅で倒れると救急車で運ばれ、

否応なしに医薬の世界に引きずり込まれてしまうのです。

・・・・・・・・・・

このような現実を若いうちから認識し、自分の人生の去り時をプランニングする必要があるのですね。

平成25年1月25日(金)

(天 気)晴れ

千束通りの小さな本屋さん!!

昼前に千束通りにある『丸重(マルジュウ)』に買い物に行きました。

歩いて出かけたので帰りもゆっくり商店街を探索しながら歩きました。

小さな本屋さんがあり、新刊本を見ました。

少ない品揃えですが、店主が私の好みの本を並べていました。

正確な題名は違っているかもしれませんが、

 ☆『薬が病気を引き起こしている』☆

この本は人間の持つ自然治癒力を生かさない現在の医療が却って

病気を治さないばかりか、病気の原因をつくっているという内容です。

 ☆『ブラックホールで死んでみませんか』☆

地球や宇宙、そして人体の謎は深く、我々が想像もできない現実の世界が

存在するという内容の本です。

・・・・・・・・・・

どちらも安価な本ではなかったので今日は買い求めませんでしたが、

是非読んでみたい本ですよ!

我々の知っている世界は実在する世界のほんの一部だという認識を持つ

人間は本当に少数派なのではないかといつも思っています。

平成25年1月23日(水)

(天 気)晴れ

行き場の無い患者-老人漂流社会-A!!

NHKの深夜番組で放映したこの『老人漂流社会』は再放送されました。

結局この老人は生活保護を受け、介護施設に入ることが出来ました。

しかし、病院に入らなければならないような病気になった場合は

ここには居られない事になってしまいますので

又、次の受け入れ先を見つけなければならないのです。

こうして老人は居場所を見つけて転々と漂流しなければならないのです。

何年か前に亡くなった奥様と住んでいた

都営アパートを引き払い、遺骨も寺に納めることもなく

家に置いたままになっていました。

その遺骨とわずかな思い出の品を持ち

役所の職員と車椅子でその場所を去る

老人の目から流れる涙は、見ていてもやるせないものでした。

このような老人を迎える費用の安価な施設の不足は

目に余るものがあると思いました。

・・・・・・・・・・

空き家が目立つ都営アパート等の活用が

急務となっていると感じました。

・・・・・・・・・・

又、我々もそうならない前に健康には十分留意して

備える必要があります。

・・・・・・・・・・

そして、死生観についても明確にしておくことも大事ですね!

平成25年1月23日(水)

(天 気)晴れ

行き場の無い患者-老人漂流社会-@!!

テレビの番組で入院先を転転とする88歳の男性をレポートしていました。

受け取っている年金が月に7万円弱なので、介護施設も長期滞在を受け入れることができない

ようです。

1ヶ月で滞在先が変わることに、この男性は『どうして動かなければいけないのでしょうか?』

と言いました。

この患者に対して、終末期治療の希望を役所の職員が聞き取り調査しました。

『死の間際まで、最善の治療をしてください。』即ち胃ろう(口から食べられなく

なった時は、管で直接胃に栄養分を注入する措置)も希望していました。

・・・・・・・・・・

そうすると益々、この男性の受け入れ先は難しくなります。

この先どうするのか、大変気になりました。

平成25年1月20日(日)

(天 気)晴れ

ボーイスカウト台東第一団の新年会!!

夕方、今戸の美味しい『鮨勝』さんで台東第一団の新年会が行われました。

スカウトの父兄も参加して下さいました。

育成会長、団委員長の挨拶で始まりました。

寒いので、牡蠣などの入った鍋料理も良かったですね。

各隊長の今年の抱負も語っていただきました。

育成会で用意したビンゴゲームも盛り上がりました。

閉めの挨拶の前にカブスカウトが新年会の感想を俳句にして

発表してくれました。カブ隊長がいつも俳句をつくることを指導しているのです。

・・・・・・・・・・

最後にボーイ隊の副長の三本締めで楽しい新年会は終了しました。

とても良い集いでしたね!(満足)

平成25年1月15日(火)

(天 気)雪

昨日はかなり雪が降りました!!

都心でも7センチも積もったので、家々の屋根は白い雪化粧をしましたね。

昨日の夕方も店の前を雪かきしましたが、近所の皆様も今朝は本格的に除雪作業を

していました。

夕方、三男が雪だるまを作りました。

年に一度あるかないかの積雪ですので、楽しむ心はとても良いと思いました。

夕方4時頃、用事があり、バイクで出かけましたが、大通りは全く積もっていませんでした。

何となく楽しい一日でしたよ!

平成25年1月12日(土)

(天 気)晴れ

先輩は信じて続けてくれました!!

12月始め頃、足元がおぼつかないような印象のある先輩に思い切って

『足首トントン健康法』を教えました。

今月の10日に集いがありましたが、以前よりしっかりした感じになっていました。

・・・・・・・・・・

先月に『これは病院では治らないと思いますよ』と私が言うと

先輩も『病院では治りません』と発言されていました。

1ヶ月少しでかなり効果があったようです。

このままずっと継続していれば非常に良くなると思います。

あまり親しくお話をしたことがない先輩なので勧めるにはかなりの勇気が必要でした。

でも『仲間だからお話するのですよ』というと

とても嬉しそうに『必ず続けます』と言われたので、私もほっとしました。

平成25年1月9日(水)

(天 気)晴れ

桜宮高校バスケット部顧問の暴行事件!!

大阪市立桜宮高校バスケット部の顧問による暴行事件は教育現場の欠陥が明確になっています。

酷い暴行を受け、自殺したキャプテンの生徒に対し、顧問のみならず高校はどう責任を取るのか。

責任感のあるこの生徒の悲惨な死はどうにも納得できません。

・・・・・・・・・・

多くの現在の日本人が戦前の教育での体罰が今も影響し、残っていると述べていることは

全く間違っているのですよ。

終戦後の教師の多くは、現在の教師のように学力が劣っていたかもしれません。

しかし、人間的には非常に優れていました。

自身は優れているなどという認識は持っていなかったと思います。

・・・・・・・・・

例えば、今回のような体罰は全くなかったと明言出来ます。

即ち、手を上げる教師は全体の一割にも満たなかったですが、

手を上げる教師は教育的な見地から

行っていたので、叩き方もよく考えていました。

感情的に行うと、鼓膜等を損傷したりしますので

そのようなことはしませんでした。

・・・・・・・・・・

そして、一番違ったことは叩くのは一発かニ発でした。

今回のように何十発も殴るのは教育でも何でもありません。

感情に任せた憎しみからとしか判断できません。

これは犯罪です。

かなり以前、高校の修学旅行にドライヤーを持っていったことに腹を立て

生徒に殴る蹴るの暴行を加え死亡させた事件についても同じコメントを述べています。

・・・・・・・・・・

叩いたのはどのような時だったか、一番印象に残る事例を述べます。

遠足に行き、田んぼのような所を歩きました。

一部の生徒が、先生に言われた道ではなく、

他の道を歩きました。

10人位いたと思います。

私は誘惑に駆られましたが、止めました。

生徒が来ないことで、先生はしばらく待ちました。

横道に反れた生徒がやっと追いついて来ました。

先生は、その生徒を並ばせ、一人ニ発叩きました。

・・・・・・・・・・

道をそれることで、思わぬ事故にあう可能性があるからです。

・・・・・・・・・・

これは誠に正しい教育的な措置だと思います。

それに比べ、桜宮高校のバスケット部の顧問には

生徒に対する正しい教育も無ければ、愛情も無いと断言できます。

・・・・・・・・・・

又、この生徒の親も子供を有名なスポーツ選手にすることを最優先し、

結果的に子供の生命をないがしろにしたといわれても仕方がないのではないでしょうか。

平成25年1月8日(火)

(天 気)晴れ

暖かい日差し!!

今日は風も無く暖かい日差しが嬉しいですね。

お年始も無事終了しましたので、一安心しました。

お得意様も本格的に仕事をなさっているようではありませんでした。

新年に元気なお顔を拝見しただけでも良かったですよ!

平成25年1月7日(月)

(天 気)晴れ

お年始A!!

5日はまだ仕事始めになっていないお得意様が多く、今日もお年始に出かけます。

体調も良く、気持ちの良いご挨拶ができることと思います。!!

バイクで心地よい風を受けながら走るのも爽快ですよ(笑)

平成25年1月4日(金)

(天 気)晴れ

早くも4日になりました!!

明日はお得意様のお年始に出かけます。

今年も張り切ってがんばって行こうと決意しました!!

皆様、本年もどうぞ宜しくお付合い下さい。

平成24年12月29日(土)

(天 気)晴れ

年賀状!!

去年は早くに書き終えましたが、今年は遅れて今日になってしましました。

もう少し、余裕をもって年末を迎えるべきだと反省しています。

平成24年12月25日(火)

(天 気)晴れ

寒いですね!!

寒いですね、とても冷え込んでいます。

今日は振込みが何件もあり、朝銀行が開店する前から出かけました。

それにも拘らず多くの方々がATMの前に並んでいました。

何とか、家内から頼まれた分も含めて殆ど送金できましたので、良かったです。

このまま、暮れまで健康を守って頑張ってゆきます。

・・・・・・・・・・

もう少しでお正月になりますね!

平成24年12月18日(火)

(天 気)曇り

妻の腰痛!!

このところ妻の腰痛が悪化して自転車に乗るのもつらいというようになりました。

昨日お世話になっているマッサージの先生に電話してよく話して下さいとお願いしました。

さきほど帰宅しましたが、筋肉痛であまり動かないようにという指導があったようてす。

・・・・・・・・・・

私は幼児保育で一時間以上も幼児を抱くことが最大の原因だと思いますので、

何回言っても言うことを聞かない妻にはっきり言わねばならないと思ったのです。

平成24年12月15日(土)

(天 気)雨

静かな雨ですね!!

雨が降っています。

冬の雨にしては静かな雨という感じです。

気温があまり下がっていないので、外を歩いても気分がいいです。

・・・・・・・・・・

今日はこれからテニスの忘年会です。スカイツリーの見える言問橋たもとの『上総屋』さんで

行われます。

平成24年12月13日(木)

(天 気)晴れ

人生を終わりにする人々!!

この半年間で私と妻の関連で亡くなる人は多かったです。

69歳の男性、52歳の男性、91歳の女性、89歳の男性、75歳の男性等々です。

もっといると思いますが、今は思い出せません。

芸能界では中村勘三郎さんが57歳で亡くなりましたね。

・・・・・・・・・・

このように亡くなる方々の葬儀に参列された方々は、異口同音に

『あの世で、楽しく過ごして下さい』というようなコメントを自然に出されていますね。

私はこのような発言を真正面から捉え、来世の存在を確信するのです。

ごく上っ面の科学を盾に、来世を否定する考えを私は完全に否定します。

・・・・・・・・・・

しかし、来世をもう一歩踏み込んで捉えてほしいのです。

この世での行いにより、素晴らしい来世かそうでない来世かが決まるのです。

平成24年12月12日(水)

(天 気)晴れ

テニスの練習試合!!

昨日はテニスの練習試合がありました。

寒い所為か最初の1時間を4人で、後の1時間は新たに来てくれたKさんが

いましたので、4人で試合をすることができました。

踏み台から落ちて脚を痛めたり、身体の不調で出られない

メンバーがいるからです。

元気にプレーできることは幸せだと思わねばなりませんね!

平成24年12月12日(水)

(天 気)晴れ

NHKレビの『放送大学』!!

最近のテレビは良い番組が少なく、特に民放はコマーシャルばかりで

ウンザリしていましたので、NHKの『放送大学』を観ることが

多くなりました。

認知症問題、過疎化対策、地理、歴史、科学、自然、政治、司法、裁判関連等々

あらゆる問題が放送されますので、いいですね

何より、コマーシャルがないのが最高ですよ!!

平成24年12月10日(月)

(天 気)曇り

ボーイスカウト台東第1団の餅つき・バザー大会!!

昨日は台東第1団の餅つき・バザーが近くの石浜公園で行われました。

同時に進入隊員募集を兼ねた催しも行いました。

売り場では、餅、焼きそば、フランクフルト、ポップコーン、ジュース、焼き鳥等々が

ありました。

又、カブ隊・ビーバー隊によるゲームコーナーもありました。

寒かったですが、晴れて良かったです。

準備に朝7時から、撤収は午後4時頃まで掛かりました。

でも、みんなの心が一つになって楽しかったですよ!

平成24年12月8日(土)

(天 気)曇り

パソコン接続不良!!

突然パソコンが不良になり、画面が開かなくなりました。

契約会社に電話しましたが、私では解らないので三男に代わってもらいました。

説明を良く聞いてくれて、無事繋がりました。

パソコンはなかなか簡単ではありませんね。

平成24年12月3日(月)

(天 気)曇り

ずっと続けていたようですA!!

ある会の会員の先輩が体調不良で最近あまり例会に出られなくなりました。

泌尿器系統に問題があると親友の先輩から聞いていました。

私は、思い切って一昨日トントンの本を持って先輩を訪ねました。

とても、喜んで下さったので良かったです。

今日奥様が来宅されて、お礼に信州のリンゴをいただきました。

本は直ぐに買い求めたということです。

恐らく息子さんがネットで注文したのではないかと思われます。

いつも朝三時頃になると奥様は起こされるそうです。

少し、脚も弱っているようですので、一人では間に合わないのかもしれません。

無理のない範囲内で継続してくださいと伝えました。

症状が改善されることを願っています。

泌尿器のみならず、血流や体液の流れを良くすることで

色々な病気の予防にもなると信じています。

平成24年12月5日(水)

(天 気)晴れ

仕事に熱中すると・・・!!

昨日の夕方お預かりしたお車は、車内クリーニングと外装のコーティングを依頼されました。

・・・・・・・・・・

今年で101歳になる聖路加国際病院の日野原医師は

仕事に熱中すると食事も忘れ、月に何回かは徹夜されてきたようです。

驚きですね。

それだけ仕事に熱中すると、疲れも忘れるのでしょうね。

私も今日はただただ仕事に熱中しました。

今日中には仕事は終わりませんでしたが、かなり進捗状況は良かったですよ。

大変嬉しいです(笑)

・・・・・・・・・・

それにしても日野原先生はすごい人物ですね!!

平成24年12月3日(月)

(天 気)曇り

ずっと続けていたようです!!

以前、近所の奥様から『色々な健康法をやっておられるようですが、何か主人に教えてください』

と熱心に言われて、足首トントン健康法を教えました。本もプレゼントしました。

ところが、一月も経った頃、本人が『こんなこと何時まで続けていればいいんですか?』

と言われたので、私はずっと続けてゆくつもりですと答えました。

その後、中断されていたようで、私も本を返してもらおうか考えていました。

・・・・・・・・・・

ところが、1日の食事会で実は続けていると話されました。

ここ一二ヶ月、彼の血色が良くなっているなと感じていましたが

一日何回も実行されていたようです。

メタボなお腹もスマートになり、ズボンを買い換えたと言っていました。

・・・・・・・・・・

本を返してもらいに行かなくて良かったと思いました。(笑)

平成24年12月2日(日)

(天 気)晴れ

映画『最強のふたり』を観ました。!!

今日は品川プリンスシネマでフランス映画の『最強のふたり』を観ました。

とても良い映画でしたよ!以前三男が推奨してくれた作品なので、是非観たいと思っていました。

朝、9時25分開演なので、8時半には家を出ました。

バイクの無料駐輪場もあり、映画館までのドライブもとても楽しいです。

・・・・・・・・・・

車いす生活を送る富豪と、彼の介護をするスラム出身の黒人青年という、

まったく境遇の異なる2人が深い友情で結ばれていく様を描き、本国フラン

スで大ヒットを記録した、実話がベースの感動ドラマ。

フィリップを演じるのは、セザール賞に輝くフランスの名優フランソワ・クリュゼ。

ドリス役にはコメディアンで俳優のオマール・シー。

私にはこのドリスが非常に魅力的でしたよ!

平成24年12月1日(土)

(天 気)曇り

ご近所の方々と会食!!

今日の昼食はご近所の方々と一緒でした。

荒川区三ノ輪にある会席料理の『木曽路』で行われました。

夫婦連れも含め全部で11名でした。

10名以上は送迎バスがあります。

夕方になると5000円以上の料金が2500円で済みました。

皆さん、美味しいと大変満足しましたよ。

2時間居られるのですが少し早く帰宅しました。

平成24年11月28日(水)

(天 気)晴れ

サプリメントの効用!!

京都大学医学部を卒業して、現在老人ホーム同和園付属診療所所長

の中村仁一医師が彼の著書の中で述べておられます。

・・・・・・・・・・

今、チャンネルをひねると、健康食品関連のコマーシャルが溢れています。

例えば、年をとれば減少するといわれる

コンドロイチン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コラーゲンなどです。

あれらを摂取しても、体内に吸収する段階で分解されてしまい、

あの形のまま、目的の場所に到達しないと考えられますので、

とうてい、効果があるとは思えません。

しかし、よく売れているようです。

老人ホーム入居者の家族も飲ませてほしいと

持ってきます。

胃瘻いろう(食物を噛んで飲み込む事が出来なくて、直接胃に流し込む措置)の患者にも

グルコサミンを注入してほしいと要望が出るくらいです。

・・・・・・・・・・

これは『鰯の頭も信心から』のたとえ

のようなものだとおっしゃっています。即ち、医学的には無効だということです。

優れた死生観をもつ現役の医師がこのように述べていることを

正面から捉える必要があると思っていますが・・・。

平成24年11月27日(火)

(天 気)晴れ

映画『北のカナリアたち』A!!

今日の朝刊に報知新聞映画賞の主演男優賞に高倉健さん、主演女優賞に吉永小百合さんが

選出されたというニュースが報じられていました。

嬉しいですね。

又、作品賞には『鍵泥棒のメソッド』が選ばれました。

私もこの作品は予想以上に面白かったです。

殺し屋が本当は依頼主が見ていることを計算して

血のりなどを偽装して、ターゲットを逃がしてあげる

というストーリーが面白かったです。

主役の男性二人とその恋人が良い味を出していました!

平成24年11月26日(月)

(天 気)雨

家の耐震について!!

私の家はかなり古い建物で、外見から見ると誰でも心配するようです。

家内の兄から『お前の家は古いから物が落ちてきて怪我でもしなかったか?』

という電話があったようです。

・・・・・・・・・・

でも私の家は天井裏には太くて、長い丸太が使用されています。

家は下も二階も多く仕切られていますので、天井が落ちる心配もありません。

一階の天井の梁は私が耐震補強をしています。

外装も以前に二重にしました。

又、東日本大震災後、家の中の家具に止具を付け、テレビ等と共に全てロープで

固定しました。

家具等の下敷きになる心配はありませんよ。

まだまだ、耐震補強は考えています。

私は危険な家に住んでいるとは認識していないと以前にも話してあるのですが・・・

平成24年11月25日(日)

(天 気)晴れ

映画『北のカナリアたち』!!

12時15分より上映の『北のカナリアたち』を観に、品川プリンスシネマに行きました。

昔からのフアンである吉永小百合さんが主演する映画です。

・・・・・・・・・・

途中のコンビニでおにぎりや暖かいお茶を買いました。

映画館前の坂道を登ったところに、無料駐輪場があります。30分前に着きました。

坂の途中にベンチが数脚ありますので、そこで昼食にしました。

・・・・・・・・・・

吉永小百合さんは今も健在ですね。先月の高倉健さんもそうでした。

我々も頑張らなければという気持ちにさせてもらいました。

・・・・・・・・・

湊かなえの小説を原案に、主演・吉永小百合、監督・阪本順治という

豪華組み合わせで描くヒューマンドラマ。

かつての教え子が起こした事件をきっかけに、

20年ぶりに北海道の離島を訪れた元小学校教師の女性が

生徒たちと再会し、心に閉じ込めていた思いを

打ち明けあう。

生徒の20年後の姿を森山未來、満島ひかりらが演じる。

平成24年11月23日(金・祝)

(天 気)曇り時々雨

床屋さんに行きました!!

中々機会が無く行けませんでしたが、今日は床屋さんに行ってきました。

稲荷町まで行くのですが、マスターと話をするのが楽しみで通っています。

夫婦でやっていますので、順番によっては奥さんと話をすることもあります。

二人とも気さくで楽しいですよ!

帰ってから同じ町会のラーメン屋さんに行きました。

味噌ラーメンと餃子を食べましたが美味しかったです。

食べているときに、母子とおばあさんが入ってきました。

私が左に席をずらしたので、三人並んで座れました。

帰るときに、わざわざおばあさんが礼を言ってくれました。

嬉しかったです。

帰りのバスは混んでいました。

赤ちゃんを抱えているお母さんが乗ってきたので

席を譲りました。嬉しそうに会釈をしてくれました。

今日も良い一日になりましたね。

平成24年11月22日(木)

(天 気)曇り

充実したお得意様主催のゴルフコンペA!!

コンペの後のパーティーで同伴でプレーしたFさんとお話しましたが、

たまたま長男がFさんと同じ会社でしたので、長男のことを話しました。

私が、昨日長男にFさんと一緒にプレーして楽しかった、

何よりもお人柄がよく、下手な私を励まして下さったり、

ポールも良く見てくださったことをメールしました。

今朝長男からメールがあり、Fさんから長男にわざわざ連絡があり、

私に宜しく伝えてくださいとおっしゃったそうです。

やはり、上に立つ方は心遣いが違うなと感激しました。

長男のメールで今日はすごく良い一日になりました。!

本当に有難うございます(嬉)

平成24年11月21日(水)

(天 気)晴れ

宗教は人々を不幸にする最大の勢力!!

『宗教は人々を不幸にする最大の勢力』のワードでヤフーさんで検索しました。

本日も私のブログの幸福論E、G、Aが136万件中、一番、二番、三番に記載されていました。

ヤフーさんに心から感謝しております。

皆様もどうぞ、深く読解していただきたいと願っております!

平成24年11月21日(水)

(天 気)晴れ

充実したお得意様主催のゴルフコンペ!!

昨日はお得意様のゴルフコンペが茨城県の『笠間ロイヤルゴルフ倶楽部』で

晴天の下行われました。

社長のお人柄もあり、7組の人々が集いましたよ。

成績は前半61、後半66で24位でしたが、成果はありました。

100ヤード前後のアプローチで直接グリーンにオンした(従来の私には無理)

ことも3〜4回ありました(嬉)

・・・・・・・・・・

ただ、クラブやスコアカードの置き忘れで同伴者や次の組の方々に大変ご迷惑をかけて

しまいました。

やはり、今までのゴルフに対するいい加減さが

そのようなことになるのだと大反省しました。

しかし、同伴者の方々は良いプレーの時にはほめて下さったり

ボールもよく見て教えて下さいました。

・・・・・・・・・・

ゴルフは自分のプレーばかり気にしているのでは良くないと思いました。

しかし、今までにないスイングの問題点も理解できましたし

これからも、家での素振りは振り方をよく考えて継続してゆこうと思います。

・・・・・・・・・・

主催者のお得意様の社員の方々の献身的なご奉仕により

楽しく充実したコンペに参加することが出来ました。

皆様、本当に有難うございました!!

平成24年11月19日(月)

(天 気)曇り

初めてのゴルフの練習C!!

今日、練習したところ全く変な感じになっており、当日どうなるのかと大いに心配しています。

そうですよね、そんなに簡単にマスターできるはずはありませんよね。(笑)

・・・・・・・・・・

昨日は本当に困ってしまって、以上のような弱音を吐きました。

しかし、何とか原因を考えてきました。

以前だったらもう諦めてただ当てるだけのスイングに戻すところですが、

今回は練習量が違います。

何とか、原因を突き止めました。

今朝早く、素振りをしましたが何とか良くなりました。

少し安心しましたが、現場ではどうなるか、まだまだ解りませんよ(笑)

でも、皆さんと楽しい一日を過ごすことだけは大いに期待しています(嬉)

・・・・・・・・・・

何とか、少しでも良い報告ができると最高なんですが?

平成24年11月18日(日)

(天 気)晴れ

初めてのゴルフの練習B!!

今日、練習したところ全く変な感じになっており、当日どうなるのかと大いに心配しています。

そうですよね、そんなに簡単にマスターできるはずはありませんよね。(笑)

どうしてこうなるのか、対応を考えましたが、未だによく解りません。

ゴルフは本当に難しいですね!!

平成24年11月17日(土)

(天 気)雨

次々に増える認知症患者!!

私の近所でも、次々に認知症患者が発生しているようです!

・・・・・・・・・・

私が予てから発言していますが、これは先進国では日本が際立っている現象なのですよ。

@まず、第一は余りにも医薬依存症の日本人が多いことです。(医薬のテレビPR等による宣伝)

 即ち、病院での治療や病院で供与される薬物を信じて使用している事による副作用が反対に

 我々の生存を

 脅かしている

 現実を我々は全く知らさせていないのですよ。

 こんなことを言うと大反論を受けることは覚悟していますが、私は病院での終末治療は断固

 断ります。

 これは家内にも話していますが、近々文書にして家族に残しておこうと思っています。

 私の今までの生き様を真っ向から否定する現在の医療体制に対しては大疑問であり、断固

 拒否するのが私の意志だからです!!

・・・・・・・・・・

 出来れば安楽に人生を終えようとする人々を医薬で何が何でも生かそうとする現在の医療

 体勢は誠に間違ってると私は信じているのです。

・・・・・・・・・・

 そして、現在このような間違った対応の医薬により真っ当な人生を終えることが出来ない人々が

 現代の日本に非常に多く存在する事実を皆様も疑問に思いませんか???

平成24年11月17日(土)

(天 気)雨

初めてのゴルフの練習A!!

お得意様のゴルフコンペが11月20日に行われます。

10月31日にご集金に伺った時に、事務所の女性が

『応援していますから、頑張ってください』とおっしゃってくださいました。

ド下手な私はとても嬉しく、その日から仕事が終わってから、素振りをしています。

・・・・・・・・・・

以上のようにご報告させていただきましたが、昨日まで素振りを継続しております。

何とか、当日に少しでも成果が出てくれることを願っています。

素振りは自分の努力だけでできますし、お金も掛かりません。

私には大変良い練習方法だと思っています。

以前はたかが、遊びと思って努力しませんでしたが、

101歳になる聖路加国際病院の日野原医師が

『挑戦するのに遅すぎることはない』とおっしゃられていること

も私を後押ししてくれています。

やはり、スポーツは心身ともに健康にしてくれるのかもしれません!

平成24年11月16日(木)

(天 気)晴れ

さだまさしのコンサート!!

昨日は夕方から大宮ソニックシティでさだまさしのコンサートを観に行きました。

三男が私と家内にプレゼントしてくれたのです。

私は初めての経験なので、とても興奮しました。

兎に角彼の歌は我々中高年にも胸に響きますね!

第一部は最近の歌を熱唱してくれました。

第二部はコミカルな構成になっていて、楽しませてくれました。

第三部は我々にも馴染みの歌を続けて唄ってくれました。

お話も大変為になるもので、納得し同感しましたよ。

生はいいですね!

命の洗濯になりました。三男に感謝しています!!

平成24年11月13日(火)

(天 気)晴れ

履物時代の最高のお得意様ご逝去!!

今日、自転車で家の前から少し進んだ家の前に回覧板が立掛けてありました。

K・Aさんのお名前を見て、履物時代の一番のお得意様だと解りました。

兎に角、売れない時に沢山買ってくださるあり難いお得意様でした。

89歳になられたようです。

明日のお通夜には出席させていただこうと思っています。

大陸の戦争に出兵し大変な苦労を重ねた男性です。

・・・・・・・・・・

南京事件の真相も彼から詳しく教えていただきました。

いわゆる従軍慰安婦については、馬鹿なと一蹴されました。

兵士は皆、金を払っていた。彼女等はそれに応じた売春婦だったとのことです。

彼女等の中には多額の財産を築いた人々もいたようです。

軍が衛生等を考えて施設の提供には協力していたことは事実のようです。

我々が平和な現在の価値判断で当時の日本軍人を侮辱することは不当だと思います。

・・・・・・・・・・

私が一番驚いたのは、

日本軍は中国を二分した勢力にそれぞれ加担しました。

即ち、一部では日本軍同志が戦ったという事実があったということです。

この事実は殆ど報道されません。

これは中国に限らず、東南アジアでもあった事実だということも話されました。

平成24年11月10日(土)

(天 気)晴れ

筑波山へ柿狩に行きました!!

腰痛の家内は翌日から一泊で福島県に民生委員の研修バス旅行があるので

留守番でしたが、私は近所の方々と筑波山へ柿狩に行きました。

三台の車に分乗して13名が参加しました。

私の近所の方々はとても仲が良いのでこのような活動もしています。去年も行きました。

・・・・・・・・・・

街道にある柿狩園ではなく、柿の木を沢山持っている農家で柿狩をするのです。

その場で食するのは何個でも無料にしてくれますし、

美味しい漬物や素朴なお茶菓子も作って出してくれます。

本格的な日本家屋で大きな土蔵も持つ立派な農家です。

・・・・・・・・・・

柿狩の前には山の上のほうにあるお店で美味しい日本そばも食べました。

とても美味しく、種類があり安い工場直売の豆腐店や野菜の直売所にも立ち寄って土産を買いました。

その後は谷和原の温泉に入りました。

夕方戻りましたが、楽しい一日でした!!

平成24年11月9日(金)

(天 気)晴れ

足首トントンの効用A!!

メタモル出版の『足首トントン健康法』西万次郎著には

様々な病気を大改善した方々の体験談が掲載されています。

そこには、皆さんが永年病気で苦しんで途方にくれたことが詳しく述べられています。

・・・・・・・・・・

ある時、家内の友人が訪ねて来られた時に、実際に私がトントンを実行して教えてあげました。

彼女は大きな病気もされた方で

とても熱心に話を聞いてくれました。

近くの書店に行きましたが、トントンの本を取り寄せるには何日も掛かるということで

ご子息に頼んでネットで申し込んだところ、翌日には届いたそうです。

その後、トントンの丸太状の物を届けましたが、

その時の彼女の顔色が非常に良くなっていたのには驚きましたよ。

彼女は素直に毎日実行されているとの事でした。

私も本当に嬉しかったです!

・・・・・・・・・・

ちなみに彼女は大病後、可視総合光線治療器も使用しています。

彼女のご親戚には優秀な病院の先生もいらっしゃるとの事ですが、

その先生も了解されているようです。

平成24年11月8日(木)

(天 気)晴れ

足首トントンの効用!!

膝の痛みは可視総合光線治療器と銭湯の電気風呂で殆ど治癒しましたが、

一部の膝の内側の筋肉に負荷がかかるとビリッとするものがありました。

普段は感じないのですが、そこに荷重がかかりすぎると痛みを感じるのです。

・・・・・・・・・・

足首トントンは膝に負荷がかかると思っていましたので、あまり熱心にはなれませんでした。

しかし、昨日思い切って左右で500回セットを3セット行いました。

本日になり、全く違和感が消失していることに気づきました。

本当に完治したわけです。

足首トントンの効用については鍼灸院や接骨院でも導入されているようです。

毛細血管が非常に活発になることにより

血流や体液の流れが著しく改善されるために、

様々な病気の予防になるのです。

勿論、病気の治癒や大幅な症状改善の効用も認められています。

平成24年11月7日(水)

(天 気)晴れ

初めてのゴルフの練習!!

お得意様のゴルフコンペが11月20日に行われます。

10月31日にご集金に伺った時に、事務所の女性が

『応援していますから、頑張ってください』とおっしゃってくださいました。

ド下手な私はとても嬉しく、その日から仕事が終わってから、素振りをしています。

今まで、こんなことは初めてです。

でも、頑張ります!

こんな気持ちになってのは本当に初めてです!

平成24年11月4日(日)

(天 気)晴れ

角の金太楼で同じ歳の方と話しました!!

今日は午後3時頃まで仕事がありました。

夕方、例の角の金太楼に行きました。

たまたま、私と同じ歳の方と連れの男性と隣り合わせになりました。

初めてお会いしたのに気さくに話していただきました。

ゴルフがお上手だということで話が弾みました。

何と、10月27日の今一ゴルフのコンペの会場だった『水戸レイクスカントリークラブ』の

会員さんでした。

・・・・・・・・・・

私は正直に『コースの手入れがよく、池が庭園のように美しかったです』と

話しました。

彼は会員権の暴落のことは話されましたが、楽しそうに私との会話を続けてくれました。

夕食の支度をして待っている家内がいるので、『帰ります』と言いますと、

『今度又、会いましょう。ゴルフの話を貴方としたいです』と

言ってくれました。

とても、いい気分で帰宅しましたよ!

平成24年11月4日(日)

(天 気)晴れ

昨日はもう一つ良いことがありましたよ!!

入谷南公園の広場祭には昨年も行きましたが、行く道を間違えました。

どうも通り過ぎたようなので、駐車場で車のトランクを開けて作業している

20歳代の男性に道を聞くことにしました。

『お忙しいところ申し訳ありませんが、入谷南公園はどこか知りませんか?』と尋ねました。

『ここは西浅草なので戻るようになりますね』

と言いながら、携帯のスマートフォンを出して検索してくれました。

とても扱いが上手でみるみる公園の場所を探してくれました。

『言問通りの○○寿司店の次の交差点を左折してしばらく行った所にあります』と

詳しく教えて下さったので、『ご親切に有難うございました』と礼を言って

公園に向かいました。

言われたとおりに行くと直ぐに人通りの多い公園に到着しました。

・・・・・・・・・・

とても嬉しくて彼に感謝しました。昨日は本当に良い日でしたよ!!

平成24年11月3日(土)

(天 気)晴れ

スカイツリー散策&みんなの広場祭!!

10時過ぎに歩いてスカイツリーに出かけました。

今日は三度目の水族館見学をしました。小さな魚が主ですがミズクラゲの生態も興味があります。

まだペンギンのアトラクションは見られませんでしたが、年間入場券を持っているので

今日はざっと見学するだけにしました。

ソラマチの例の築地の魚屋さんで『美味しいメカブ』と『豚の生姜焼き』『かぼちゃのチキン巻』を

買いました。(次男の嫁さんには届けませんでした。ゴメンネ)

・・・・・・・・・・

帰宅して午後になってから台東区入谷南公園で催している『みんなの広場祭』に

出かけました。

障害を持った人々とボランティアの催しです。

バイクを止めて公園に入ろうとした時に

『フランクは如何ですか』といきなり若い男女に声を掛けられました。

1本100円でしたが、美味しかったです。

お腹が空いていたので、『混ぜご飯』『味噌おでん』『紅茶』をいただきました。

障害者の若者達がとても誠実に対応してくれました。

嬉しかったです。

清清しい時を過ごせたことに感謝しました。

平成24年11月1(木)

(天 気)晴れ

隅田川沿いを朝の散歩!!

ワンドの中を覗いてみましたが、満ち潮のためよく見えませんでした。

ところが時々15センチ程度の稚魚が水中で反転するときに、白い姿が見えました。

一匹30センチ級のボラ又はスズキも見ました。

脚の筋肉のコリにはコリゴリ(笑)しましたので、時々柔軟体操をしましたよ!

平成24年10月31(水)

(天 気)晴れ

最高に汚れたお車!!

昨日と今日は最高に汚れて傷のあるお車の加工をさせていただきました。

平成20年車ですが、どのようにしてこれだけ傷つけ汚れたのか全く理解できませんでした。

作業に使用するお車ですが、水洗いも何もしないオーナーさんだそうです。

・・・・・・・・・・

車内のクリーニングも大変でした。疲れました。

ウインドウがどうしてこれだけ汚れて、汚れを落としづらいのか長時間かかりました。

・・・・・・・・・・

外装も同様で傷だらけ、汚れだらけ状態でした。

でも、ご注文いただいたことに感謝しました!

平成24年10月29(月)

(天 気)晴れ

心強いです!!

土曜日のゴルフは前日に弟が来て、普段は中々できない色々な話をすることができました。

そして、当日は楽しいゴルフができましたが、弟の部屋の掃除は同居する

三男がいつも綺麗にしてくれます。とても協力的で嬉しいです。

彼は常に我々を守ってくれています。

とても心強くあり難いです!!

平成24年10月28(日)

(天 気)雨

スカイツリー内のソラマチ!!

朝9時頃にスカイツリー内のソラマチに買い物に出かけました。

歩いて30分は良いウオーキングになります。

9時30分頃到着しましたが、10時開店とのことで、近くを歩いて時間を待ちました。

10時前にエスカレーター前で並んで待っている方々が大勢居ました。

私の買い物は築地の魚屋さんの『メカブ』です。

三パック200円位で売っている市販のメカブより濃密なものです。

分量としては10倍以上はあると思います。それでも値段は250円〜300円です。

次男の嫁(いつもは○○さんと呼んでいますよ)も美味しいと言ってくれるので、

自分用と嫁用の2パックを買いました。

さつま揚げが美味しそうだったので、自宅用と次男宅用に2パック買いました。

・・・・・・・・・・

帰ってからしばらくして嫁にメールしました。

家内に熊本の兄から送られてきた大きな『荒尾梨』も持って行ってね

と言われたので用意しました。

嫁から『今、買い物から帰って来ました。雨でも大丈夫?』というメールでした。

雨用の服装をして行きましたが、殆ど止んでいましたので、大丈夫でしたよ!

・・・・・・・・・・

結局、今日一日で約一万歩を歩きました。とても楽しく快適な一日でした☆☆☆

平成24年10月27(土)

(天 気)晴れ

今一ゴルフコンペ!!

ゴルフは超下手ですがコンペに行きました。

水戸にある『水戸レイクスカントリークラブ』は広々としていてレイクスのプレッシャーもなく

殆どのメンバーが又行きたいと話していました。

私の家の近くの練習場が閉鎖してしまいましたので、コンペに備えてのゴルフボールを

打たないままに本コースに出ました。

・・・・・・・・・・

しかし、一緒にプレーした仲間が素敵で、楽しかったです。

川崎市に住む弟もいつも参加してくれます。

前日に話が弾んで、一杯飲んで楽しい時を過ごすことが出来ます。

・・・・・・・・・・

ところで私の膝痛は全く出ませんでした。

今日はコースをよく走りましたよ(笑)

平成24年10月26(金)

(天 気)晴れ

電気風呂効果C→可視総合光線治療器!!

私の膝痛は現在全く消失しました。

電気風呂は4回でとりあえず止めました。

その代わりに可視総合光線治療を毎日15〜20分継続しています。

前立腺に関する病気の予防もありますので、膝だけでなく光線を当てております。

やはり、効果は抜群です。

可視総合光線治療器の開発者の著作の中に

『これは高齢者には特に有用です』という記述がありますが、本当です。

左足がぶつかると強い痛みがあったのが、全然痛みが感じられ無くなりましたよ。

ゴルフクラブを振っても何ともありません。

・・・・・・・・・・

最初に冷やすのではなく、温めることに気づいたのが大きなポイントでした。

この治療器は痛みに非常に効きます。

以前歯槽膿漏で夜も眠れないような時がありましたが、痛みは消失しました。

本当に良いものなので、どうしても教えてあげたい人には

知らせています。

とても感謝されている方々もいますよ。

・・・・・・・・・・

膝や腰の痛みで悩んでいて永年痛みを抱えている

友人・知人を見ているとつい話す私ですが・・・・・

平成24年10月25(木)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトの組織拡張委員会!!

いつもお世話になる清光寺で定例会がありました。

お寺には多くの部屋がありますが、殆どボーイスカウトの集会で使わせていただいています。

さくら地区には多くのボーイスカウトの団があります。

多くの委員会がこのお寺で行われています。

住職ご夫妻も重要な役職を引き受けてくれています。

本当にボランティア精神に徹した方々だと感謝しております。

・・・・・・・・・・

私はバイクで行きましたが、帰りにどなたかが『お気をつけて』といって下さいました。

私は『ありがとうございます』と応えましたが

本当に嬉しい言葉でした!

平成24年10月24(水)

(天 気)晴れ

地元の代議士の引退パーティー!!

一代限りで代議士を引退するF氏の引退セレモニーというか懇談会に出席しました。

永年活動を共にしてきた仲間が集まりました。

私は政治に無関心人間ですが、この人々との集いには強い印象があります。

特に代議士が隣に座って話し合った内容は良かったですよ!

誘って出席してくれた仲間のHさんも楽しんでくれましたので

私も嬉しかったです。

平成24年10月23(火)

(天 気)曇り後雨

最近のニュース番組!!

最近のニュース番組は、余りにも人々の脳にダメージを与えるようなニュースが多いですね!

私は嫌なニュースを繰り返し視聴することは脳に深刻なダメージを与えると思います。

一度視聴すれば内容は理解できます。

それを何度も何度も脳にインプットすることは我々の人格に悪い影響を与えます。

・・・・・・・・・・

今日はつくづく反省しました。

もっと自分にとって大事な事に集中すべきではないかということです。

平成24年10月23(火)

(天 気)曇り後雨

妻の腰痛A!!

このマッサージの先生が太陽に当たることも大事ですとおっしゃっています。

腰痛の為に『散歩ができないから私は出来ない』と妻が言いました。

・・・・・・・・・・

私は『可視総合光線治療器』は太陽光線そのものだから、出来ないことはないと言いました。

この可視総合光線治療器も何年も前にネットで探し出しました。

お得意様はもっと以前から使用されていました。

家族中で顕著な効果を体験されているとのことです。

川崎に住む弟に話したところ、義姉の家で使用していたものを安価で譲ってもらいました。

・・・・・・・・・

私は、人間が備えもっている自然治癒力を活性化することにより

健康を維持することが健康管理の最も重要なポイントだと

信じています。

やはり、最近つくづく間違っていなかったという感を強くしています。

こうした傾向の著作物も増えてきていると思います。

・・・・・・・・・・

ただ、いくら治療に努めても

身体に無理をしていては何にもならないことは

言うまでも無いことですね!

平成24年10月21(日)

(天 気)晴れ

妻の腰痛!!

妻の腰痛に関しては3年以上前からインターネットを模索して坂戸孝志氏という腰痛の

専門家に出会い、彼の指導書によって徐々に改善されてきました。

・・・・・・・・・・

3ヶ月ほど前に妻の友人から紹介されたマッサージ院の先生が坂戸氏と共通した理念の

持ち主だったので、私も積極的に妻に勧めました。

大変ソフトな治療法ですが、長い眼で考えると効果があると思いましたので、

毎朝の坂戸氏の治療法に加えて週又は隔週のマッサージ院の治療を受けています。

その結果、かなり前かがみの姿勢が徐々に改善されています。

私はあと半年継続すれば、かなり良い姿勢になると信じています。

痛みも小さくなっています。

ただ、この痛みを完全に解消したいですね!

平成24年10月20(土)

(天 気)晴れ

ゆれる心A!!

これからの人生をどう生きて、全うするか?

・・・・・・・・・・

やっと道が開けてきました。

昨日私はこのように発言しました。

しかし、私の一番の生きがいは仕事です。これから10年は元気で働きたいです。

ですから、在宅で何かできないかをこれから模索してゆこうと思います。

あせらず、ゆっくり探していれば何かを見つけ出すことはできると思います。

精神的な支えですね。

・・・・・・・・・・

平成24年10月19(金)

(天 気)晴れ

ゆれる心!!

本当に私がずっと悩んでいることです。

これからの人生をどう生きて、全うするか?

・・・・・・・・・・

やっと道が開けてきました。

私は現在の日本の子供達の為に、精一杯尽力すべきですね。

混迷する現在の日本において、大人以上に悩み、時には大人の犠牲になって苦しんでいる

子供達の為に余生を捧げるべきだと考えるようになりました。

・・・・・・・・・・

私の生涯の生きがいは、現在悩み、苦しんでいる子供達のためにあるような気がしてきました。

平成24年10月18(木)

(天 気)雨

電気風呂効果C!!

今日は告別式の受付をしました。

10〜11時でした。帰宅したのは11時40分頃でしたね。

昼食後に可視総合光線治療をしました。今日は集中的に痛む箇所に光線を当てました。

そして、夕方銭湯に行ってきました。

帰ってから痛みのあった左足でケンケンをしましたが、大丈夫のようです。

本当に良かったです。

医薬に頼らなくても、自分の身体に備わっている『自然治癒力』を活性化することにより、治癒する病気が

殆どなのですよ。

中々信じてもらえませんが、私は確信しています。

・・・・・・・・・・

前にも言いましたが、例えば降圧剤等の医薬品を長期間服用していると、極めて認知症になる確率が

高くなるということが言われています。認知症のみならずいろいろな病気の原因になるようです!!

・・・・・・・・・・

現在の日本人は医薬迷信ともいえる人々が多いです。

何でも報道を鵜呑みにして、自分で考えることをしない人々が多いのではないかと

私は危惧しています。

・・・・・・・・・・

よく、テレビで優秀な医師を『神の手をもつ医師』などと報道してもてはやしていますが、

そのような医師に頼る前に自分で病気にならないように

予防することが一番大切なことではないでしょうか?

・・・・・・・・・・

このような人々の増加により、医療費は莫大なものとなり

日本の財政を苦しめていることを考えたことはないのでしょうか!

平成24年10月17(水)

(天 気)曇り後雨晴れ

電気風呂効果B!!

昨日銭湯に行きましたが、今朝は可視総合光線治療器も使用しました。

散歩に出ましたが、全くといっていいほど違和感を感じませんでした。

本当に助かりました。

今日は近所で通夜がありますので、明日もう一度銭湯に行こうかと思っています。

・・・・・・・・・・

病院の整形外科や接骨院へ行ってもこんなに早く治ることはまずないと思います。

本当にあり難いと感謝しております!

平成24年10月16(火)

(天 気)晴れ

電気風呂効果A!!

今、銭湯から帰ってきました。

電気の刺激で太ももの付け根の辺りが一番痛みました。

脚全体が硬くなっていたようです。それが膝周辺の痛みとして出たのだと思います。

今日で2回目ですが、着実に完全治癒の方に向かっているという実感がありますね。

・・・・・・・・・・

ウオーキングの前や大股歩きから帰ったら、柔軟体操をするのが良いかなと感じました。

即ち、筋肉の緊張を和らげることが必要でしょう。

平成24年10月16(火)

(天 気)晴れ

電気風呂効果!!

昨日は月曜日で銭湯は休みでした。

今日は行ってみようかと思っています。

・・・・・・・・・・

電気風呂で無事にテニスの合宿を過ごしましたので、後2〜3回は近いうちに出かけます。

これだけ即効で治癒できるのは非常にあり難いですね

費用も銭湯の450円しかかかりませんので、助かります。

平成24年10月15(月

(天 気)晴れ

先輩の言葉!!

夕方例の角金のすし屋に行きました。

昭和4年生まれのY先輩と話しました。

・・・・・・・・・・

いわゆる韓国や中国の主張する『従軍慰安婦』問題についても先輩(83歳)の意見を聞くことが出来ました。

彼もいわゆ従軍慰安婦は存在しない。彼女等は金銭目的で集合したプロの売春婦であったことを

明言されました。

私は以前にも最高にお世話になった当社のお得意様(現在90歳)に同様のお話を聞いています。

・・・・・・・・・・

それにも拘らず、一方的に『日本が悪いことをした。我々の親や祖父は鬼のような悪事をしてきた』と

報道し続けてきた日本の主たるマスコミの責任は最大に追及されるべきです!

・・・・・・・・・・

最近の中国や韓国の日本への対応は誠に理不尽なものです。現在やっとその現実を報道するように

なりましたね。今までは何でも日本が悪いという報道を基本に日本人及び日本政府は束縛されてきました。

・・・・・・・・・・

このようなマスコミの報道は最大に責められるものですが、

他人事のような多くの日本国民が祖国日本のために『いかにいい加減な対応』をしてきたかがやっと

明らかになってきたというのが

今の日本の現状だと思いますが・・・。

・・・・・・・・・・

皆様はどうお考えでしょうか?

平成24年10月13〜14日(土〜日)

(天 気)晴れ

軽井沢でのテニスの合宿!!

私も膝の痛みがありましたが、近くの銭湯『梅の湯』の電気風呂のお陰でかなり楽になりましたので

テニスの合宿にも参加させていただきました。

最初の練習では痛みがあり、無理な捕球は出来ないと諦めていました。

それでも、パートナーが頑張ってくれたので、1勝1敗1引き分けで試合をすることが出来ました。

勝ち負け以上に嬉しかったです。

・・・・・・・・・・

近くの1255mの山に挑戦しましたが、途中で同じく膝痛の仲間がいましたので、下山しました。

それでも、14日の歩数は20000歩以上になりました。

軽井沢のアウトレットを散策した歩数が多かったです。

それでも本当に楽しい二日間でした。

地元に帰ってからメンバーのお母さんの経営するスナックで打ち上げをして帰宅しました。

本当に楽しい時を過ごさせていただきました。

家族にも感謝します。

平成24年10月10日(水)

(天 気)晴れ

物質科学の現状!!

本日は平成24年10月10日です。

人間は宇宙開発で宇宙を制覇できるように勘違いしていますが、物質科学は未熟です。

光は一秒間に地球を7.5周します。約30万キロメートルです。月までの距離は

平均38万キロしかありません。

即ち光で平均1.3秒で到達するのです。

地球から太陽まではその約400倍しかありません。

1光年の彼方にある星は平均2.36億回地球を周回する距離にあります。

即ち、人類の宇宙開発は地球からわずかな距離(宇宙の渚?)でしかないのです。

日本の科学衛星『イトカワ』が○年かかって、小惑星のチリを運んで帰って来た時にも

関係者の科学者は神社にお参りをして帰還を祈ったといいます。

物質科学に眼を奪われて後回しにされてきた精神科学は

これから急速に見直されなければなりません。

驚くような世界があることに人々は驚嘆することになります!

平成24年10月8日(月/祝)

(天 気)晴れ

映画『天地明察』!!

今日は朝9時15分に間に合うように品川プリンスシネマに出かけました。

・・・・・・・・・・

『おくりびと』で第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督が、

冲方丁原作の時代小説を映画化した娯楽大作。

江戸時代前期、800年もの間国内で使用されてきた中国の暦のズレを正し、

日本独自の暦作りに専念した実在の人物安井算哲の半生を描く。

算術と星に熱中する主人公を『SP』シリーズの

岡田准一が演じ、その妻役を宮崎あおいが務める。

大志を胸に抱き、何度も失敗を重ねながらも

あきらめない男の心意気に感服する。

・・・・・・・・・・

上映時間も2時間20分以上でしたが、最期まで

引き込まれて観ることができました。

いい映画でしたね!

平成24年10月7日(日)

(天 気)晴れ

角金での会話!!

今日は仕事をさせていただきました。あり難いですね。

夕方例の角の金太楼に行きました。

何人かの常連さんと楽しい会話をして帰りました。

平成24年10月4日(木)

(天 気)晴れ

久しぶりの膝痛A!!

やはりウオーキングの影響でした!

聖路加国際病院の日野原医師のウオーキングは大股で歩くと言うものです。

私も実行していますが、これがなかなか足腰の筋肉を鍛えているようです。

せいぜい朝夕で5キロしか歩かないのですが、

普通にのんびり歩いているのではこのような効果はありません。

私も全く出なかった膝痛の原因をよく考えました。

大股に歩くとかなりの鍛錬になるのですね。

歩く速度もやや速くなります。

・・・・・・・・・・

今は痛みがあるので、少し自重しながら

これは継続する意味があると思いました。

足腰にこれだけの負荷がかかるということは、

身体全体にも適当な負荷をかけるという良い影響があることは確かです。

日野原先生に感謝します!

平成24年10月4日(木)

(天 気)晴れ

久しぶりの膝痛!!

全く膝痛はありませんでしたが、ニ〜三日前から膝の周りの張りを感じていました。

悪い時にはなるべく早く治すことが肝心です。

そこで、足首トントンとベルト式のマッサージ器を使用しました。

大変楽になりました。

このマッサージ器は40年以上前に購入したものです。

構造が非常に単純に出来ているので、壊れないのです。

これで、ウオーキングも楽々ですね!!

もしかすると、ウオーキングによる膝周辺の張りかもしれません?

平成24年10月3日(水)

(天 気)曇り後雨

二日会の会員さん!!

私の父親の友人達ですから、当然私が最年少になります。

そんなことはさておき、皆さん歳を重ねると健康に対して自信がなくなり心細くなります。

今日の二日会でもそのようなことがありました。

帰宅すると家内がメンバーの80歳の会員のご家族から迷惑をかけたとの電話があったようです。

何かあったかと一瞬驚きましたが、先輩の家の前まで送りましたので大丈夫だと思っていました。

私も、家内もこのような状況のもと、突然ご家族から何か言われても迷惑などは考えません!!

・・・・・・・・・・

余りにも医薬に頼りすぎると、身体の基本が崩れて行くのです。

それにしても私の信じている来世は考えれば考えるほど胸がおどります。

本当のことが中々世間に認知されないのは現世が余りにも程度が低いからです。

しかし、そんなことを言っている時ではありませんね。

信じられなくても、信じられても

私の信じる世界を述べるしかないと思います。

私の生きている限りの人生の中でしかその努力は出来ませんが・・・。

平成24年10月3日(水)

(天 気)曇り後雨

若い男性の死!!

仕事の仲間から明日の通夜の連絡がFAXでありました。

彼にはとても世話になっていますが、彼の奥さんの父親だと思っていました。

確認の為に今電話してみました。

以前当社が加盟店であったダイワみなくるチェーンの社員だった方のようです。

ガンで3回も手術を繰り返し結局、52歳で亡くなったそうです。

20年前の彼しか知りませんが、とてもエネルギッシュな人物だったと思います。

FAXを沢山出したので、間違えて私にも送付したということで、

私は葬儀に出ないことになりました。

つい最近、町会でも52歳で亡くなった男性がいます。

長寿社会と言っても、気をつけないといけませんね。

平成24年9月30日(日)

(天 気)晴れ時々曇り

ボーイスカウト台東第一団の『子供まつり』!!

近くの石浜公園で我が台東第一団の『子供祭り』が行われました。

ビーバー隊,カブ隊主催です。

公園に集まった子供達にボーイスカウトの活動の一端を披露しました。

多くの子供達が楽しく活動に参加してくれました。

・・・・・・・・・・

11時半ころに活動は終了しました。

その後、リーダーや奉仕してくれたスカウトを交えて、バーベキュー大会を催しました。

みんな笑顔で参加してくれました。

とても、充実したあり難い一日でした。

感謝しています!

平成24年9月29日(土)

(天 気)曇り

ボーイスカウト台東第一団の団委員会!!

近くの区役所の5階で団委員会は行われました。

明日の募集集会の打合せや様々な活動の問題点等を話し合いました。

スカウトが減少していますが、悲観することはないと私も皆さんもおっしゃっています。

このような人々は私にとって素晴らしい仲間です。

色々な困難はありますが、それを皆で何とか克服してゆくのが非常に楽しいです!

今日も本当に楽しい集いでした。

皆さんの笑顔が誠に素敵でしたよ!

平成24年9月28日(金)

(天 気)曇り

テニスの誕生会!!

今月と来月は誕生日の会員はいません。

来月の13日〜14日は軽井沢でテニスの合宿があります。

合宿の責任者の幹事さんの配慮で今日は新幹線の切符も各々に配布されました。

ご苦労様です。

若い幹事さんのお陰で我々は充実した日々を送れるのです。

本当にあり難く、感謝しております。有難うございます。

平成24年9月26日(水)

(天 気)曇り

五木寛之著『新・幸福論』−青い鳥が去ったあと−!!

副題に、「それでも私たちは幸せを探している」と表示されています。

著者は仏教界から深く感謝されるような書物を著しています。

『親鸞』に関する著書が特に有名だと思います。

・・・・・・・・・・

あらゆる場所を訪ねて幸せを呼んでくれるという青い鳥を探しに旅をした

チルチルとミチルはとうとう青い鳥を見つけることは出来ませんでした。

ところが家で飼っていた平凡な鳥が見る見る青い鳥に変身したのです。

青い鳥は本当は身近なところに居たんだと二人は喜びます。

幸せを遠くに求めるのではなく、身近なところに幸せを

見つけることだという教訓として語られていますが、

本当はその青い鳥は直ぐにどこかに飛んでいってしまうという

物語なのです。

・・・・・・・・・・

即ち、どこにも青い鳥はいない現実をこの物語は語っているというのが

『青い鳥』の真実だというのです。

・・・・・・・・・・

五木氏は結局我々は一人一人がちょっとした喜びを見つけて

生きがいにするより仕方がないと結論づけています。

・・・・・・・・・・

私の読後感では、彼もやはり来世を信じていないのだと思います。

仏教界でもそれが一般なのでしょうか?

私は来世を信じています。悲観することはありません。

それより大きな期待を抱いているのですよ!

平成24年9月25日(火)

(天 気)曇り

やはり可視総合光線治療器は素晴らしい!!

つい、良いと理解していても面倒だということで使用頻度が減っていました。

有用な太陽光線をカーボンを燃焼することで照射できる

この可視総合光線治療器は色々な意味で素晴らしい機器ですね!

・・・・・・・・・・

@ウオーキング

A足首トントン健康法

B可視総合光線治療器

C玉ねぎのスライス毎日半個

D食生活 等々

以上が私の主な健康法です。

20代、30代の若い人々は必要ないと思われるでしょうが

私にとっては必須のものです。

夜、何度もトイレに行くことが多くなっていましたが、光線治療をサボっていました。

反省してたった3〜4日使用しただけで大変改善してきました。

やはり、これらの健康法で病気にならない身体を保つことが一番だと

再認識しましたよ!

平成24年9月23日(日)

(天 気)雨

東京都の水がめは?!!

今日は一日雨が降りました。どこにも出かけませんでしたよ。

ところで、東京都の水がめは渇水状況だと報道されてきましたが、現在どうなっているのでしょうか。

・・・・・・・・・・

都民に心配させておきながら雨の多い現在の状況は報道されていませんね。

そこで、私は調べてみました。

9月21日現在、利根川水系38パーセント、荒川水系58パーセントそして

多摩川水系80パーセントだそうです。

一時より貯水量は改善されていると思いますが・・・!

・・・・・・・・・・

9月24日現在は、各々41、58、87パーセントになっています。

平成24年9月22日(土)

(天 気)晴れ

今日は向島を歩きました!!

朝、6時ころから言問橋を渡り、向島を経て、白鬚橋を歩きました。

歩数は7000歩以上でした。

・・・・・・・・・・

10時ころ、家内が墓参りに行こうと言ってくれましたので、私も谷中の父母の墓に参りました。

お陰さまで、今日一日私も気持ち良かったですよ!

今日一日の歩数は14000歩でした。

高齢者でも筋肉は鍛えられます。私は若い人々に絶対に負けませんよ!

平成24年9月20日(木)

(天 気)晴れ

宗教は人々を不幸にする最大の勢力?!!

世界各地で自分の宗教が一番だとして暴力が横行しています。

しかし、どのような宗教の教祖や預言者も他人を殺したり、傷つけたりすることを許すはずが

ありません。

そのような暴力が宗教の名の下でゆるされる世界は正しく地獄です。

・・・・・・・・・・

『宗教は人々を不幸にする最大の勢力』で検索していただくと、

『幸福論E』『幸福論A』『幸福論G』がヤフーさんで

126万件の中で一番、二番、三番目に掲載されています。

様々な意見はありますが、私は真正面から取り組んでいます。

平成24年9月18日(火)

(天 気)晴れ

何故他者を殺すのかB!!

中国は日本企業から略奪し破壊活動をする暴徒を収拾できるのか?

パナソニックは日本企業がしり込みする中、中国のためになる企業を

経営してきました。

当時の指導者から感謝状も受けています。

その工場を破壊しました。殆どの社員は中国人で、地域の為に大いに貢献してきたのです。

政府はパナソニックの功績を人民に知らせていませんから暴徒は平然と破壊したのです。

このように、中国は誠に信用できない国になっているのです。

日本は戦後賠償として考えられないような多額の援助を中国に与えてきました。

中国はそれを恩に感じるのではなく

出す国からはしゃぶり尽くすという理不尽な対応をするのです。

日本は平和憲法で『近隣諸国の良識を信じ・・・・』としていますが、

近隣はこのような極めて信頼できない国もあることを

われわれ国民は肝に銘じてこれから法整備をして対応すべきです!!

平成24年9月17日(月・祝)

(天 気)晴れ

何故他者を殺すのかA!!

イスラム教の預言者を侮辱したとして、世界各地で暴動が起きています。

中国では勝手な主張による領土を侵犯されたとして、国内の日本企業に対する破壊活動や

日系企業に対する放火・略奪が平然と行われ、中国政府は自分達に対する不満を日本に

肩代わりさせています。

・・・・・・・・・・

このような行いはイスラム教の預言者も許すはずはありません。

イスラム教とはもっともっと深く清らかな教えであるはずです。

中国は言論の自由も信教の自由も認めていません。

自分達の都合のよい政(まつりごと)をおこなっているにすぎません。

こんなことはいつまでも許されることではないのです。

私は賃金が安いからといって日本企業が中国に進出することには当初から

疑問に思っていました。

現中国は都合良く、民主主義を使い分けているに過ぎないのです。

いずれ近いうちに分裂したほうが世界のためだと思っています。

こんな発言をすると、昨年のように私のブログは中国に乗っ取られるかも

しれませんが、そんな脅しに私は屈しませんよ。

もともと中国はもっと尊敬されるべき存在だったのです。

現中国共産党はその尊厳すら傷つけているのです!

・・・・・・・・・・

人生に迷い、苦しみ、深く悩むこともあります。

しかし、

我々を救う真の神は今は存在するのです。

その存在を信じられなくても、神を深く信じ、祈りなさい、必ずあなたは救われます。

・・・・・・・・・・

現に私は、いつもいつも救われているのですよ!!

平成24年9月17日(月/祝)

(天 気)晴れ

映画、『鍵泥棒のメソッド』!!

今日は映画『鍵泥棒のメソッド』を観ました。

・・・・・・・・・・

本当は、『天地明察』を観るつもりでしたが、パソコンで時間を確認しなかったので、

前から少し興味のあった『鍵泥棒のメソッド』を観ることになりました。

先週の『夢売るふたり』に続いて、変な映画を観ることになりました。

・・・・・・・・・・

でも、観た後は良かったと思いました。

作者のシャレやユーモアが感じられて、私も癒されました。

ボーイスカウトの副長さんが

ご夫婦で、『ラマンチャの男』を観劇されたと聞いて

私も是非観に行きたいと思いました。

でも、私にとって今日も良き一日でしたよ!!

平成24年9月16日(日)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトの集会がスカイツリーの水族館で行われました。!!

今日は台東第一団のスアウトの集会ですので、私もお手伝いの人員として参集されました。

・・・・・・・・・・

スカイツリー内の水族館見学でした。

珍しい水くらげの生態を知り、驚きました。

楽しい集いでしたよ。

平成24年9月13日(木)

(天 気)晴れ

東京スカイツリー『ソラマチ』で買い物!!

昨日の夕方、久しぶりに東京スカイツリーに行きました。

ソラマチで買い物をするためです。

2時間無料の自転車置き場がありますので、とても助かります。

ソラマチは2階ですが、つい間違えて4階まで行ってしまいました。

エスカレーターの登り口を間違えなければ、直ぐにソラマチであることを

帰りに確認しました。

・・・・・・・・・・

私はメカブが好きで毎日食していますが、ソラマチには築地の魚屋さんがあり、

一段と美味しいメカブがあるのです。

次男のお嫁さんも好きなので、帰ってから届けました。

又、美味しそうな手羽先(味つき)も買って届けました。

メールで『美味しそう!』というコメントをもらったので嬉しかったです。

・・・・・・・・・・

さて、ソラマチでは魚だけでなく、肉、野菜、果物等の食料品が豊富に揃っています。

スカイツリー完成前から、地元の商店に大きな悪影響があると

先輩が危惧していましたが、それが現実になっているようです。

スカイツリーの近くの商店では一生懸命スカイツリー関連の商品を開発して

販売していますが、スカイツリー内では魅力的な商品が多く販売されています。

・・・・・・・・・・

スカイツリー建設に対して地元は何も注文をつけなかったのでしょうか?

食料品、衣料品、雑貨等々地元は大きく売り上げを落としている

というニュースを見ました。

商店はスカイツリーの宣伝に力を貸すのではなく、

もっともっと地元墨田区の魅力を売りにすべきではないでしょうか。

平成24年9月12日(水)

(天 気)晴れ

日野原重明著『人が生き、死ぬということ・・・19歳の君へ』B!!

私が病気のことや健康法に拘る理由は、日本の現状はとても他人事ではないからです。

日本は延命治療が進んで、世界でもトップレベルの高齢者数を抱えています。

2人〜3人に一人がガンで亡くなるという現実に直面しています。

世界の中では国民には非常にあり難い国民皆保険制度があります。

殆どの方は実際にかかる治療費の3割で治療を受けられます。

高齢者は1〜2割負担です。

7〜9割は他人に負担をかけているのですが、そのような自覚が全く欠けています。

高額医療になると、もっと患者の負担は少なくなり、国民の負担は増大します。

・・・・・・・・・・

病気の半数以上が生活習慣病であることが、明確になっていますが、

生活習慣を変えずに病気になり他人に迷惑をかけている人々が多くいます。

その為国家財政は危機的な状況になっているのです。

特に、一番迷惑をかける高齢者にその自覚が足りないことです。

・・・・・・・・・・

私は何とかして病気にならないように様々な努力をしています。

しかし、病院に行かなければ治らない病気になった時には、

重病にならないように、速やかに病院で治療を受けるようにしているので、

今まで多額の健康保険料を支払っていますが、

殆どは、他人のために支払ってきたのが事実です。(それが嫌というわけではありません)

・・・・・・・・・・

それでも健康維持に努力もしないで暴飲暴食を続けている人を見ると嫌ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日野原先生のこの著書は今の日本の医療の実態と問題点を鋭く説いています。

後、8年もすれば、ガン患者は今の1.6倍にも増大する。

受け皿の病院は圧倒的に少ない。

必然的に在宅治療にならざるを得ないのです。

治らないガン患者を治療するのではなく、その肉体的・精神的痛みを

除去する緩和ケアの方向に進まざるを得ないようです。

それはガン患者に限らないのです。

その時になってからあわてても遅いと、私は思いますよ。

家族関係、治療費等々様々な問題が出てくるからです。

今までのような長期入院は出来ません。

せいぜい2週間が限度になるようです。

私は今から少しでもそのような事態に心身ともに備えたいと思っているだけです!

家族の生活を大きく左右するような人生は送りたくないのです。

・・・・・・・・・・

決して私の発言は棺おけに片足を入れた人間の言葉ではありませんよ。(K君へ)

平成24年9月10日(月)

(天 気)晴れ

日野原重明著『人が生き、死ぬということ・・・19歳の君へ』A!!

われわれが次にやったのは、車椅子に乗ってもらうことでした。

最初は我々が押していたのですが、上半身は元気だったので、

自分で車椅子の車輪を回して移動するようになりました。

ずっと寝たきりだった人が、自分の思うところに、少なくとも車椅子の動ける

範囲で、移動ができるようになった。

自分で病院の売店に行って新聞を買ったりとか、そんなことができるように

なってきたのです。

・・・・・・・・・・

『競馬場に行きたい』

その人は、そうして、日常生活を回復することができた。

すると人間というのはどうなるか。この人の趣味は競馬でした。

元気なころは、競馬の仲間がたくさんいたらしい。

けれど寝たきりになってしまってからは、誰にも会いたくないと思って、

ただ天井を見つめていたわけです。

その人が車椅子で移動できるようになって、何をしたか。

売店へ行って競馬新聞を買い始めたのです。

そうしたら競馬仲間だった友だちに会いたくなった。

友だちとの関係を一度は絶っていた彼が、友だちと連絡をとるようになった。

やがて日曜日は病院の屋上や庭の木の下で、友だちに囲まれながら競馬の

予想をしているとう姿も見られるようになってきたのです。車椅子の生活であった

としても、寝たきり状態から解放されたその人は、

ともかく自分の日常生活を回復し、友人との仲も回復したということです。

・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・

しかし、病気は進行していって、ある日その人は痙攣(けいれん)を起こしました。

がんが脳にも転移していたのです。

痙攣を何度も繰り返している間に、ろれつが回らなくなって、

うまくしゃべれなくなってきた。

それで自分でも転移に気がついて、私に、これからどうなるのですかと

聞いてきました。

私は率直に、多分、うまくしゃべれなくなりますと言いました。

・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・

よく、聞こえなかったので、もう一回、何ですかと聞いてみたのです。

彼が言いたかったのは、自分がもう話ができなくなるならば、

友だちにひとこと、さようなら、ありがとうと言っておいたほうがいいですね、

とおっしゃったのです。

私は、ああそうだったのかと胸を打たれつつ、「そうですね」とうなずきました。

それから二週間足らずでその方は亡くなってしまったので、

彼が友だちに、さようなら、ありがとうと言えたかどうかはわかりません。

でもこれこそがその人の変化だと思うのです。

下半身麻痺の状態で、ひたすら、安静にしていてください、でも残された

時間は限られていますよと言われて、絶望的な思いのなかで、

人間関係も絶って自分の世界に引きこもっていた人が、

日常生活が回復してくることで・・・それだって、車椅子でしか

動けないんだから、たいした回復ではないのですが・・・

だんだん変わっていった。

友だちとの交流も復活して、やがて、自分にはもう時間がないんだと

知ったときに彼が考えたのは、死にたくないとか、そういうことではなかった。

自分を支えてくれた仲間たちに対して、きちんと感謝をし、

挨拶をしておこう、と。

それが自分にとって大事なことなんだと感じたのです。

周りの人たちとの信頼関係のなかで生きていく意味を見出せた結果として、

死に際して自分がなすべきことは、やはり、自分を支えてくれた周りの人に対して

きちんと感謝をすべきだと思った。それが、彼の見つけた価値だったのです。

・・・・・・・・・・

我々の死生観にとって解りやすく、説得力のある言葉ですね!!

・・・・・・・・・・

それにしても通常我々が死ぬ病院は人間の尊厳などは置き去りにされています。

老人ホームも生きがいを失った人々であふれているように思います。

経営が一番になっていると思わざるをえません(怒)が・・・・・

平成24年9月8日(土)

(天 気)晴れ

日野原重明著『人が生き、死ぬということ・・・19歳の君へ』!!

著書の中でホスピス・緩和ケアのエキスパートの一人であり、

小平クリニックの院長である山崎章郎氏は次のような報告をしておられます。

・・・・・・・・・・

50歳の男性の患者さんがいました。今から14年前に私がホスピスで出会った

肺がんの患者さんです。

その方は独身、一人暮らしの患者さんで、肺にがんができて、がんセンターで手術を

受け、抗がん剤の治療も受けました。

現代医学の持つ、がんに対する三つの治療をすべて受けたけれど、治らなかったのです。

やがて肺から背骨にがんが転移しました。下半身麻痺の状態で、病院のベッドで寝たきりの

状態だったけれど、もう治療方法がないので退院してくださいと言われた。

最近の病院は厳しいものです。

病院は治療するところですから、治療法がなければ退院してくださいとなるのです。

しかし、独身のひとり暮らし、アパートにすんでいた男性で、下半身麻痺のこの人が

退院してくださいと言われてどこにいけるんですか。

家族はいないのです。どうやって生活できるんですか。

困り果てて、その方がたどり着いたのが我々のホスピスでした。

来たくて来たというよりも、実際、本当にここしなかったから来たのです。

がんセンターでは、患者さんに病名や病状をきちんと話していました。

もう身動きがとれない状態で治療法がない患者に対して、

治らないというだけではなくて、来年の桜の花は多分見られません、

つまり時間の問題ですということを話したのですね。

ですから、その方はホスピスに来るまでは、絶望的な思いで生きてきたわけです。

もうどうでもいい、と。

・・・・・・・・・・

私はその方とお会いしたとき、今、何が一番つらいですかと聞きました。

その方は、背骨が痛い、これだけはなんとかしてほしい、と言いました。

我々はがんの痛みをとる専門家ですから、ではまずそれをなんとかしましょうと

いうわけで痛みはとりました。

次に、この状態であなたはどんなことをしたいですか、と聞きました。

あなたがしたいと思うことで、かなうことだったら私たちはお手伝いします、と。

そういうふうに聞いたら、その方は何と言ったかというと、

できれば座ってみたいと言いました。

背骨にがんが転移してしまったので、起き上がると背骨に負担がかかる。

そんなことをしたら痛みが増すと病院側が心配して、ベッドの上で安静にして

いなさいと言われてきた。

ずっと天井を見て寝たきり状態で生活していたので、出来れば座ってみたい、と思った。

そして、ベッドの上の排泄ではなくて、ポータブル・トイレでもいいから座って

排泄したいとおっしゃったのです。

それは可能かどうか、僕らはやってみた。起こすことによるリスクは、痛みです。

痛みをコントロールしながら、そっと起こしてみたら座れたのです。

患者さんはすごく喜びました。

だって、世界が変わるわけですから、天井しか見えなかったのが、目の前の

水平の世界が見える。喜びました。

我々もそれを見て、これだったらポータブル・トイレに移れると思って、やってみた。

その人の願いはそれでかなったのです。

座ること、ポータブル・トイレで排泄すること・・・・・。

それができるということは、どうでしょう、次は何が出来ると思う?

・・・・・・・・・・

その先はいずれ報告しますが、

我々には当たり前のように思って

感謝の心を忘れていることが数多くあるのだと思います!!

平成24年9月7日(金)

(天 気)晴れ

通夜に行きました!!

昨日は町会の通夜に行ってきました。

59歳の男性で、直腸がんが原因だということでした。

・・・・・・・・・・

実は私の実弟も10年前に直腸がんで亡くなりました。

弟のことは忘れたことはありませんが、改めて思い出しました。

弟はいい奴でした。

後顧の憂いの無いように家を新築し、となりにマンションも建ててから逝きました。

・・・・・・・・・・

町会の会員で元町会長の息子さんは、とても大人しい感じの方でした。

一度ゴルフのコンペに行ったことがあります。

彼の親友で大きな寿司店の副責任者の方に通夜のお清めの席で

初対面でしたが、話を聞かせていただきました。

3年程前から症状はあったようですが、ここに来て急変されたようです。

途中で悲しくて落涙されました。

本当にいいお友達だったのだと思います。

彼とともに亡き友人のご冥福をお祈りしました!

平成24年9月3日(月)

(天 気)晴れ

何故他者を殺すのか!!

世界中で紛争地帯があり、自分達の主張を通すために一般人を殺すことを正当化しています。

私は、ふざけるなと言いたいです。

命は人生に一度だけ与えられたものであり、他人からいきなり奪われるものでは決してありません。

・・・・・・・・・・

自爆テロというのは何も解らない青少年の身体に爆弾を巻きつけ、多くの人々を殺すことが

目的なのです。

・・・・・・・・・・

この自爆テロを日本の特攻隊と同様に論じることは決して許されるものではありません。

・・・・・・・・・・

戦後米国は7年間にもわたり、日本を占領しました。

米国は国際法からも決して許されることのない日本の精神を自分勝手にズタズタに

粉砕したのです。

・・・・・・・・・・

大切な世界のために必要な日本精神が今こそ求められているのです。

気に入らなければ何でも他国侵犯する中国は心底反省すべきです。

日本は反省させなければなりません。韓国も同様です。

平成24年9月2日(日)

(天 気)晴れ

頑張ります!!

今日はあり難い事に、お得意様からのご注文で仕事をさせていただきました。

フイルム施工ですので、今日はフイルムの型取りとカットの作業を終了しました。

その他に、ホイールのコーティングや撥水加工もしっかり加工しました。

・・・・・・・・・・

フィルム貼付は明日朝4時から5時に開始する予定です。

フィルム貼付は一箇所失敗すると2時間から3時間は余計に掛かりますので

お得意様にはこのことをよく説明させていただいております。

・・・・・・・・・・

フィルム施工後は体重が2〜3キロ減少するのはいつものことですよ。

平成24年8月26日(日)

(天 気)晴れ

韓国大統領の暴挙D・・・日本には何をやっても良い!!

日本政府は韓国に対して国際司法裁判所への共同提訴を申し入れましたが、韓国は即座に拒否しました。

どう考えても韓国は自信がないのです。

それも『日本の総理がまたしても妄言』などという理屈にならない理屈で 国論を導いています。

そして、すでに戦後賠償は決着済ですが、ありもしない『従軍慰安婦』問題を大きく取り上げて

います。

経済的には戦略的にウオンを半値にして世界に輸出攻勢をかけています。

ヨーロッパではウオンは共通通貨として扱われていませんが、

日本がウオンを日本円にいつでも交換できるようにしているので

韓国に進出した外国企業や投資が一度に引き上げても韓国経済が良好に保てるのです。

このように日本が一方的に韓国を守っているのに、韓国は日本にいわれのない

非難を浴びせているのです。

米国に従軍慰安婦という名前を通りにつけたり、日本は散々な眼に合わされているのです。

・・・・・・・・・・

日本も堂々と韓国に真正面から主張すべきことは主張すべきなのです!!

平成24年8月27日(月)

(天 気)晴れ

ボーイスカウト夏キャンプの慰労会!!

昨日は、今夏のキャンプの慰労会が千束通りの鮒忠本店で行われました。

総勢16名で賑やかに、和やかに慰労会は進行しましたよ。

私は例によって司会をさせていただきました。

今回は皆さん和やかに過ごしていただいたので

全員の方々のコメントをいただきました。

無理強いしたのではなかったので、嬉しかったです。

平成24年8月26日(日)

(天 気)晴れ

韓国大統領の暴挙C・・・韓国マスコミの暴走B!!

日本の総理大臣の親書を送り返すという外交上ありえない対応をする韓国は真に

友好国なのでょうか?

例えば日本で活躍する芸能人に対して『あなたは竹島(独島)をどう考えているか』とか

『あなたは反日ですよねとかか,嫌日ですよね』等の質問攻めにして何としても

冷静な判断や検証を抜きにした反日、嫌日ムードを盛り上げようとしています。

日本における韓国の芸能人のフアンはどう対処すればよいのでしょうか。

理屈ぬきに日本は間違っているという主張を我々日本人は受け入れることは

できません。

折角韓流ブームで良好になった日韓関係に水を差す呆れた対応です。

韓国では芸能人の自殺が多いですね。

だから日本に逃れてくる動きになっているのです。

竹島問題は今までのあいまいな対応では退歩するばかりです!!

平成24年8月25日(土)

(天 気)晴れ

韓国大統領の暴挙B!!

日本の総理大臣の親書を送り返してくるという前代未聞の対応をした韓国とは

どのような国家なのでしょうか

私は現在自由主義陣営に属している韓国は成り行き次第では中国よりの共産圏

に近い国になる可能性さえある信用できない国だと思います。

・・・・・・・・・・

竹島問題を最大にこじらせた自国のことを棚に挙げて

初の女性大統領候補が『日本が認めさえすればすぐにでも解決する』と

発言しましたが、

冷静な第三者機関である国際司法裁判所

に提訴することを即座に否定するのか

日本に分があると認識しているからに違いありません。

首相が単独でも提訴することを決定したことは正しい判断だと思います。

世界中に日本の竹島を不法占拠している

韓国の姿を明確にすることは

ここまで日本を貶めている現在必要なことです。

・・・・・・・・・

反対に言えば日本は自信があるからこそその道を選択したのです。

勿論、善良な一般の韓国人や芸能人に対しては親近感を持っているのですが・・・

平成24年8月24日(金)

(天 気)晴れ

生き生き歩行数C!!

大股で歩くのは少々きついですが、なれれば何ということはありませんね!

一日が大変疲れなく過ごせます。

本当にあり難いですよ。

・・・・・・・・・・

今朝も陽が高くならない内に、歩きました。

2.5キロの短い距離ですが、夕方同じように歩けば約5キロになるので

私はそれで十分だと思っております。

歩く歩幅や速度はその日の体調により無理のない程度に決めています。

帰宅するとTシャツが汗で汚れましたので、着替えました。

気持ちよい一日のスタートになります。

平成24年8月23日(木)

(天 気)晴れ

来世は実在する!!

ヤフーさんが長期間私のブログを掲載していただいていることに深く感謝しております!

来世は実在するで検索すると『私の幸福論A』、『来世は実在する』が

一番目と二番目に取り上げていただいております。

・・・・・・・・・・

これはヤフーさんが永年真実を追究されている姿勢によるものと信じています。

私のブログに述べてあることは真実そのものです。

最近、知り合ったフランス人も私のブログを検証してくれていると確信しています。

・・・・・・・・・・

混迷する現在の日本において、私はこのメッセージを皆様に伝えることを私の人生の

使命だと思っています。

平成24年8月23日(木)

(天 気)晴れ

生き生き歩行数B!!

大股で歩くのは少々きついですが、なれれば何ということはありませんね!

一日が大変疲れなく過ごせます。

本当にあり難いですよ。

・・・・・・・・・・

よくテレビなどで、加齢、加齢と言いますが、そんな言葉に負けることはありません。

その言葉を信じた人々が本当に加齢で苦しむことになるのです。

大体、加齢とは何歳からいうのでしょうか?

私は死ぬまで加齢などという言葉に負けない生活を過ごして生きてゆきますよ。

平成24年8月22日(水)

(天 気)晴れ

生き生き歩行数A!!

生き生き歩行は血圧にも良い影響を与えているような気がします。

130−83前後で安定しています。

血圧対策に毎日玉ねぎスライスを半個、サントリーのゴマ麦茶等も飲食しています。

薬剤ではないのでまず、副作用の心配はありません。

まず、生き生き歩行は血圧だけでなく、弱った内臓の活性化にもなります。

玉ねぎのスライスは血圧だけでなく、血液をサラサラにする効果もあります。

ゴマ麦茶はどうせ飲むなら多少高血圧に良いものを飲んでいます。

・・・・・・・・・・

テレビで放映されていましたが、日本人の4〜5人に一人が糖尿病もしくはその

予備軍であるという事実は実に恐ろしい数字ですね。

その多くが生活習慣が悪いことに起因しているようです。

人工透析生活になると本人の負担は勿論、国に大変な負担をかけることになります。

大多数の人々はこのようなことをまず考えないで

透析生活に入っているようです。

自分が大変だ大変だと言っていますが、

国や国民に多大の負担を掛けている事を反省する言葉を

述べる人は少ないです。

・・・・・・・・・・

勝手な日本人が多くなっているということと、西洋医学を妄信する

人々が大多数なので、予防医学を大事にしない人々と

ただ、このような患者を多く抱えて経営を安定させようという医療機関

の姿勢が現在の状況を招いていると言って過言ではない

と私は常々思っております!

平成24年8月21日(火)

(天 気)晴れ

生き生き歩行数!!

携帯の歩行暦が過去10日間記載されていますが、詳しい内容が別にあります。

その中の一つが『生き生き歩行数』です。

即ち、同じ5000歩歩いてもしっかり歩かないと生き生き歩行数は2000歩とか3000歩

になってしまうのです。

・・・・・・・・・・

ここのところかなり大股でしっかり歩くようにしました。

そうすると歩行数の80パーセントが生き生き歩行になりました。

脚だけでなく内臓にも良い影響があるのかと思い、あり難いですね!

・・・・・・・・・・

夕方、テニスの練習に行きました。

元気の良い仲間が待っていてくれました。

都合で私は早く戻りましたが、気持ちの良い練習をしましたよ!

平成24年8月18日(土)

(天 気)曇り時々雨

韓国大統領の暴挙A・・・天皇を侮辱!!

日本を占領した米国の最高司令官マッカーサーは7年間の占領を終え本国に戻り

次のように報告しました。

・・・・・・・・・・

米国上院軍事外交委員会に出席した彼は、彼の7年間の日本における任務において

『日本が先の大戦に突入した主たる理由は

他国を侵略することではなく、自国のセキュリティーを守るためであった』と。

そして、彼は日本の天皇と何度も会話をしました。

彼は天皇が真に尊敬できる人物であるという感想も述べています。

天皇は自らの救命を一度も彼に要求しませんでした。

ただただ、我々日本国民の安全と平和を望んだのです。

何も解らない自分勝手な韓国の大統領が

次の選挙の為にわが日本国の象徴である天皇を侮辱する発言を

したことを私も含めた日本人の大多数は心から憤っていることを

韓国は悟ることになると思います!

案の定、国際司法裁判所に共同提訴しようという日本の提案に

即座に反対を表明しましたね!

日本が堂々とした対応を促していることを何とかごまかそうと

しているのです。

根拠無く占領している竹島を早く日本に戻すべき時が来たという事です。

平成24年8月15日(水)

(天 気)晴れ

韓国大統領の暴挙!!

竹島を独島といって実効支配を強行している韓国は国際的な冷静な判断を求める

為に国際司法裁判所に双方が提訴するという日本の提案を一貫して拒否しています。

・・・・・・・・・・

歴史的にも日本固有の領土であることが国際社会に知れ渡ることを回避しているのです。

即ち、韓国は日本の方が正しいと認識しているのに無理に自国の領土であることを誇示して

いるのです。

従軍慰安婦などはもともと存在していないと言ってよいのです。

戦争状態の時には世界のどこの兵士も平穏で冷静な対応は出来ません。

例外的な存在は欧米でもどこの国にもあった問題です。

嫌な言い方ですが、韓国の殆どのいわゆる従軍慰安婦といわれる女性は

お金をもらって売春をしていたプロ集団だったのです。

その女性の為に日本の若い兵士は

なけなしの給与を支払っていたのです。

・・・・・・・・・・

亡き母が一度だけ在日韓国人のことを非難したことがあります。

終戦が決まった日に

殆どの日本人が悲しみにくれる中

彼らはその日本人の前で「万歳、万歳!」と叫んだ事が本当に悔しかったとのことです。

韓国人の国民性は黙っていればどこまでも

つけ込んでくるというものです。

・・・・・・・・・・

私が恐れるのはこのような韓国の対応に

日本の中で強固なナショナリズムが台頭してくる可能性がないとは言えないということです!

・・・・・・・・・・

竹島問題、いわゆる彼らの言う従軍慰安婦?問題等は

もっともっと我々一般の日本人が

正しい認識をもつ努力をすべきですね。

一般の韓国人も中国人も日本人の比較にならないほど

勉強をしているのが現実ですよ。

政府ばかりを非難しているのはおかしいです。

おかしな政党を選んでおきながら

自らの選択については反省しない現在の日本人は無責任だと思いますが・・・

平成24年8月14日(火)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトの夏のキャンプに行ってきました!!

11日から14日まで我がボーイスカウト台東第一団の夏キャンプがありました。

私は11日から13日まで参加させていただきました。

・・・・・・・・・・

我が台東第一団は文京第3団の皆様と一緒に活動させていただきました。

文京第3団のボーイ隊の隊長、ベンチャー隊の隊長・副長さん達との交流は

とても楽しかったです。

・・・・・・・・・・

私は都合で13日に帰りましたが、奉仕する人々の心は十分に理解できました。

私にとって非常に楽しい2泊3日でした。

皆さんは今日の撤収を終え、車を運転して倉庫に帰られました。

倉庫作業を終えて、家に帰りましたが、気持ちの良い充実感に満たされ幸せでしたよ!

平成24年8月10日(金)

(天 気)晴れ

人生最期の死に様についてA!!

「どうにかして早く死にたい」という境地に立たされた人間の尊厳とは?

末期ガンの苦しみから早く開放されたいと思い、死にたいと思うだけではありません。

・・・・・・・・・・

家族や周囲の人々に多大な負担をかけていることに対する苦痛も大きいものでは

ないでしょうか。

医師の中村仁一氏は「大往生したければ医療とかかわるな」

死ぬならガンに限る。ただし、治療はせずに。

というショッキングなタイトルの著書を幻冬舎新書から発刊しています。

まだ、読みきっていないので逆説的な言い回しもあるのかなと思いますが、

真実を述べていると思います。

・・・・・・・・・・

ここで人生の最期にホスピスを選択する人々も多くなってきているようです。

私も良く考える問題だと思っています。

・・・・・・・・・・

しかし、殆どの人々の本音は安らかな往生を望んでいるはずです。

50パーセントの日本人がガンで死亡するなんて従来では考えられない

事態になっている現況をもっと追求すべきだと思います!

平成24年8月9日(木)

(天 気)晴れ

人生最期の死に様について!!

西洋医薬を妄信した結果、余りにも惨めな人生の最期を迎える人々が多数います。

まず、先進国でも最も多くの患者を抱えている痴呆症の日本人の存在は突出しています。

・・・・・・・・・・

この痴呆症の親を介護するために一度しかない人生を狂わせられている人々の数は膨大です。

苦しくてその親を殺すような結末を迎える人々の問題は悲惨です。

私は生活習慣病から痴呆症になる人々が多数いることをもっと重視すべきだと思います。

・・・・・・・・・・

昨今、ニュースで報じられていますが、東京都の人々の健康寿命は72歳程度です。

それ以降の7〜8年は本人がまず、現実を深く自覚すべきなのです。

その現実を認識せずに、のほほんと痴呆症になることは許されないと思いますが、

皆様はどう思われますか?

・・・・・・・・・・

痴呆症の問題は一番のものではありません。

末期ガンの患者は苦しみから、「早く死にたい」と念願するのです。

今までの人生の尊厳もなにもありません。

人生の最期に

「どうにかして早く死にたい」という境地に立たされて死ぬ人々の

人生とは何なのでしょう。

皆様は今、若くて元気な内にもっと真剣に

この課題に立ち向かわねばならないと思います!

平成24年8月8日(水)

(天 気)晴れ

テニスの練習!!

最近仕事でテニスの練習に出られませんでしたが、昨日は参加しました。

最初は勘が鈍くて動きが悪かったです。

その内徐々に慣れてきました。

・・・・・・・・・・

テニスは仲間がいないと出来ません。

仲間はあり難い存在です。

汗をかきましたが、気持ちが良かったですよ!

平成24年8月5日(日)

(天 気)晴れ

ポケモンを観ました!!

上映している映画で気に入るものは殆ど観ていますので、何を観ようかと迷いました。

その結果、今日の私は「ポケモン」を選択しました。

何で、若者や小学生に人気なのか理解しようと思ったからです。

・・・・・・・・・・

私も将来孫と観に行くことになるかもしれないと思ったりしました。

それでも、この映画はとても面白かったです。

悪者の悪を徹底的に滅ぼすという勧善懲悪のストーリーではないことが面白かったです。

悪者として登場するキャラクターが必ずしも悪者ではないと決め付けないことが

非常に良かったと

思いましたよ!!

帰宅してから角の金太郎(通称角金)で寿司を食べました。

30代のフランスの男性と話をしましたが、とても好青年でした。

アメリカ人とは違う文化の香りのするこのフランス人に好感を持ちました。

フランス人は日本の文化にも大変理解があることを実感しました。楽しかったですよ!

平成24年8月4日(土)

(天 気)晴れ

やはり「足首トントン健康法」はあり難いです!!

ここのところ仕事が忙しくて、トントンをやっていませんでした。

右足の親指に少し違和感がありました。

仕事でつま先を立てるような作業が続いたせいだと思いましたが、もしかして

痛風の予兆かもしれないと心配しました。

二日間朝夕500回実行しました。

お陰さまで、全くその違和感は消失しました。

良かったです、感謝しています。

やはり「足首トントン健康法」は素晴らしいと実感しました!

多くの方々が悩んでいる膝痛、腰痛、頚椎痛等々がないのは、トントンのお陰です。

玉ねぎスライスも毎日食しています。高血圧に良いというゴマの飲料もいいようです。

大股のウオーキングも効いていますよ。

西洋医薬漬けの生活は健康を阻害する大きな原因になっていると思います。

東洋医学的な自然治癒力を高める生活をすることを目指しています。

平成24年8月2日(木)

(天 気)晴れ

免許証の書換え!!

今朝、台東区下谷警察署で免許証の書換えを済ませました。

免許証は仕事で必需なので、良かったと安堵しました。

今回はつまらない違反も無く、ゴールド免許を取得できたことも嬉しかったです。

又、可視総合光線治療器のお陰で、今回も裸眼で合格しました。これも嬉しかったです。

これからも事故・違反のない運転を続けねばならないと決意しました!

平成24年8月1日(水)

(天 気)晴れ

今日の暑さはやや楽でしたね!!

今日の暑さはやや楽でした。

これから8月一杯は暑さが続くようですので、気持ちも「暑い、暑い」でなく少しでも

楽な時は「今日は楽だった」と自覚するようにしています。

仕事も集中していれば、疲れも感じないなと思っています。

オリンピックの選手を見習って頑張って生活しましょう!

平成24年7月29日(日)

(天 気)晴れ

妻の腰痛A!!

今回のマッサージの先生の治療法は殆ど坂戸孝志先生の治療法に共通しています。

今日も治療していだきましたが、背骨の矯正を

本人がよく意識して行うように指導してくれました。

私も妻の生活習慣を見ていますが、どうも前かがみになる

ことが多いので、よく注意してきましたが、

まだまだ自覚が足りないと思います。

ただ、先生に言われるほうが真剣になるようなので

私も良い先生に出会ったことを感謝しております!

平成24年7月24日(火)

(天 気)晴れ

妻の腰痛!!

妻の腰痛は頑固なものですが、やっと見通しが良くなってきました。

1年前は腰の筋肉がガチガチになっていました。坂戸孝志先生の腰痛緩衝法・解消法

をずっと私がサポートしてきましたので、やっとかなりほぐれてきました。

ありがたい事です。曲がっていた腰もかなり改善されてきましたよ。

それと区内で良いマッサージ師に出会ったのも幸運でした。

家内の友人もかなり腰が曲がってしまったようですが、そこできれいに姿勢を正して

もらったとのこと。

私も直ぐに家内も行くように勧めました。

その先生も東洋医学の治療法を取り入れています。

パンフレットを持ち帰るように妻に言いましたが、それを読んで私の考えとも合致したので

期待していました。

今日は、やっと筋トレに進んでも良いとの許可が出たようです。

緩んでいた腰の骨格も少し改善されてきたようです。

何とか、正常な姿勢になってほしいと念願しています。

平成24年7月23日(月)

(天 気)晴れ

大往生したければ医療とかかわるな−「自然死」のすすめ!!

京都大学の医学部を出て現在は老人ホームの付属診療所の所長をしている

中村仁一医師の著書です。

一月前に購入した本ですが今日やっと見つけ出しました。

・・・・・・・・・・

これから読むので詳しい内容はまだ解りません。

ただ、多くの人々が医薬信仰ともいえるほど、現代の医薬を信じているのは間違っている

というのが彼の主張のようです。

私の信念と非常に共通しているので読むのが楽しみです。

医薬はあくまで健康を取り戻すための補助的なものであり、

本来人間が持つ自然治癒力こそが病気を治す原動力であると述べているのです。

続きは後日・・・・・・・・・・

平成24年7月22日(日)

(天 気)曇り時々雨

映画『おおかみ子供の雨と雪』!!

前評判の通りとても良い作品でした。

アニメですか、画像が非常に優れていました。昔の風景もきれいに細かく描写されていました。

ストーリーにも感動しました。

いい映画を見たなという印象ですね。

皆様にも大変お勧めしたい映画ですね☆

・・・・・・・・・・

『サマーウォーズ』の細田守監督が自ら立ち上げたアニメーションスタジオ、

スタジオ地図で製作。

2人の子供と母親の姿を描くファンタジーアニメ。

“おおかみおとこ”と恋に落ち、“おおかみこども”の姉弟を授かった女性の奮闘と、

子供たちの成長という13年の物語が繰り広げられる。

脚本を担当するのは『八月の蝉』の奥寺佐渡子。

平成24年7月22日(土)

(天 気)曇り時々雨

ソフトボール大会中止!!

昨日は一年に一度のソフトボール大会が雨で中止になりました。残念でした。

今年も恐らく先発ピッチャーを任せられたと思うと尚更ですね。

・・・・・・・・・・

相手はテニスクラブの強豪チームです。

例年負けてしまいますが、それでも面白いです。

・・・・・・・・・・

試合はありませんでしたが、両方のチームが例のイタリアン『コワッパーズ』で

懇親会を行いました。

改めて一人一人自己紹介をして親睦を強めました。

・・・・・・・・・・

ソフトボールが出来なかったので、ボーリングの委員長のHさんを

中心に近々ボーリング大会をしようということになりました。

又、楽しみが増えました!

平成24年7月20日(金)

(天 気)曇り時々雨

一転寒い一日!!

今日は最高気温が23度ということで、Tシャツでは寒いくらいの陽気です。

気温の急激な変動には十分気をつけねばならないと思います。

・・・・・・・・・・

今日のニュースで中学生から高校生のグループが認知症のお年寄りを騙して

キャッシュカードの暗証番号を聞きだし、大金を盗んで遊興費に使ったという事件を知りました。

何とも背筋が寒くなるような事件です。

何でも金まみれの世相がこのような若年層に悪い影響を与えていると感じます。

生きる基準が明確につかめていないことが大きな原因です!

平成24年7月17日(火)

(天 気)晴れ

暑い一日!!

今日は猛暑でしたね。

35度位になったようです。

でも、仕事をしていれば、その暑さも忘れます。

・・・・・・・・・・

私は夏生まれなので、夏には強いです。

働いて汗を出すのは健康にも良いことだと思います。

明日も頑張りますが水分の補給は小まめに致します!

平成24年7月16日(祝・月)

(天 気)晴れ

海猿!!

今日の映画は何にしようかと迷いましたが、この映画に決めました。

午前9時35分なので、家をバイクで8時半に出ました。

時間はちょうど良かったです。

・・・・・・・・・・

私が当初考えていたようなストーリーではなく(ここまでは昨日の感想と同じでした)、

国民の命を支えてくれている海上保安官の活動を真摯に伝えてくれた作品でした。

最終章で主人公の妻の語った言葉が印象的でした。

『今の日本はそんなに捨てたものではないと思います。お腹の子供を育てる自信が

つきました。』・・・・・

・・・・・・・・・・

二人目の子供を身ごもっている妻が心底、海上保安官の特殊部隊で活動する

夫に対する信頼と尊敬の念が感じられる素晴らしい作品でした!!

平成24年7月15日(日)

(天 気)晴れ

アメージング スパイダーマン!!

今日の映画は何にしようかと迷いましたが、この映画に決めました。

午前9時35分なので、家をバイクで8時半に出ました。

時間はちょうど良かったです。

・・・・・・・・・・

私が当初考えていたようなストーリーではなく、若いスパイダーマンのみずみずしい恋も良かったですよ。

コレでは、続映があるなら、是非観たいです。

アメリカ映画の底力をも感じる素晴らしい作品でした!!

・・・・・・・・・・

明日も観に行こうかな?

平成24年7月14日(土)

(天 気)晴れ時々雨

生活保護考!!

生活保護の申請をする人々が急増しています。

勿論、身体が悪くてどうしても働けない人々にとっては最後の頼みの綱ですから遠慮なく申請す

べきだと思います。

・・・・・・・・・・

しかし、もともと余り働く意思がなくて兎に角受給だけを目当てに申請する人々も激増している

ようです。

我が台東区は23区の中で一番受給者が多いそうです。

懸命に働いても国民年金の受給額は少なく、医療費もかなりの負担になっている

大多数の人々にとっては誠に不平等な扱いになっています。

国民に多大な負担をかけているのに、昼間から酒を飲み、競馬競輪を

しているような生活の受給者が多いのには腹が立ちます。

病院もこのような受給者を送り迎えして、多額の医療費を国に

背負わせている現状もあると聞き、一体この日本はどうなっているのだろうと考えてしまいます。

・・・・・・・・・・

このような人々の生活保護費や医療費を負担している

善良な人々がいます。

国は財政が立ち行かないので、消費税を上げようとしています。

益々、善良な人々の生活は圧迫されます。

国の財政難など少しも考えない人々が余りにも多すぎます。

平成24年7月11日(水)

(天 気)晴れ

小沢一郎の強権政治手法の恐ろしさ!!

以下は平成22年2月4日のブログでの発言です。

小澤一郎という人物にはこのような裏面があることを再認識すべきだと思います。

・・・・・・・・・・

小沢氏は必ずインタビューは『国民の生活が第一』というスローガンが壁に貼ってある場所で行います。

大変巧妙な手法です。民主党がマニフェストに書いてある通りの政策が確実に実施されるなら国民にとっ

て魅力的に映るでしょう。しかし、私はそれほど評価していません。

小沢一郎が描いた将来像に沿って政権与党は縛られている訳ですが、彼の常套手段である何でも金で解決

することの一環のように思えてなりません。

・・・・・・・・・・

一番怖いのは参議院選挙で過半数を獲得した時に、彼の本性が現れることは確実です。

・・・・・・・・・・

@永住外国人に地方選挙権を与えることは日本の主権を危うくします。永住韓国人は今まで本国での選挙

権がないことを一つの理由にしていましたが、それが認められるようになった現在、日本における参政権

を求める理由が希薄になっています。又、日本人に帰化すれば当然日本政府は参政権を与えます。日本に

住み、日本人にはなりたくないが参政権だけはほしいと言う主張には違和感があります。そして、私が危

惧するのは朝鮮半島の人々のみでなく、中国人です。小沢一郎は何百人もの民主党員を引き連れて中国の

要人と握手させ、ご機嫌をとるような行動をとる人物です。

イラク戦争時にクエートに莫大な税金を投入した中心的な人物でもあります。クエートには感謝されませ

んでした。

A輿石議員は元日教組の幹部であり、日本の教育を歪めてきた人物でもあります。この人物と小沢一郎は

実につながりが堅いということは周知の事実です。

B彼の説によれば、自衛隊員に武器を使用する海外派遣に行かせる危険性があります。

C財政破綻が加速することも考えられる。

D国民に子供手当てや高速無料化、農業の個別補償などで自立心を弱める可能性が大きくなる。

E厳しい外国との競争に打ち勝つような気概の人間が減少する恐れがある。

等々、過半数をとった後には彼の強引な政治手法が待っていることを重視すべきだと思います。

・・・・・・・・・・

やっと育ってきた日本の民主主義の世の中で、民主党員が彼を恐れて何も反論できない状況は正しく異常

であり、ドイツのヒトラーの誕生を連想させるような悪夢も考えてしまいます。私は参議院選挙によりど

んな結末になるか本気で危惧しています。

本日潔く身を引いた横綱朝青龍にならって、自らの政治団体の秘書3人が起訴された責任は非常に重く、

幹事長を辞職するのが国民のためであり、同志の政党である民主党のためにもなると思います。

平成24年7月10日(火)

(天 気)晴れ

長男夫婦の来宅!!

長男夫婦がスカイツリー見物のために休暇を取って出て来て、実家にも寄ってくれました。

今日はお天気が最高で上の展望台にも昇ったそうです。

予約客の最終日はとても空いていて450メートルの展望台はガラガラだったようです。

まず、350メートルの展望台からすぐに上の展望台に行ったのが良かったと言っていました。

嫁さんがとても明るい女性なので帰りにも家に来てくれて

話が弾み楽しかったですよ!

・・・・・・・・・・

彼女は今月12日が誕生日ですが、今月23日に誕生日の私の為にケーキを

買ってきてくれました。お祝いの品も気に入りました。

おめでとうの垂れ幕が入ったクス球も飾ってくれました。

『ハッピーバースデーto you』を唄って祝ってくれました。

本当に嬉しかったです。

平成24年7月9日(月)

(天 気)晴れ

先輩達との会食!!

一昨日テニスのK先輩から電話をいただき、月曜日の会食を誘われました。

仕事の都合もついたので、今日出かけました。

お互いにやはりテニスで親友のOさんと三人での会食でした。

中華料理の美味しい店でしたのが、出る料理にとても満足しました。

明日はテニスの練習日ですので、是非行って汗をかきたいです。

K先輩におごってもらいました。本当に有難うございました!

平成24年7月6(金)

(天 気)雨後晴れ

映画『グスコーブドリの伝記』!!

イーハトーヴの森の木樵の息子として両親と妹と穏やかに暮らしていたブドリは、

森を襲った冷害のため家族を失くし、ひとりぼっちになってしまった。

それでもブドリは、生きるために一生懸命働き、

やがて成長し火山局に勤めるようになる。

そこに再び大きな冷害が襲ったが、悲劇を繰り返さないため、ブドリは決心する。

・・・・・・・・・・

宮沢賢治の童話を、彼の代表作『銀河鉄道の夜』をアニメ化した

杉井ギサブロー監督ら同じスタッフによって

映像化した感動アニメ。

イーハトーヴの森で暮らす主人公が

家族を奪った冷害に再び襲われ、苦悩する姿が描かれる。

主人公ブドリの声を小栗旬が担当するほか、

忽那汐里、佐々木蔵之介らが声優に挑戦している。

・・・・・・・・・・

銀河鉄道の夜もこのグスコーブドリ(主人公の名前)の伝記も

宮沢賢治の正確な現実認識と素晴らしい想像力が人々を魅了する

最高の作品だと思います。

小学生の子供と鑑賞した親子連れが何組もいましたが

自然の中に生きる厳しさとブドリの勇気は理解されたと思いますよ!

平成24年7月6(金)

(天 気)曇り時々雨

『でも、しか先生』!!

終戦後の食糧難の時代には大学を出ても就職できない学生が大勢いました。

・・・・・・・・・・

給料が安くやっと生活できるような仕事しかなかったのです。

そんな時代に『先生にでもなろうか、先生しか仕事がない』と仕方なく先生になった学生が

多くいました。

一流企業には届かないので諦めて先生になったのです。!

・・・・・・・・・・

ではこのような教師がダメ教師だったかというと、それは違っていました。

薄給でも一旦教師になったからにはと生徒の為に熱血教師になったのです。

休みになると生徒の家を訪問したり、悪いことをすると往復ビンタが出ました。

ごく一人の先生以外は往復ではなく一発だけでした。

頭の上からゲンコで思い切り叩くふりをして頭の寸前で止めて、そっと

頭に触れるという年配の先生もいましたね!

でも、憎くて叩くのではないので一度だけで終わりました。

叩く先生は全体の1割程度だったと思います。

修学旅行に髪を整えるドライヤーを持っていったといって、何十分も殴り続けて死亡させるなど

という事件は皆無でした。

自分の弱点も見せることもありましたが、兎に角威厳がありましたね。

両親も学校で先生に殴られたと報告すると、『お前が悪いからだ』と言われるのが普通でした。

・・・・・・・・・・

最近の教師は待遇も良くなったので、ペーパーテストが優れた学生が殆どを占める

ようになりました。

私から見ると、人間としての大切な教育は影を潜め、教師の質が低下していると思います。

自殺の練習をさせられて、自殺した中学生の心情を思うと

親や学校の今の教育に心底憤りが湧いてきます。

平成24年7月5(木)

(天 気)晴れ時々曇り

中学生が自殺強要だと、『ふざけるな!』!!

何でこのような事件が起きるのか、我々大人は真剣に考え、取り組まねばなりません。

・・・・・・・・・・

明白な事実は、自殺を強要した子供の親にあります。

それに輪をかけて最低の対応をした中学校にもあります。

人間が何をもって生きているのか、このような親のどうしようもない『生き様』が原因です!

・・・・・・・・・・

我々は、可愛い子供や孫をこのような殺人教室に通わせてはなりません。

こんな最悪の殺人教室に通わせなくても素晴らしい学校はいくらでもあるのです。

普通の学校に通わせることに拘ることは全くありません!

そして一番大切なことは子供の親は、自分の人生を楽しむだけでは駄目です!

自分の子供が殺人者に成り下がっているかもしれないし、殺されるかもしれない

のですよ!

・・・・・・・・・・

このような親たちにしっかりしろと言いたい。

そして人の命を虫けらのように奪う殺人者を、

殺人を何とも思わない子供を育てる親は本当に憎むべき存在なのです!

平成24年7月1(日)

(天 気)晴れ時々曇り

映画ホタルノヒカリ!!

私のお気に入りの品川プリンスシネマで映画を観ました。

本当は洋画のラブストーリーを観ようと思いましたが、午後に天候が悪化するようなので

9時25分に始まる干物(ひもの)女の物語?『映画ホタルノヒカリ』を観ました。

・・・・・・・・・・

物語の中では、涙する場面もありましたので感動しましたよ。

全く期待しなかったのに、非常に心打たれて良かったです!

平成24年6月29日(金)

(天 気)晴れ

夫婦でお祝いしていただきました!!

ボーイスカウトに長く携わってきた者を表彰するボーイスカウトの組織の規約があり、

私と妻が同時に表彰されました。

・・・・・・・・・・

我が団としても、今日のお祝いの集いを開いて下さいました。

嬉しかったです。

団の方々や育成会の役員の方々も参加して下さいました。

会長がとても熱心にバックアップして下さったそうです。

皆様本当にありがとうございました!

平成24年6月28日(木)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトの地区組織拡充委員会!!

浅草のS寺にて行われました。

台東区、荒川区、足立区、文京区の各団の委員が集まりました。

組織の登録も来年から大幅に変わるようなので委員長がそのことを各団によく説明してほしい

と言われました。

準備期間が少ないので本当に移行できるか疑問の向きもあります!

平成24年6月27日(水)

(天 気)晴れ

川沿いの散歩道!!

すっかり土手の緑は濃くなり、うっそうと生い茂っています。

夕方は比較的涼しく感じられ、散歩するにはもってこいの陽気でしたよ。

水神大橋を渡って東白鬚公園に入り、シイの木の林の中を歩くのも森林浴の気持ち良さを味あえます。

林の向こうには東京スカイツリーが聳え立っています。

犬を連れた方々が多くいます。

勿論子供づれのお母さん達も目立ちます。

やはり歩くのはいいもんですね!

平成24年6月26日(火)

(天 気)晴れ

角金での先輩との会話!!

85歳前後の先輩が思わぬことを発言しました。

中学高校で弓道を習っていたので、この歳になったけれど、今一度弓道を極めてみたい

という発言をしたのです。

わが町には、近くに弓道を習う施設がありますので、問い合わせることを進言したのです。

・・・・・・・・・・

この先輩の言葉が私には非常に印象に残りました。

私も、小学生の時に両親が警察署にある剣道の道場に通わせてくれました。

明日は近くの剣道が出来る施設に問い合わせてみようかと思います。

・・・・・・・・・・

結構、楽しい毎日を過ごせるような気がします!!

平成24年6月25日(月)

(天 気)晴れ

先輩との会食!!

午後に先輩より電話があり、『一杯飲もうよ』と誘ってくれました。

私はこの先輩と飲むととても楽しく気分が良くなりますので、心底嬉しいです。

世間でとても影響力のある方ですが、少しも偉ぶることがありませんので

私も気を遣うことがありません。

私が知らない世界を語ってくれますので、新鮮な驚きもあります。

今日のお店の『鮨勝』さんの大将は先輩の大の親友であり、私も知っている方です。

この大将も大した男なので、尚更話が盛り上がります。

先輩、今日も有難うございました!

平成24年6月24日(日)

(天 気)晴れ

スカイツリーでの買い物!!

20日に家内と行ったスカイツリーに夕方5時過ぎに

今日は一人で自転車で買い物に行きました。

『魚力』のきざみめかぶを買いたかったのです。

250円でたっぷり入ってねばりもあるような美味しそうなものです。

今帰って来たばかりなので夕食に食べますよ。

又、20日に家内が買えなかった

タイムサービスの『魚寅』の立派なイカ4杯690円も買ってきました。

駐輪場は2時間まで0円なので助かります。

違法駐車で近所に迷惑をかけることはありません。

・・・・・・・・・・

『魚寅』なども午前10時からは早朝割引をするというので今度はその時間に行ってみます。

平成24年6月23日(土)

(天 気)晴れ

ゴルフコンペ゜!!

今日は今一テニスクラブのゴルフコンペ゜です。

いつもハンデ頭でブービー&ブービーメーカーの私です。

でも、前回は16名中、8位て゜したよ。

今回は

昨日の練習場での50分の成果が感じられますので、

5位に入賞するつもりです。

皆様にそれをご報告することを楽しみにしております!?

・・・・・・・・・・

こんなことを報告しましたが、ゴルフはそんなに甘いものではありませんでした。

16名中16位でした。

でも、一緒に参加した弟が優勝しました。

最高に嬉しかったです。

・・・・・・・・・・

テニスの元会長さんの中学時代の級友のママさんが

経営しているスナックに9名で行きました。

弟は歌は全く唄わないので、私が裕次郎の『二人の世界』を唄いました。

弟はダンスが上手なので

小学校の同級生のH君が奥様と参加しましたので頼んで弟と踊ってもらいました。

弟は神奈川県まで帰るので、ダンスのあと帰してもらいました。

その後、私は坂本九さんの『見上げてごらん夜の星を』を

とても楽しく歌わせていただいて帰宅しました。

実に良い一日でしたよ!

平成24年6月22日(金)

(天 気)晴れ

血圧は大変安定しております!!

いつも朝のうちは血圧は高めですが、最近はとても安定してきていますので助かっております。

135−85前後です。朝でなければ127−78程度の時もあります。

お茶もどうせ飲むなら血圧高めの者に良いというサントリーの『ごま麦茶』を飲んでいます。

宣伝する訳ではありませんが、

副作用のあるようなものではないようですので良いと思っています。

平成24年6月20日(水)

(天 気)晴れ

東京スカイツリー見物!!

三男がネットで我々のためにチケットを取ってくれました。

昇ってみると想像以上に高いなと感じました。アサヒビールの炎のビルや墨田区役所が小さく見えました。

家内と二人でとても楽しいと時を過ごしました。

ソラマチでは大変多くの店舗がありました。

価格も高くはないと思いました。

築地の魚屋さんの品物の新鮮さと安さが印象に残りました。

自転車置き場もありますので、時々出かけようと家内と話しましたよ。

本当に有難うと息子に伝えました。

      

中央は隅田川に掛かる桜橋(人のみの渡るX橋)の様子です。

平成24年6月19日(火)

(天 気)雨

久しぶりの静寂!!

隣の駐車場タワーの解体作業が一段落して、今日は土を埋める作業でしたので静かだったです。

家から5分程のところでも大きなビルの解体工事が行われています。

余り音が激しくありません。

良く見ると非常に高いクレーンから硬い土台をネジで掘り下げるような作業をしていました。

隣家の工事ではあのような巨大な機械は使えないのかと思いました。

平成24年6月18日(月)

(天 気)曇り

寿司店での白熱議論!!

実は17日の日曜日に例の角金で昼食を食べていました。

その時、初対面の70歳位の男性と同席しました。

私は歳を重ねたらなるべく家族の負担にならないようにすべきだというのが持論です。

彼は、そんなことを言っても病気になったら医者の世話になるのが一番だと言いました。

又、誰でも歳をとったら家族に面倒を見てもらいたいと思っているんですよとも言いました。

・・・・・・・・・・

上手な医師のお陰で自分は命を救われたと言いました。

シャツをめくり私に手術の傷跡を見せてくれました。

私は、そんなことになる前に生活習慣を変えなかったのですかと、問いました。

彼は、全くそのようなことには気を使わない男でした。

角金のような所で飲食をすることも医師には禁止されているようでした。

・・・・・・・・・・

彼の手術で相当の金額が支払われていたということは間違いないと思います。

即ち、彼は自分の悪い生活習慣のお陰で、国民に多大な負担をかけていると

いうことは、微塵も考えていないのです。

・・・・・・・・・

余りにも他人のことを考えないこの男に私も言うことを言いました。

その男性が、私より先に退席されたので

『初対面の方に、言いたい放題のことを言ってすみませんでした』と

言葉をかけました。

彼は、『いいえ・・・・』と答えただけでした。

・・・・・・・・・・

私は自分の発言に対して、後悔することはありません。

余りにも、だらしない大人(60歳以上)が増えているとは思いませんか?!

平成24年6月18日(月)

(天 気)曇り

隣の駐車場タワー解体工事A!!

土曜日で鉄筋コンクリートを砕く作業は終了ということでしたが、今日の午前中まで掛かりました。

その後の作業はさほどの騒音は無かったので、雨戸も開けて少し楽になりました。

ネットで調べましたが、もっと騒音を小さくする作業方法もあるらしいです。

何とか、酷い騒音・振動からは開放されてほっとしています。

平成24年6月17(日)

(天 気)雨

映画『幸せへのキセキ!!

今日もバイクで出かけました。

『幸せへのキセキ』というアメリカ映画でした。最愛の妻に先立たれた男と息子、娘の物語です。

9時50分開演なので、9時前に家を出ました。

ちょうど良い時間に着きました。

1番シアターでしたが、座席もゆったりとしていて楽でした。

内容も私の期待に応えてくれる楽しいものでしたよ!

平成24年6月16(土)

(天 気)雨

隣の駐車場タワー解体工事!!

今日までということで我慢してきましたが、余りの騒音と振動で一日中気持ちが悪くなりました。

鉄筋コンクリートの基礎を砕く音に心底参りました。

違う工事の方法はないのでしょうか?

どうも、隣家の主はそんなことを心配するような人物ではないようです。

平成24年6月15(金)

(天 気)曇り

父の日のプレゼント!!

足立区に住む次男の嫁が孫を連れて来てくれました。

お祝いには孫の写真を手作りの紙の車に貼り付けたものをくれました。

中央には私の身体を気遣うメッセージのカードが貼り付けてありました。

とても嬉しかったです。娘のような気がするいい嫁さんですよ!

平成24年6月13(水)

(天 気)薄曇り

映画『ガール』!!

日曜日に映画を観に行きました。

バイクで出かけましたが、着いたのが12時20分頃でしたので、すぐに観られる『ガール』を観ました。

観客は殆ど若い女性のようでした。

私が入館した時には始まっていました。

例によって、一番後ろの一番左側に座りました。

違う映画を観る予定もありましたが、私の息子の嫁さん達がちょうどこの映画のガールの年代なので

興味がありました。

・・・・・・・・・・

とても現実的な問題を捉えていましたが、希望に満ちたガール達の生き様にはかなり共感しましたよ。

昨日、先輩がこのガールの少し上の女性3人との会食に誘ってくれました。

その内の一人に日曜日に映画に行くと告げていました。

『結局、どの映画を観たのですか?』と聞かれました。

恐る恐る『ガール』ですと理由とともに答えたら、『偉い!』というようなことを言われました。

びっくりましたが、嬉しかったですね(笑)。

本当は洋画を観るつもりでしたが、

最近観た映画三点は、水谷豊さんの『HOME 愛しの座敷わらし』・阿部寛さんの『テルマエ・ロマエ』

そして、私のお気に入り女優の吉瀬美智子さんの『ガール』の邦画ばかりでした?

来週こそは洋画を観ようかな?

・・・・・・・・・・

その洋画ですが、劇場中継版の『オペラ座の怪人』が最も印象に残っていますね。

平成24年6月11(月)

(天 気)曇り

隣の駐車場タワー解体工事!!

駐車場タワー建設の時も、工事の騒音や建設後の振動や騒音に悩まされました。

一月程前からそのタワーの解体工事が始まりました。今までも酷い騒音でしたが、昨日から始まった

鉄筋の基盤コンクリートを壊す工事はすさまじい騒音と地響きがします。

勿論テレビも聞こえないし、電話の音も聞こえません。

工事の責任者は何度か説明に来ていますが、工事の依頼者は一度も挨拶に来ません。

近所の方々もそれが不満になっています。

常識的には工事の前に挨拶に来るのが当然だと思いますが。

一階のガラス戸も壊されました。

網入りのガラスだったので、怪我はしませんでしたが

『今度このようなことがあれば、対応は大きく変わりますよ。』と伝えてあります。

お互いに穏やかに対応したいです!

平成24年6月9(土)

(天 気)雨

生きる苦しみD!!

聖路加の日野原医師は100歳で現役、元気そのものの方です。

私も友人知人にその話をすると、殆どの方が『あの先生は特別な人だから・・・』と言いますね。

彼の著書を読めば解りますが、若い頃は戦中で栄養不足の生活を続けてこられた方です。

京都大学に通っていた時、結核で一年間休学しました。

身体はもともと虚弱体質でとても現在の健康体ではありませんでした。

・・・・・・・・・・

これではいけないと思い、健康に関して様々な取り組みをされた結果が現在の彼を生み出したのです。

ただ、医師の仕事に生涯をかけていますので、とにかく仕事に熱中する毎日のようです。

徹夜することもあり、周囲から100歳を機に、それだけは自重して下さいと

注意されているのが現実です。

食事には大変気をつけていますが、

かなりアバウトの面もあるようです。

仕事に熱中していると空腹にならないので、食べなくても大丈夫。

腹いっぱい食べる方が健康を損ねるとも述べておられます。

腹八分目は実際は満腹状態で、胃腸にかなり負担をかけているそうです。

ですから、満腹は120パーセントの状態で、胃腸に過重な負担をかけているとのことです。

・・・・・・・・・・

栄養摂取は重要なポイントをつかんで取り組むべきだということです。

即ち、情報に右往左往してすることは、強いストレスになり逆効果なのです。

食事に関して何でもかんでも杓子定規に考える必要はないということです。

・・・・・・・・・・

又、運動に関しても彼は比較的柔軟に捉えています。

彼の言うように高齢者の運動は『歩き』が最も良いということは、周知の事実です。

しかし、私の周囲の高齢者を見ても、腰や膝が痛くて歩けない方々は多くいます。

その方々に歩けとは言えないでしょう!

歩けない方には違う方法でカバーするしかありませんよね。

私は、各自が自分に合った運動を見いだすべきだと考えます。

・・・・・・・・・・

その一つが、『足首トントン健康法』なのですよ。

とても素直にこの健康法を取り入れている女性がいます。

かなり大変な病気になり、苦しんだ方ですが、現在は顔色も良く表情も素晴らしく明るいです!

平成24年6月8(金)

(天 気)晴れ

生きる苦しみC!!

少し離れた所に住んでいる方が突然激痛に襲われ苦しんでおられることを知りました。

全く違う箇所が病んでいるということは知っていましたが、結局、骨が治療できない状態になってしまった

そうです。

本当にお気の毒です。立つ事もできないし、寝ていても痛みが酷いそうです。

何が原因なのでしょうか?

・・・・・・・・・・

4日に以上のような報告をさせていただきました。

結局、代替の骨をボルトで固定する手術をすることに決められたようです。

治療費は間違いなく、百万円単位になると思います。

治療費はともかく無事に手術が成功することを祈っています!

平成24年6月7(木)

(天 気)晴れ

生きる苦しみB!!

平穏に日常を過ごしてきて、突然ある日予想もしない病魔に襲われることは大変な不幸だと思います。

何とかそれを克服する道が見つかることを願うばかりですね。

・・・・・・・・・・

私の主張に反論される方もいるのではないかと思いますが、正直に述べさせていただくことを

許してください。

即ち病気の半数以上は生活習慣を正しくしていれば避けることができるという日野原医師の言葉は事

実だと思います。

人間は弱いもので悪いと解っていてもそれを正すことにはそれほど熱心ではありませんね。

私の周囲でとても心配な方々に共通するのは、

@経済的には恵まれている方が多数であること

Aいわゆる医薬信仰的な考え方の方がやはり多数であること

Bその結果、生活習慣が悪い

C我々の身体に備わっている『自然治癒力』を余り認めないこと

D親切に言っても、頭から信用しない方が多い

Eその結果、自分に迫っている状況に対して『危機意識』が極めて低いこと

以上のようなことだと思います。

・・・・・・・・・・

以上の結果、本当は伝えたいと思いますが、どうしても伝えられない人もいます!

平成24年6月6(水)

(天 気)晴れ

生きる苦しみA!!

突然予想もしない病魔に襲われることは大変な不幸だと思います。

何とかそれを克服する道が見つかることを願うばかりですね。

・・・・・・・・・・

聖路加の日野原先生の著書を読んでいますが、病気の半数以上は生活習慣病と言えるそうです。

即ち病気の半数以上は生活習慣を正しくしていれば避けることができるということです。

人間は弱いもので悪いと解っていてもそれを正すことにはそれほど熱心ではありません。

例えば、喫煙や飲酒についていえば良く理解できます。

喫煙は全く身体に良くない習慣です。それも自分だけでなく、周囲の方々にも

悪い影響を及ぼすもので、弁解の余地はありません。

又、飲酒も本当に適度なものならば、一日の疲れも取れるし悪いとばかりは言えません。

しかし、飲酒運転が後を絶たないように

他人の人生を狂わせる原因になっています。

酔って喧嘩をしたり、人間関係に悪い影響を与えたりするのも飲酒が原因のことが多いです。

・・・・・・・・・・

又、過度に医薬に頼りすぎるのも悪い生活習慣と言っても過言ではありません。

適度な医薬は身体を正常にしますが、過度の医薬は毒ともなりうるからです。

・・・・・・・・・・

人間に備わっている『自然治癒力』を見直して、本当の健康を手に入れましょう!

平成24年6月5(火)

(天 気)晴れ

生きる苦しみ!!

少し離れた所に住んでいる方が突然激痛に襲われ苦しんでおられることを知りました。

全く違う箇所が病んでいるということは知っていましたが、結局骨が治療できない状態になってしまった

そうです。

本当にお気の毒です。立つ事もできないし、寝ていても痛みが酷いそうです。

何が原因なのでしょうか?

・・・・・・・・・・

何とか治せる方法はないのか、

今のところ痛み止めの座薬しか処方してもらえないとのことです。

平成24年6月4(月)

(天 気)晴れ

マツダ デミオ!

今日は荒川区の整備工場のお得意様の依頼で、マツダ・デミオのコーティングをさせていただきました。

ツルツルぴかぴかの仕上がりはご満足いただけたと確信しております。

本日も誠に有難うございました!

・・・・・・・・・・

又、今日はテニスの先輩のIさんが、テニスラケットの握りの部分が壊れていたのを心配して

材料持参で直しに来ていただきました。

本当にありがたく嬉しかったです!

平成24年6月2(土)

(天 気)晴れ

夏祭りA!

1歳の孫も遊びに来たので町会の太鼓や子供神輿に着いて廻りました。

お祭りおじさんがいて、子供神輿も元気な掛け声が出るようになって良かったです。

・・・・・・・・・・

やはり、このような『祭りバカ』ともいえる大人も必要なのかなとつくづく思いました。

楽しかったですよ!

平成24年6月1日(金)

(天 気)晴れ

夏祭り!

今日は祭りの『御霊入れ』です。

明日から本格的な夏祭りが始まります。

・・・・・・・・・・

私も町会は家内に任せていますが、少しでも協力しようと決意しました。

平成24年5月31日(木)

(天 気)晴れ

四人でテニス!

昨日はテニスの練習に行きました。

しばらくは三人でしたが、コーチのTさんが来たので四人で練習をしました。

・・・・・・・・・・

絶好のテニス日和でしたが、最後まで四人でした。

でも楽しく練習試合を続けましたので良かったですよ。

平成24年5月28日(月)

(天 気)晴れ後雨

ミッドナイトINパリ!

昨日も品川プリンスシネマに行きました。

題名が気になったので、『ミッドナイトINパリ』を観ることにしました。

・・・・・・・・・・

アメリカで脚本家として売れっ子の男性が、その仕事に納得せずに古き時代をテーマにした

小説を書くことを希望しています。

彼には婚約者がいますが、彼女と彼女の両親はそれに反対しています。

パリに四人で旅行にきていますが、初めての夜のパリの街に、はぐれて偶然に出合って話したのが

ピカソ、ヘミングウエイなどの歴史上の人物だったのです。

・・・・・・・・・・

過去の時代にタイムスリップする物語です。

先週、観た『テルマエ・ロマエ』も同じでした。

私が、そのような物語に興味を持っているということでしょうか?

とても面白いロマンティックな映画でしたよ!

映画の結論は過去に捕らわれても何の意味もないといういかにもアメリカ的なものでした??

・・・・・・・・・

又、大震災をきっかけに人々がこの世に生きる価値観の大きな変化があると思います。

『HOME愛しの座敷わらし』もある意味で同等の価値観の映画でしょうか?

又、コミック映画の『ホタルの?』もそのような内容の映画らしいです。観に行くかもしれません。

これらの作品は、偶然に現れたものではないと思いますよ。

地球からわずか200キロメートル上空の世界を漂うことで、宇宙を制覇したと

勘違いしている人類が、これから本当の精神世界の未知の領域を知る

ほんの第一歩でしかないことを認識する一つのきっかけでしかないということでしょうか!

平成24年5月25日(金)

(天 気)曇り後雨

ベンツE350!

昨日から今日にかけて浅草橋のお得意様から依頼されたベンツE350の室内クリーニング

をしています。

シート他が本革製ですので、使用する液剤も仕事の工程も違います。

本日の午後3時にはお届けするお約束になっております。

満足いただける仕上がりになっていると自負しております!

・・・・・・・・・・

良く経緯を聞かせていただきました。 取次店の社長は『お得意様はこのお車を売却されるので

売値に直結する車内の清掃を貴社に依頼したのです。』ということでした。

私も、かなり気を使いましたが、きれいに仕上がったと信じています。

・・・・・・・・・・

結局、なんら問題なくお車を納入することができましたよ!

本当にありがとうございます!

平成24年5月22日(火)

(天 気)雨

金環日食の翌日はスカイツリー開業日!

あいにく雨となってしまいましたが、明日は晴天のようなのでスカイツリーからの景色は

素晴らしいでしょうね。

ツリーの下の商業施設『そらまち』には様々なものがありますね。

今日も妻と話しましたが、自転車置き場はあるのでしょうか。

私は散歩がてら歩いて行こうかと思っています。

30〜40分で着くので、丁度良いきょりです。

水族館やプラネタリウム、寄席、書店などが

一番先に行きたいところです。

平成24年5月21日(月)

(天 気)晴れ

金環日食!

専用のメガネが必要なので購入しようと思いましたが、少し考え直しました。

仕事で使用するフィルムは紫外線を99パーセント防ぐことができるからです。

可視光線はそれを何枚か重ねることにより、殆ど光を通しません。

昨日、試用しましたが大成功でした。

足立区に住む次男宅にも届けました。

朝、売り切れで手に入らなかった近所の方にも差し上げました。

・・・・・・・・・・

我が家は屋上から観ましたが実に良く見えましたね。

雲が薄くて本当に良かったです。

次男の嫁からも『良く見えて、よかったです!』というメールをもらいました。

平成24年5月20日(日)

(天 気)晴れ

映画『テルマエ・ロマエ』!

今日は映画を観に行こうときめていました。

11時55分から上映される『テルマエ・ロマエ』という映画に興味を持ちました。

直訳すると『大衆浴場・INローマ』という感じです。

古代ローマの浴場と現代の日本の浴場を面白おかしく繋げた映画です。

これが妙に共感を覚えて、いいんじゃないかと感じさせる映画でしたよ!

平成24年5月20日(日)

(天 気)晴れ

今朝の血圧!

私の血圧は通常現在の医学会では高血圧になる値です。

140前後と88前後です。しかし、以前にも述べましたが医学会の高血圧の基準はころころと

変ってきました。生命保険での基準は厳しいものですが、降圧剤を使用しない値なら

160程度も契約更新されます。

その対応が相応しくないものなら、保険会社は契約者が高血圧で多数死亡し、保険金の支払いが

莫大なものになってしまいます。

又、私の若い頃は年齢に90を加えた値が正常だとも言っていました。

現在高血圧は130を超えたあたりに決めているようですが、私は全く納得していません。

・・・・・・・・・・

却ってこのようなことで降圧剤を服用する人々が激増し、服用しての値を正常値だと誤解する

ことにより、病人が同様に激増しているような気さえします。

さて、今朝ウオーキングから帰って、血圧を測りました。

127−77と124−74でした。

降圧剤を服用しなくても常に身体に良いことをしていれば

だんだん落ち着くのではないでしょうか。

又、一日のうちで血圧は上下します。

高いときも低いときもあります。

極端に一喜一憂しないほうが健康の為になると思いますよ!

平成24年5月18日(金)

(天 気)雨後晴れ

嬉しい!スカイツリーに昇れます!

来月、私と妻はスカイツリーに昇ることができます。最高に嬉しいです!!

全く予想もしていなかったので、喜びも倍増ですね。

スカイツリーの建設当初から、毎日のように見学に行っていました。

良くても今年の秋ごろだと思っていましたので、突然の幸運に舞い上がっています。

・・・・・・・・・・

実は三男が私たちの為にネットで申し込んでくれたのです。

ありがとう。感謝しています!!

平成24年5月18日(金)

(天 気)雨

神の手!!

先日、天皇陛下の手術を担当された天野医師の日々の活動がテレビで放映されていました。

優秀な医師でも年間50例の手術実績が最高と言われる心臓手術が現状なのに

彼は何と400例も担当しています。

日常は病院に寝泊りしているようです。

一日に3度手術することもあります。

心臓の手術の不手際で彼が31歳の時に亡くなった父親のためにも

自分の天命だと思って頑張っているとのことです。

難しい心臓手術で98パーセントの成功を収めています。

彼のお陰で失われる命が救われる人々が多数存在します。

実に献身的で高貴な精神の持ち主だと思います。

・・・・・・・・・・

ただ、彼の手術を受ける人々を見ていると

太りすぎの傾向が見られると思いました。

普段から生活習慣を見直して自分の健康維持に努めているのか疑問に思いました。

生活習慣が悪く、病気になり

彼のような【神の手】に頼ることが、正しいとばかりは言えないのではないでしょうか?

平成24年5月17日(木)

(天 気)晴れ

心地よいウオーキングA!!

朝からの仕事が午後からに変更になったので、朝歩きました。

いつもより軽装で出かけましたが、汗ばんできました。

ウオーキングは少し汗ばむのが良いと、日野原先生もおっしゃっています。

とにかく、もっと身体を鍛えなければいけないという思いは強いですね!

平成24年5月16日(水)

(天 気)晴れ

心地よいウオーキング!!

夕方例の散歩道を歩きました。

時々走ってみましたが、気持ちよい汗をかきました。

途中で中年の夫婦連れに会いましたが、カワウが水中に潜る姿に感動していました。

普段はあまり歩かないのか、私はよく見ますよ!

平成24年5月14日(月)

(天 気)晴れ

アルツハイマー型認知症の原因!!

週刊新潮にアルツハイマー型認知症について述べた記事がありました。

それによると、アミロイドβという物質が脳に蓄積されて神経細胞を破壊することが大きな

原因のようです。

それを防ぐにはどうしたらよいかが少しずつ解明されてきているのが現状です。

その予防には糖尿病やメタボリック症候群の治療に共通しています。

即ち、それらを患っている人々にアルツハイマー型認知症を発症する確率が高いからです。

・・・・・・・・・・

現在日本では240万人の患者がいて、まだまだ増える傾向にあります。

喫煙、運動不足、高血圧、糖尿病、肥満等が原因なので、いわゆる生活習慣病です。

一日30分歩く、指先を使う生活、料理は頭を使うので有効、中小企業経営者には

発症する人は少ない(常に色々なことに直面して頭を使うのが良い)

85歳以上の27.3パーセントが患者です。

もっと若いうちから対策を立てておくべきですね!

平成24年5月13日(日)

(天 気)晴れ

日曜日の仕事!!

昨日から今日にかけて仕事が入っています。

ありがたいですね。しっかり作業をしなくてはいけません。

夕方、ボーイスカウトの春キャンブの反省会が浅草ロックの近くの居酒屋さんで行われました。

キャンプの反省もあり、とても楽しい集いでした!

平成24年5月12日(土)

(天 気)晴れ

健康を維持するには!!

私が健康に毎日を送れるは自分で自分の身体の管理をしっかり行っているからです。

今週は注文がびっしり入っていますが、全てやりこなす自信があります。

何も自己管理ができていない人々は少しの無理でとんでもない怪我や病気になります。

そうなると、勤め先やお得意様に大きな迷惑をかけることになり、無責任です。

・・・・・・・・・・

会合でこのような話を私がしても真剣に捉える人はすくないですね。

そのくせ腰が痛い膝が痛くて正座できない、降圧剤等の薬剤を多量に服用していますね。

治療費がかかり国家財政を圧迫する要因にもなっていますが、

勝手な人が多く、そのようなことは全く他人事だと思っています。

・・・・・・・・・・

私の妻は頑張屋ですが、少しやりすぎの面があり、せっかく毎日私が腰痛治療と

血流の改善を1時間掛けて行っているのに一カ月に殆ど休みがないほど

色々な仕事を引き受けてきて、結局身体に無理をしています。

生活の中での姿勢も腰痛に大変関係していることも理解しなければなりません。

やはり自分の身体の管理をおろそかにしているということになります。

性分なので強くは言いませんが

腰痛も『生活習慣病』のひとつです。

もっと強く自覚すべきですね。

朝には腰もかなりまっすぐになっているので

私は必ず一日その状態を保つことができるようになると信じて治療しています。

事実ふくらはぎの状態などとても良くなっています。腰の筋肉も以前よりずっと良くなっていますよ!

平成24年5月11日(金)

(天 気)晴れ

夕方のウオーキング!!

夕方、ウオーキングをしました。

隅田川は穏やかで水もきれいでした。

時々走ってみましたが、息苦しさは無かったので徐々に走りなれるようにしたいです。

本日BMW・X5のお客様がお車の引き取りに来てくれました。

平成20年車ですが、秋には新型のお車に変えられるとのことです。

その時にはコーティングをお願いしますと言っていただきました。

平成24年5月10日(木)

(天 気)曇り後雨

BMW/X5のコーティング!!

かなり大きなお車です。

ダークグリーンですので、通常は汚れやすいのですが、昨年4月にも加工させて

頂いているお車なので下地はしっかり保護されています。

室外の駐車場に置いておられるようですが、汚れは除去しやすいので助かります。

三年連続して出していただいているのであり難いと感謝しております!

平成24年5月10日(木)

(天 気)曇り後雨

早朝のウオーキングA!!

今日も朝6時から歩きました。

少しは慣れたようなきがします。

朝は元気の良い若者が多く走っています。

私もあんな風に走るようになりたいですね!

平成24年5月7日(月)

(天 気)晴れ

早朝のウオーキング!!

今日は朝6時から歩きました。

生活のリズムをなるべく朝型にしようかなと考えたからです。

慣れれば問題ないと思いますが、今日の調子は今一だったような?

平成24年5月6日(日)

(天 気)晴れ一時雨

10万個の川ホタル!!

夕方から始まるというので、家内と桜橋まで自転車で見物に出かけました。

隅田川には無数の青い発光する電球が引き潮に任せて流れていました。

場所を言問橋に移し、よりきれいに見えました。

7時半頃人々の歓声が上がりました。

言問橋の正面に立つ東京スカイツリーが青くライトアップされたからです。

・・・・・・・・・・

10万個の川ホタルは灯篭流しのようで、米軍の東京空襲による虐殺の犠牲者、積年の震災による

犠牲者の魂を鎮める灯火でもありました。

ゆっくり流れる青い灯火を見ていると

心が休まる思いがしたのは確かでした!!

平成24年5月5日(土・祝)

(天 気)雨

雨のボーイスカウト春キャンプ!!

三日より本日まで私はボーイスカウトの春キャンプに行っていました。

場所は近く、川越の農園の所有する林の中でした。

夏のキャンプに向けての本格的な訓練キャンプです。

私は主に食事当番を担当しました。

家では全く料理をしない人間なので、どうなることかと思いましたが

先輩のMさんが丁寧に指導してくれましたので、楽しく炊事当番を勤める事が

できました。

・・・・・・・・・・

我が台東第一団はこの4月からボーイ隊の隊長が変わりました。

今までは60歳になる隊長でしたが

今年からは彼の息子さんが担当することになりました。

とても頑張ってくれました。

又、我が団だけではスカウト数がたりないので

文京第3団との合同キャンプでしたが、それも良かったです。

特に私は60代の副長のYさんと気が合い

新しい友人ができて大変幸福でしたよ。

・・・・・・・・・・

夏のキャンプにも行きたいですね!

平成24年5月2(水)

(天 気)雨

今日は二日会の例会でした!!

近くの「寿司善」さんで今月の二日会が行われました。

美味しい刺身や天ぷらをいただき大変満足しました。

80歳半ばの会員が半数ですが、皆さん思いやりがあり

私は待ち遠しい例会です。!

明日からボーイスカウトの訓練キャンプに参加します。スカウトと共に頑張りますよ!

平成24年4月29(日)

(天 気)晴れ

映画「HOME 愛しの座敷わらし」!!

今日も品川フリンスシネマで「HOME 愛しの座敷わらし」を観て来ました。

左遷された父親が東北の支社に移り、古民家ともいえる藁葺きの家に住む

ところから物語りは始まります。

・・・・・・・・・・

母親と妻と娘、息子の五人が東京のマンションから移住するのですから慣れ

ない環境に戸惑い子供も父親を責めるようになります。

どちらかというと事なかれ主義の父親は自分に責任のない

理由から左遷されるような立場になってしまったのです。

妻も老人の多い村で近隣の世話係りを押し付けられ、

悩むような毎日を過ごします。

・・・・・・・・・・

そんな時小学生の息子が座敷わらしを見るようになりました。

家族も次々に不思議な体験をするようになり、

早くこの家から出たいと思います。

・・・・・・・・・・

昔からの言い伝えで、座敷わらしはこの世に生まれることができなかった子供

で、遊びも美味しいお菓子の味も知らないのです。

この座敷わらしは、たまたま居ついた家で少しばかりのいたずらをするというのです。

ただ、この座敷わらしの住む家は良いことが続くという言い伝えもあるようです。

東京でいじめに遭っていた中学生の娘も地元のクラスメートに溶け込むようになり、

父親の仕事も良いほうに転換するようになったり、

少しずつ良いことが増えてくるのです。

それは座敷わらしのお陰でしょうか?

・・・・・・・・・・

父親は本社の社長に認められて開発部の責任者として迎えられることになり

ました。

地元に馴染んで東京に帰りたくないという家族に彼は「単身で私が東京に行く

からみんなはここに居てもいいんだよ」と言います。

しかし、妻は「囲炉裏の炎のように家族を照らす役割のお父さんに、皆も一緒について

行こうよ」と言ってくれました。

こうして家族は再び東京に戻るという物語です。

これから観ようという方にはストーリーを話して悪かったですかね?

帰りのレストランで家族5人に接客係りが「全部で6名さまですね」という

件(くだり)が洒落てましたね!

・・・・・・・・・・

尚、今日は昨日の宴会の翌日ですので、バイクではなく電車で行きました。

メトロ浅草線で羽田空港行きの快速で品川まで直行なので

便利です。

すがすがしい気持ちで映画館を後にしました。

平成24年4月28(土)

(天 気)晴れ

テニスの総会!!

浅草の吾妻橋を渡った所にあるアサヒビール、スーパードライ館の3階にあるフラムドールで

第30回今一テニスの総会が行われました。

滞りなく進行して、皆さん美味しいビール、ワイン、焼酎等々をいただきました。

その後、会員の母上が経営されているスナックに出かけました。

沢山歌を唄い、午後11時半過ぎに帰宅しました。

・・・・・・・・・・

楽しい集会でしたよ!

平成24年4月28(土)

(天 気)晴れ

春の隅田川!!

朝、歩きましたが春の隅田川は静かに水を湛えていました。

ユリカモメもカワウものんびり水上に漂っていました。

土手の枯れ草の中にも緑が多くなり、本格的な春から夏に向かっている気配を感じました。

水神大橋を渡り東白鬚公園に入ると間伐ですっきりした林が元気ですよ。

相変わらずムクドリがあちこちに見られました。

公園の一部には沢山の鯉のぼりが泳いでいました。

平成24年4月27(金)

(天 気)雨

角の金太楼!!

ちょっと行ってみたいと思ったので夕方行ってみました。

・・・・・・・・・・

パチンコのセミプロの方と話しました。

色々な人生があると思いました。

彼は儲ける機種を瞬時に見分ける事が出来るようです。

そして、攻略する戦術も巧みなのでしょうか?

・・・・・・・・・・

お店の方に入店すると嫌がれることもあるとおっしゃっていました。

しかし、彼の人生哲学はかなりしっかりしているなと

思いました。

今度又、お逢いして話したい男ですね!

平成24年4月26(木)

(天 気)雨

困難に遭遇しますが・・・!!

私も長い人生を生きていますが、様々な困難に遭遇することがあります。

・・・・・・・・・・

でも、私は自分の人生が悪い方向にゆくとは全く考えていません。

どういうわけか、物事が良い方に良い方にと展開してゆきます。

これは実感ですので、決して嘘をついたり、誇張している訳ではありません。

本当に有難いですよ!

いつも心底感謝しております。

平成24年4月25日(水)

(天 気)曇り

体重がやっと減少傾向に・・・今月の目標達成できるか?!!

体重は現在70キロになりました。

しかし、目標は今月中に68.5キロです。

どうもこれが達成できるかどうか、危うくなっています。

70キロを切ることが大きな壁になっているようです。

・・・・・・・・・・

努力はしますが、余り無理なことはしたくありません。

暖かくなる来月に延ばす事も考えています。

少し、悔しいですが!

平成24年4月23(月)

(天 気)雨

区政報告会!!

人当たりは今一ですが、真剣に区政に取り組んでいる区議会議員の区政報告会が浅草公会堂

でありました。

広い会場なので、満員というわけにはいきませんでしたが、かなりの方々が集まりました。

・・・・・・・・・・

昨年の区議選で当選して3期目に入っている議員です。

浅草育ちの芸人にも力を入れている彼ですので、招待者の一人で、

浅草生まれ、浅草育ちの芸人の内海圭子さんの芸は深く面白いものでした。

人気者で若い、いわゆる「お笑い芸人」が二組出ましたが、

内海さんには到底かないませんでしたよ。

平成24年4月22(日)

(天 気)曇り

総会終了!!

午後7時より台東区清川区民館で行われた平成24年度のボーイスカウト台東第1団の総会は

滞りなく終了しました。

各隊の活動報告がプリントされ、隊長さんが説明してくださいました。

大変良く理解できました。

会計報告と予算も合わせて発表しましたので、 9時過ぎまで掛かりました。

でも、少しほっとしました!

平成24年4月21(土)

(天 気)曇り

とんだ勘違い?!!

ベンチャー隊の隊長さんが高尾山にハイキングに一緒に行きませんかと誘ってくれました。

私は29日の日曜日だと認識していましたが、

今朝、電話をいただき、これから行きますとのことでびっくりしました。

どこでどう勘違いしてしまったのか、隊長に悪いことをしてしまいました。

・・・・・・・・・・

それでも彼は「では、これから行って来ます。今度又、行きましょう」と言ってくれました。

とても優しい心の持ち主です。私は彼のフアンですよ!

平成24年4月20(金)

(天 気)曇り

総会の資料印刷終了!!

ベンチャー隊の隊長さんが仕事で印刷も請け負っていますが、大変早く出来上がりました。

明日、育成会の役員さんが製本して完了です。

各隊のリーダーや団委員の方々のご協力によりスムーズにここまで進む事が出来ました。

・・・・・・・・・・

後は当日の総会の進行が順調に行われることを期待しています。

平成24年4月19(木)

(天 気)曇り

舎人公園のお得意様!!

昨日お車のフィルム施工をご注文いただいた業者さんは足立区の舎人公園に隣接さ

れている場所で営業されています。

お取引当初からのお約束で、お車は業者さんが当社にお届け下さり、納車は当社が行

うことになっております。

日暮里発舎人方面は業者さんとのお取引当初は開通していませんでしたので、バスで

帰宅していました。

現在は舎人公園駅でスカイライナーに乗り、熊野前で降りて、都電に乗り三ノ輪まで行き

ます。

そこから家まで、20分は良いウオーキングになります。

・・・・・・・・・・

何はともあれ、新車を無事に納める事が出来ました。

良かったです。ありがとうございます!

平成24年4月18(水)

(天 気)曇り

ボーイスカウトの総会!!

22日にボーイスカウト台東第1団の総会があります。

その資料作りに各隊のリーダーも大変です。

私は育成会の一員として冊子作りを担当しています。

先ほど出来上がりましたので、明日印刷をお願いすることになっています。

平成24年4月16(月)

(天 気)曇り

元気な88歳の女性!!

ごく最近テレビで放映された雪国で一人暮らしをしている88歳の女性には影響され

ましたね。

19年前から吹雪の日でも郵便配達をしています。ご主人は亡くなられてもういません。

娘さん三人は遠くに嫁いでいるので、全くの一人暮らしです。

プラスティックのそりに配達する荷物を載せ、ロープをつけて引いて行きます。

配達する方々との会話も楽しみにしていますが、郵便物が届くのを心から

楽しみにしているお客さんも大勢居ます。

配達する区域はそんな雪深い地域なので、それほど多くの

お客様を担当している訳ではないようですが、かなりの体力が必要です。

毎日5キロメートルは歩いているので、足腰が丈夫です。

配達が終わると、登ってきた坂道をそりに乗って滑り降ります。

かなりのスピードが出ますよ。

・・・・・・・・・・

とにかく、90歳までは続けると話しておられました。

凄いですね。

人間やる気になればかなりの事が出来ることを示して下さいました。

私も俄然、頑張る気持ちが強くなりました!

又、88歳の女性にこのような配達の仕事があるのが素晴らしいですね。

取材記者が訪れた時に、どうしても姿が見当たらない日がありました。

彼女は何と屋根に上って雪下ろしをしていました。

中年の男性でも大変な雪下ろしを88歳の女性が実行しているのです。

彼女は私の良きお手本になりました。

彼女に感謝します!!

平成24年4月15(日)

(天 気)晴れ

はやぶさ〜遥かなる帰還!!

今日は久しぶりに映画鑑賞に出かけました。

いつもの品川シネマではもう上映していなかったので、丸の内TOEIに行きました。

10時半からだったので家を9時に出ました。

メトロ銀座線を利用するので浅草まで歩きました。

銀座で降りるとあまり歩かずに着きました。

日曜日なので子供づれが何組もいました。

・・・・・・・

映画の内容は想像していた通りのものでしたが、

はやぶさのスタッフがあらゆる困難を乗り越えて成し遂げた話なので

感動しました。

やはり、諦めずに取り組むことが大切ですね。

帰りも浅草駅から歩いて帰りましたので、

交通費は190円×2=380円でした。

良い日曜日でした!

平成24年4月13日(金)

(天 気)晴れ

可視総合光線治療器についてB!!

黒田保次郎著『可視総合光線療法』遺伝と光線

 光線研究所発刊 平成4年改訂版 P35 光線療法の効果より

・・・・・・・・・・

黒田氏は同著の序で次のように述べておられます。

地上のすべての生物の起源と、生物の維持には、直接間接太陽の光線が密接に

関係していることを否定する人はいない。

著者は後述するように炭素弧光燈の研究から

地球上の生物(動植物)は身体の内外に色を付けて、

空間の可視線中から自己の生活に不要な波長の光線を反射除外して、

必要な波長の光線と近赤外線(温線)とを総合した光線(可視総合光線)を

エネルギーとして、日常生活に資することを発見した。

すなわち生物が可視総合光線により生活しているとすれば、

「生物の発生」原因も可視総合光線と密接な関係に

あることを否定することはできない。

またとくに注意すべき一事は、生物体の色は絶えず

変化しているという事実である。

この作用は地球上に住む生物に一貫して与えられた、優れた天与の機能である。

現在地球上に住む生物は無数であるけれども、

その一つ一つは各独自の形態を有し、

かつ独特の行動を遂げている。

そのため外界との接触と自己の資として、

エネルギーすなわち赤外線と可視線とを総合した「可視総合光線」を必要とする。

たとえば人の場合、朝眼を覚ますと、「物が見える・・・床の上に起きる・・・着衣する」。

これらの行動に要するエネルギーは同一でない。

その内容により異なり、

かつ行動と同時に供与されなければならない。

前記の「可視総合光線」は赤外線(温線)と可視線(七色に分類されるスペクトル)

であり、その光の総合によりエネルギーが形成される。

この色の変化は無限であるため、無数の生物の要求に充当しうるのである。

すなわち生物は、必要を予知して体色を変えれば、その反射により

不要なスペクトルは去り、必要となった光は吸収されるから、

間髪を入れず容易に永遠の利用を満たしうるのである。

・・・・・・・・・・

本書は、各種の疾患について、発病から「可視総合光線」の照射治療による

治癒までの詳細な実例を掲げ、

だれにでも安全に追試しうる方法を示してある。

この光線治療は、本書の指導により、家庭で簡易、無害、費用も少なく

だれにでも安心して実施できるものである。

本書を通じて希望することは、まず読者自身、または家族の健康上改善を

要する違和、疾病をこの光線で治療されることである。

・・・・・・・・・・

以上です。

   

いわゆる年寄りだから弱るのは当然だと言うことを彼は否定します。

年配者にこそ、その効果は大きいとも述べているのです。

心強いですね!

平成24年4月11日(水)

(天 気)曇り時々雨

体重がやっと減少傾向に・・・ウエストは?!!

体重は現在70〜71キロです。

嬉しいことにウエストも締まってきました。

77キロの時は、サイズ88のズボンが非常にきつくなってしまっていたのです。

洋服ダンスの中にあるズボンの7割はきつくて履けなかったのです。

・・・・・・・・・・

先日、何となく測ってみました。

今まで履けなかったズボンが履けるようになったからです。

何と、80センチでした。

これにはとても驚きましたし、嬉しかったですね

ヤリマシタ!!

平成24年4月10日(火)

(天 気)晴れ

大リーグでダルビッシュ投手1勝!!

大変な金額で契約したダルビッシュ投手の初のアメリカ大リーグの試合が本日

行われました。

相手はイチローや川崎のいるマリナーズでした。

まず1回に4失点の出だしだったのでどうなることか皆さん心配したと思います。

2回にも1点を取られました。

しかし、レンジャーズの強力打線が爆発して、結果的には11対5でチームは勝利

しました。

レンジャーズの選手たちは何としても鳴り物入りで入団した彼を勝たせたかったの

だと思います。

野球も一人では勝てませんね!

平成24年4月8日(日)

(天 気)晴れ

ボーイスカウト台東第一団の上進・入隊式!!

今日は近くの台東区民館で我が台東第一団の上進・入隊式がありました。

学校で言うと進級・入学式ですね。

我が団は地区で誇れるローバー隊のスカウトが多く在籍しています。

見ていてとても頼もしく思いました。

閉会の言葉を担当していましたので、そのことを述べさせていただきました。

・・・・・・・・・・

夕方隅田公園の桜が満開なので、妻と行きたかったのですが腰痛のために

無理に誘わないでウオーキングを兼ねて一人で出かけました。

夕方は空気が寒く大勢の方々が花見を楽しんだ昼間より大変少ない花見客

でした。

桜橋を渡った処で飲み物やおでん、焼き鳥等を売っている向島の町会のテント

がありました。

寒いので暖かいおでんを食べていましたら、夫婦連れの二人が座る席を探して

いましたので、私が席を譲りました。

少し離れたところの隅田川の防波堤の上に容器を置いて食べながら桜を楽し

んでいました。

向島の近くの方と見られる60〜70歳のご婦人三人が長いすに座っている場所

をつめて私に座らせてくれました。

テントでは70台の男性二人が『熱燗のお酒がありますよ』と言っていました。

飲むつもりは無かったのですが、少し寒かったので飲むことにしました。

『ありがとうございます』と言われたので、『売り子さんがいいから、飲む気になっ

たのですよ』と答えました。

二人は、いい笑顔を見せてくださいました。

・・・・・・・・・・

久しぶりに良い花見ができましたよ!

平成24年4月6日(金)

(天 気)晴れ

体重がやっと減少傾向に・・・目標値の変更!!

何とか現在、71キロになりましたよ。ぎりぎりセーフということでしょうか(嬉)

以上は3月30日の報告です。

3月中に71キロという目標が達成できたことを喜んでいます。

さて、その日に4月中に69.5キロになることを宣言しました。

・・・・・・・・・・

しかし、順調に減量は進んでいます。時々70キロになってきました。

そこで、4月中の目標を68.5キロに変更します。

何とか継続して行こうと思います。

無理やり痩せたのではありませんので、体型が良くなってきました。

『大股早歩き』+『食生活のコントロール』が功を奏していると理解しています。

平成24年4月4日(水)

(天 気)晴れ

心に残る喪主の挨拶!!

昨日ある方の告別式に参列しました。

法要も終わり、最後にご子息にあたる喪主の挨拶がありました。

中学時代から自分だけでなく、自分の友人の良き相談相手になってくれたこと

とてもお洒落なダンディーだったこと、努力して会社の基礎を築いてくれたこと

地域の発展や平和に尽くされたこと等々を語られました。

棺には思い出の写真が沢山入れられ、若き日のお姿を拝見することが出来ました。

・・・・・・・・・・

とても印象的な挨拶でした。

私の葬儀に息子がこのような素晴らしい送り言葉を言ってくれることは難しいなと

思いました。

参列者に大変清清しい思いを伝えて下さったことに感謝しました。

きっとお父上は天国に召されたことと思います。

平成24年4月2日(月)

(天 気)晴れ

亡き父の友人たちとの集い!!

例会が本日バス停隅田公園近くの『にぃど・ら・もーれ』で行われました。

福岡の関さば、浜名湖のもずく等々各地の美味しい料理を楽しみました。

基本的には一日に一つの団体しか取らない方針のようで、我々7名は遠慮することなく

楽しませていただきました。

先輩たちはみなさん心優しい方が殆どですので、心が休まりましたよ!

平成24年4月1日(日)

(天 気)晴れ

桜橋花まつりA!!

今日は天気が良くてよかったです。 でも、私たちのブースは午後2時頃まで陽か射しませんでした。

ですから、つい最近までフレンチのシェフを勤めていたSさんがアピールしても、美味しいワインは

今一の売れ行きでした。

しかし日差しが売り場を照らすようになってから少し飲み物などの売れ行きが良くなってきました。

一番特筆することは寄贈品がほぼ完売になったことです。

寄贈品は丸々利益になりますので、スカウトに対する助成になります。

終わってから、薄明かりの下少しばかりの打ち上げをして帰宅しました。

その時でも話の中心はいかによきスカウトを育てるか

リーダーとしてどうあるべきかという

ことが話題になります。

我々は通称このような仲間を『ボーイ馬鹿』と言います(笑)!!

平成24年3月31日(土)

(天 気)曇り、雨

桜橋花まつり!!

一年に一度の隅田川桜橋花まつりに我々ボーイスカウト台東第一団は各町会と共に

例年参加しています。

ボーイスカウトの売り場ではフレンチのシェフが直々に販売するワインやその他の飲み物、

父兄からの寄贈品、クッキー等を売っています。

・・・・・・・・・・

ところが今日はあいにくの天気でした。午前中は小雨が降るし、強風でした。

寒さのために桜は開花していませんので、見物の方々は例年に比べると非常に少なかったです。

それでも皆で頑張って午前中は少し売れました。

でもさすがに午後になると強風と雨で売るどころではありませんでしたよ。

・・・・・・・・・・

明日は好天気の予報なので、今日の分も挽回して頑張りますと皆さん気合が入っています!!

平成24年3月31日(土)

(天 気)曇り、雨

『亭主元気で留守がいい』我々夫婦のC解釈!!

基本的にはB解釈を基本にしています。

・・・・・・・・・・

しかし、A解釈の妻達にも同情するところがあると思っています。

即ち、死ぬまで亭主の朝昼晩の食事の世話を担当するのは大変負担になりますよ。

私は朝昼の食事は自分の分は自分で用意して、自分で片付けます。

そして、夕食は妻が腕によりを掛けて作ってくれます。私は食器を洗うだけです。

テレビで見たと言っては新しい料理に挑戦してくれる妻の手料理は美味しいですよ。

妻は介護相談員、民生委員、選挙管理委員、町会婦人部の副部長、ボーイスカウトのリーダー等々

忙しく毎日を過ごしています。

私は出来るだけ文書作成、メール送信等で協力しています。

又、私は妻の腰の治療とマッサージを毎日1時間かけて実行しています。

夫婦の健康がお互いの幸せになると信じているからです。

・・・・・・・・・・

夫婦はお互いに健康でないと外に出られません。

私たち夫婦は『夫婦元気で留守がいい』というC解釈の持ち主ですよ。

平成24年3月30日(金)

(天 気)曇り

体重がやっと減少傾向に・・・ぎりぎりセーフ!!

どうも食べすぎ飲みすぎにより体重は増える傾向にありました。

77キロ前後が平均となってしまいましたが、このところやっと減少傾向にな

ってきました。

77キロ前後から、73キロ前後に体重は減ってきております。

これからも続けようと思います。

・・・・・・・・・・

以上はパソコンの誤操作で失ったしまった2月12日の報告でした。

その後、72キロになり、『3月中に71キロが可能になるかもしれません』と私は発言

していました。

何とか現在、71キロになりましたよ。ぎりぎりセーフということでしょうか(嬉)

無理やり痩せたのではありませんので、体型が良くなってきました。

『大股早歩き』+『食生活のコントロール』が功を奏したと思います。

テニスのランナーK先輩と聖路加国際病院の日野原医師に感謝します!!

・・・・・・・・・・

どうやら宣言することも大事なようなので、4月中に69.5キロにまで減量することを

宣言します(笑+真剣?)

平成24年3月29日(木)

(天 気)晴れ

桜橋花祭り!!

今月31日と4月1日に墨田公園で桜橋花祭りがあります。

我が町会の準備に家内も朝から動いています。

まず、長野県から午前中におやき(長野・松本産)が750個着きました。

明日又その位着荷します。

テントの下で蒸して売るのです。ビール、焼酎、お菓子等々も揃えました。

その他、各種容器や道具、運搬具、机、椅子等々も私の家に一時的に預かります。

一生懸命やっていますよ。私もボーイスカウトの売り場で頑張ります!

土曜日の天気が雨の予報なので残念ですが、日曜日は晴天なのであり難いです。

平成24年3月26日(月)

(天 気)晴れ

今一ゴルフコンペB!!

ゴルフコンペのお陰で良いことが続きました。

土手の『あつみや』本館で打ち上げがありましたが、その時隣に座られた女性が

本日夕方から、車のコーティングの仕事を出して下さいます。

彼女のゴルフは私とは違ってとても上手な方です。

・・・・・・・・・・

コンペが楽しかったこと、会長からのプレゼントをいただいたこと、一緒にプレーした

方から仕事をいただいたこと、これらの事に関して大変感謝しております!!

平成24年3月26日(月)

(天 気)晴れ

今一ゴルフコンペA!!

今日の午前中に亡き会長の墓参りに行きました。

素敵な新品のゴルフバッグをいただいたお礼を言いました。

昨年の8月23日に亡くなりましたが、ゴルフが好きで週に一回以上

出かけていた年代もあったようです。

カラオケでは北島三郎の『北の漁場』など、演歌が得意でしたね。

ご冥福を祈りました!

平成24年3月25日(日)

(天 気)晴れ

今一ゴルフコンペ!!

今日は天気が良かったので楽しかったです。

・・・・・・・・・・

水戸ゴルフクラブで4組が集ってコンペを楽しみました。

私は前回はメーカーでした。どうも基本がなっていないようなので気をつけてプレーしました。

ハンデキャップは一番多い36ですので楽なはずですが、中々上手く行きません。

昨日の打ちっぱなしの練習で、一つだけ気をつけることがあったので、

今日はそれだけを頭に入れてプレーしました。

それが功を奏して16名中8位になりました。

今回はクラブの記念の80回を迎えたコンペでしたので、8位に一番良い賞品をくれることにな

っていました。

その8位が私だったので、市価2万円相当のゴルフバックをいただきました。

昨年亡くなった会長のもので、奥様が寄贈して下さったのです。

・・・・・・・・・・

望外の受賞でしたので、大変嬉しく恐縮しました。有難うございました。

平成24年3月24日(土)

(天 気)晴れ

『亭主元気で留守がいい』B解釈!!

妻は夫が会社の仕事中心の生活をせざるを得ないことを理解している。

・・・・・・・・・・

しかし、定年後には夫も生活を見直し、何か生きがいを求めてほしいと思っている。

一方夫の方も定年が近づくにつれて定年後の生活を真剣に考えるようになる。

今までの仕事を生かして定年後の働き口を模索し、実際に探す事にも努力するようになる。

そして、夫婦で定年後の生活を相談するようになる。

妻は定年後も夫が生き生きと外で活躍できる場があることを願っている。

即ち『亭主元気で留守がいい』と思うのです。

これをB解釈とします。

次回は我々夫婦のC解釈を述べますね!

平成24年3月23日(金)

(天 気)晴れ

『亭主元気で留守がいい』A解釈!!

一時は大変流行語になりましたが、その解釈には色々あると思いました。AとB解釈とします。

・・・・・・・・・・

典型的なA解釈は以下のようなものであると思います。

会社員の妻は長年夫が会社に出勤している間は比較的自由な時間があり、自分の思い通り

の毎日を過ごしてきました。

夫の退職が近づくにつれて、地域の活動にも趣味にも目もくれずにひたすら仕事オンリーの生

活をしている夫とこれから毎日顔を合わせることに苦痛を感じるようになります。

案の定、退職後の毎日は朝昼晩の食事の催促や妻の外出について、

あれこれ口をはさむようになります。

それどころか妻の出かける先に一緒に出かけることを要求するようにもなります。

このような傾向を夫の退職前に考え、極端な例は退職金をもらって独りになる、即ち熟年離婚

を選択する妻たちもいるようです。

妻たちは心底『亭主元気で留守がいい』と思うのです。

・・・・・・・・・・

B解釈については後日をお楽しみに!

平成24年3月22日(木)

(天 気)晴れ

寒さに負けずテニス!!

昨日は寒かったので、13名の会員のうちテニス場に来たのは私を含め

3名でした。

遅れて参加するメンバーがいるかと待っていましたが、来ませんでした。

幸いコーチが来られましたので、いつもと違う練習を指導していただきました。

いつもは30分練習をして直ぐに試合に入ります。

ついつい、基本を忘れてプレーすることが多いのです。

サーブレシーブ、ボレー、スマッシュなど充実した練習が出来ました。

終わる頃は寒さも忘れ、身体は温まりましたよ。

平成24年3月21日(水)

(天 気)晴れ

隅田川沿いの散歩道!!

川沿いを歩き、水神大橋を渡って東白鬚公園に入りました。

白鬚橋から水神大橋の間の防波堤や水面には数百羽のユリカモメが

群れていました。やはり寒いときのほうが数が多いですね。

先月の厳しい寒さの時にはざっと二千羽もの群れがいましたよ。

餌付けをする人もいますが、なるべく自然に任せてほしいです。

増えすぎると近隣に迷惑をかけることになります。

餌で鳥が集まることは楽しいでしょうが、よく考えてほしいものです!

平成24年3月20日(火・祭)

(天 気)晴れ

彼岸の墓参り!!

昼前から家内と谷中にある寺に墓参りに行きました。

良い天気で寺には大勢の檀家が集まっていました。

住職が彼岸には本堂で若い落語家を呼んで檀家さんにサービスで聞かせて

いるのです。今回は私たちはそれには参加しませんでした。

寺ではお花と線香を売っています。

売り子の60代の男が軽口で私と話しました。

いきなり、『学校へ行ったけど何にも役に立たなかったよ。』

私は恐らく親のお陰で学校へ行ったのだろうと思い、『それは学校へ行ったから

初めてそう理解したのでしょう?』すると話が変わって、

『そもそも結婚したのが間違いの元だった。夫婦なんて所詮他人だということが

よく解った』と言いました。

家内が調子を合わせて『私はそんな事ずっと前から解っていましたよ』・・・??

・・・・・・・・・・

私は彼岸に墓参りに出てきた人々に誠に寺男としての自覚がない。

その上、自分の間違った人生観を皆さんに聞かせているのです。

先祖を敬う心で墓参りに来た人々に・・・・・

聞いていて情けなかったです。

近年、仏教の寺にはこのように堕落している人間が目立つなと感じます。

即ち、このような男を雇っている住職が聖職者ではないのだということです!

平成24年3月18日(日)

(天 気)曇り

朝の散歩!!

曇り空ですが、朝の散歩に出かけました。

今日はスカイツリー見物です。家から歩いて40分前後の所にありますので、

日曜日のゆっくりした散歩には最適な距離です。

途中で写真を撮ったり、寺に立ち寄ったりしたので、帰宅したのは1時間40分

後でした。

かなりの方々がツリーの見物に集まっていました。

何枚かの写真を撮りましたので、ご披露しますね。

すでに出店が決まっている店舗の看板も見受けられましたよ。

先日テレビで報道されていましたが、林や三平一族等の出る寄席の舞台も出

来上がっているようですね。

      

・・・・・・・・・・

流れる川は北十間川で、護岸も整備されました。小さな噴水もきれいです。

平成24年3月16日(金)

(天 気)晴れ

可視総合光線治療器についてA!!

黒田保次郎著『可視総合光線療法』遺伝と光線

 光線研究所発刊 平成4年改訂版 P38 光線療法の効果より

・・・・・・・・・・

1.痛みに有効(鎮痛作用)、麻薬を用いずに外傷、内臓器疾患、神経痛、

  リウマチ、ガン等あらゆる疾患に応用可能(長島医博の『鎮痛20例』の

  文献613ページ参照)

2.かゆみを伴う疾患に有効。

3.アレルギー性疾患に有効(人体内の抗菌力を強化すればアレルギー性

 という表現はなくなる。)

4.潰瘍、炎症に有効(特にじょく創、内臓器、人体内深部の炎症緩和)。

5.骨疾患に有効(カリエス骨膜炎、骨折等)

6.寄生虫に有効

7.歯の疾患に有効(金冠の大臼歯の歯根膜炎による痛みを三回の治療

 で金冠のまま治癒する)。

8.麻酔性疾患(半身不随、小児麻痺等)に応用可能。

9.中毒公害病に応用可能(麻薬をはじめ鉱工業による有機水銀、カドミウ

 ム、塩化ジフェニール各種の中毒)。

10.成人病(脳卒中、心臓病、悪性新生物)に応用可能。

11.重篤,余命数日、数時間といわれた疾患に応用可能(死亡の診断を受け

 た人の蘇生例が4例ある)。

 ※近代医学では難治とされている研究者の氏名を冠した疾患など有効

  例が多数ある。

 ※戦前は多くの皇族、陸海軍の高官を治療した。戦争中は陸軍航空隊の

  落下傘部隊や海軍の潜水艦乗組員の治療に使われた。

 ※戦後は高名な政財界人の難病を治した実例がいくつもある。これらは

  拙著『光線治療物語』『続光線治療物語』に詳述してある。

・・・・・・・・・・

上記のような記述には皆様驚かれると思いますが、この治療器は知る人ぞ知る

優れたものです。

実際に家内は結婚前からの頑固な足裏のウオノメをほぼ完治しました。

私も高校生以来の眼鏡使用を治し、免許証の書換えで裸眼で合格しました。

わが社の有力なお得意様も社長はじめご家族で何十年も使用されています。 

平成24年3月16日(金)

(天 気)晴れ

ボーイスカウトさくら地区組織拡張委員会!!

先月行われた登録業務が終了したので、今日はご苦労さん会と

いうことで雷門一丁目にある寿司の『日本海』で行われました。

今日は都合でこられなかった方もいたので、8名の参加でした。

でも、ワキアイアイと楽しい集いでしたよ。

料理も美味しく満足しました。

会費もほどほどで良かったです。私は他の会でも使おうかと思い

ました。

多くの人々との触れ合いは楽しいですね!

平成24年3月16日(金)

(天 気)晴れ

可視総合光線治療器について!!

黒田保次郎著『可視総合光線療法』遺伝と光線

 光線研究所発刊 平成4年改訂版 P38 光線療法の特長より

1.無害で、副作用、中毒もない。公的な実験二回で無害が証明され

 ている。

 第一回は国会議員立ち会いで厚生省衛生局で実験、第二回は厚

 生省係官立ち会いで東京大学物療内科と眼科の臨床実験六ヶ月。

2.簡易、安全でだれでも容易に取り扱える。

3.治療は温かで最も感じの良い間隔で行うので幼児も眠ったまま治療

 できる。

4.治療器は低廉で治療実費も安く、通常の治療は一日一回30分以内

 である。

5.あらゆる疾患に応用でき、家庭治療器としてすでに60余年(平成4

 年時)利用されている。

6.本書を理解することにより、あらゆる疾病を治療して良効を得られる。

・・・・・・・・・・

次回は『光線療法の効果』についてお知らせしますね。

平成24年3月16日(金)

(天 気)晴れ

隅田川沿いの散歩道!!

川沿いを歩き、水神大橋を渡って東白鬚公園に入りました。

今日は多くの作業員の方々が公園の林の木々の間伐をしていました。

公園内の林はケヤキや桜、椿等々もありますが、多くはシダジイやマテ

バシイ等のシイの木です。

直径50センチもの木も伐採されていました。

間伐はまず作業員が小型のチェンソーを持ち、木に登り大きな枝を

切り落としてから本体を倒すようです。

離れたところからしばらく見ていたら、監視員の方に『危ないので離れ

て下さい』と言われました。

全く危険のない所でしたので意外でしたが、彼も一日何も言わずに

監視しているのも辛い仕事なので直ぐ指示に従いました。

平成24年3月15日(木)

(天 気)晴れ

隅田川沿いの散歩道!!

今日の気温は13度になったということで、暖かく感じましたが風が少し強く吹い

ていましたので、寒かったです。

川面のユリカモメものんびり防波堤の上で休んでいました。

まだまだ、土手の草木は枯れ草でした。

小鳥たちも忙しくえさを啄ばんでいました。

平成24年3月15日(木)

(天 気)晴れ

パソコンの誤操作!!

パソコンの誤操作により2月24日以降が消失してしまいました。

本日以降はパート32に掲載いたしますのでご了承ください。ゴメンナサイ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成24年3月15日(木)

(天 気)晴れ

パソコンの操作は難しい!!

色々新しい操作を試して、あれこれパソコンを操作していたら、2月24日以降の

データが消失してしまったのです。

少しずつパソコンの操作が面白くなってきた私ですが、知らぬ間にこのような結果の

出る操作をしてしまったのかもしれません。

プログラマーの弟や専門家の指導はいつも受けておりますので、このHPで他人

にご迷惑をかけたことは一度もありません。

念のため、パソコンのセキュリティーを再確認してより強固なものにしました。

・・・・・・・・・・

又、『亭主元気で留守がいい』のB解釈や私のC解釈も面白かったので、また

思い出して述べてみようと思っています。

可視総合光線治療器についても書き直しをしますね。

表紙に戻る